FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第576回 初めてのタイ観光で良かったこと、悪かったこと

 初めての旅行というのは、神経を研ぎ澄ましてびびりながら行うので記憶に残っていることも多いです。王宮に到着して門をくぐって中に入ると、予習してきた通り人が集まっている場所があります。

 ここがチケット売り場かと周囲をきょろきょろしますがそんな場所はありません、なるほどここが服装のチェックポイントかと納得。周りを見れば薄着の欧米人が何やら暑苦しい服装に着替えています。

 ポロシャツ、長ズボンの私は、その様子を横目で見ながら、ひとり「予習が大事だな」と思いつつ中へ。まっすぐ進んでいくとチケット売り場があり、ここで外国人料金の高いチケットを購入。

 チケットをもって傍らの入り口から入っていくと、目の前に燦然と金色に輝く建物が表れ、「は~これがタイのお寺かあ、なんともはやキンキラキンだ」「これを建てるお金の一部が路上の物乞いに渡っていれば、もう少し身分格差は縮小したのでは」と考えていました。

 建物を見て、内部に入り、蒸し暑い空間で地元の人と同じようにしばし瞑想の真似事もしてみましたが、別段閃きがあるわけでもなく、ただ蒸し暑く、足が痛い思いをしただけでした。

 それでも日本のお寺とは全く違う建物や人々の動きにカルチャーショックを覚えつつ、王宮の見学を終了。「いやはや全くすごい建物だな」という感想を持ちながら、次は「ワットポー」へ向かいます。

 ところが初めての場所なので、地理が不案内。よせばいいのに王宮の出口を出たところで持参した「歩くバンコク」を広げて地図を見ていると、すぐに中年のおばさんが「どこ行きたいの?」とひじょうに分かり易い英語で話しかけられびっくり。

 その瞬間に、事前学習で王宮周辺には詐欺師が多いという事を思い出し、細かい話をする前から「ノーサンキュー」を連発して事なきを得ました。

 その後再度王宮の敷地内に入り地図を再確認。どうやら敷地沿いにぐるっと回って歩いて行けば良さそうだということが分かり、暑い中水分補給もせず(屋台で飲み物を買う事が出来ませんでした)ひたすら歩いてワットポーへ。

 ちなみに今ならタクシーを使うとか、チャオプラヤエクスプレスを使うという方法を取ったと思います。王宮出口からワットポー入り口まで1kmぐらいです。

 ワットポーに無事到着して妙に顔がでかい、見方によっては参拝者を小馬鹿にしていているように見える仏像を見て、更に足の裏の精緻な模様を観察し参拝終了。

 その後やはり変なおじさんに道案内をするよと言われてつきとわれたしながら、なんとか無事にホテルへ戻り休憩。「ハア~バンコクはなんて疲れる街なんだ」と思いつつ、夕方に再度出発。

 この日の夜はシーロムビレッジでタイ舞踊鑑賞。シーロムビレッジはシーロム通りをず~っと西に進んだところにあることが分かり、交通手段が面倒です。

 JCBのおばさんには、駅から遠いからタクシーがいいですよと言われていましたが、昼間のぼったくりタクシーの記憶があり、電車で行くぞと決断し、地図を見てチョンノンシー駅から歩くことを決断。

 今でこそこの駅の西側は明るく開けていますが、当時は真っ暗でした。向こうの暗がりから人が歩いてくるたびに緊張して歩いたことを今でも思い出します。

 途中ここがシーロムビレッジだろうと見当をつけて入ったビルが、どうやらナライホテルだったようです。慌てて引き返し、なんとかぎりぎりで到着。しかし肝心のタイ舞踊は「面白い」という範疇からは大きく外れていました。

 またBGMとしての音楽も、クラシックに鳴れている耳には、打楽器と調子の外れた笛の音しか聞こえず、その上テーブルの上にのっている食事が、タイの伝統料理なのかとてつもなく臭くてまずいと感じるものでした。

 というわけで、終わりが近くなった頃を見計らって早々に退散。タイは交通がひどくて、王宮は観光地としては素晴らしいけど、周りにいる詐欺師まがいの人が鬱陶しい。

 タイ舞踊は一度は見てもいいけど、2度と見たくはないし、タイ料理もまずいだけだという情けない感想を持って二日目が終了。ただ小心者のくせに好奇心だけは旺盛なので、この日はホテルへの帰りがけにソイカウボーイを探索。

 通りを歩いて若い女の子に声を掛けられ、「こりゃちょっと楽しめるかも」という感想を抱いてホテルに戻りました。

 

第575回 初めてのバンコクはぼったくりタクシーに遭遇

 生まれて初めて海外一人旅でバンコクに行ったのは2005年ですから、今から11年前です。その時までに家族で何回も個人手配でハワイに行っていましたので、基本的な海外旅行の流れというのは分かっていました。

 しかし成田空港について一人でチェックインするのは初めてで、別に悪いことをしているわけではないのに妙にドキドキしました。それでも手続きは無事終了。少々慌てながらも手荷物検査と出国審査も無事通過し機上の人となりました。

 機内では、ドンムアン空港に到着したら何をするかという事を頭の中でリストアップ。先ずはイミグレ通過。次にスーツケースを受け取り、両替所で両替。

 そして市街に向かう交通手段の確保。しかしここで空港の出口にたむろする大群衆を見て、腰抜けの私はビビってしまい、結局リムジンを使って、ラチャダーのエメラルドホテルへ。

 このホテルを選んだのは、何も近くにいかがわしい?大規模マッサージ店が多数あったかあらではなく、中心部よりちょっと離れたほうが宿泊費が安い上に、同じ宿泊費ならホテルのグレードも少し高くなるだろうという判断からです。

 MRTの駅から近いという事も決め手になりました。1泊4000円か5000円程度だったと記憶していますが、リムジンで到着するとドアがパッと開けられ、あっという間にみすぼらしい布のスーツケースがフロントに運び込まれ、いささか慌て気味にフロントへ。

 するとフロントの傍らにいた美女が嫣然とほほ笑み、耳に程よいアルトで「サワッディカー」と挨拶。語尾が若干上に上がる独特の言い回しですが、実にさわやかに聞こえる挨拶だなと感じました。

 しかし普段からそんな美女に挨拶されたことのない私は、その様子に見とれてしまい、それまで予習していたフロントで「パスポートとバウチャーを渡す」という事をしばし忘れていました。

 フロントマンに促されてはっと気が付いて、手荷物の一番下に隠してあったバウチャーを、手を荷物の置くに突っ込んでゴソゴソと取り出しましたが、フロントマンも美女もその様子を笑いをかみ殺して見守っていたような気がします。

 部屋に入ると広大なベッドが中央に置かれ、風呂場はキンキラキン。カーテンの陰から外を見ると、ホテルよりも立派な建物が見え、どうやらそれがマッサージのお店らしいと分かり、いやはやすごいもんだなと感動。

エメラルドホテルのキングサイズのベッド
 
 2日目は地下鉄でシーロムに行き、地上にでた瞬間の交通量と人の多さ、歩道上の屋台とその匂いに辟易しながら、なんとかJCBに到着。

 ここでカムチャナブリとシーロムビレッジで行われているタイ舞踊鑑賞を予約。ひとまずほっとして、さてどこに行こうと考えて、先ずは王宮だろうと判断。

 今ならすぐにチャオプラヤエクスプレスで行こうという事になりますが、その頃は地理もよく分からず、第一チャオプラヤエスくプレスのチケットの買い方や乗り場もよく分からず、それならタクシーで行こうと決断。

 シーロム通りにでてタクシーをつかまえようとしましたが、近づいてくるタクシーの運転手さんの顔がみんな凶悪に見える。(運転手さんは客を探して必死に前を見つめているのでそういった顔になる、という事が今は分かっています。

 上げかけた手を直前で降ろしたりして、不思議そうな顔をして通り過ぎていくタクシーが数台。これではいつまでたってもタクシーに乗れないと気が付いて、ええい面倒だ乗っちまえと乗り込んだタクシーがぼったくりでした。

 それでも何とか通常より高い相場で話し合いが成立しただけでも良かったです。ただ「やっぱりタクシーは面倒だ」という印象が強くなりました。やがてタクシーは無事王宮に到着します。

 
 

第574回 プロムポン駅近くのソイ26は居酒屋多数。面白そうです

 タイランドハイパーリンクスというサイトで、日本風の居酒屋「伊藤家」が紹介されていますね。今私は断酒中なので全く縁のない店ですが、元気だったらすぐに向かったのではと思います。

 場所はプロムポン駅の4番出口を出て、更にトンロー、エカマイ方面に歩いていくと右側に日本人にはおなじみのキッチン新潟やさざえといった店があります。

 私はいつもこのあたりで食事をして引き返してしまうのでその先は行ったことがないのですが、もう少し(50mぐらい?)進むと右側に道があり、これがソイ26となります。

 このソイは今地図を見て面白そうだなと感じましたが、ともかく日本の居酒屋さんが多い通りのようです。ここを入って150mぐらい進むとさらに右に小さな路地があり、この路地の両側にお店が多数並んでいるようです。

 伊藤家さんはこの路地の一番奥に位置するそうです。「歩くバンコク」の地図を見ると「柏屋旅館」という建物のすぐ近くみたいですね。なんだかこのあたりを歩くと、新宿や池袋の飲み屋街を歩いている雰囲気に浸れるのではと思えます。

 記事ではメニューとともに値段も出ていますが、意外にリーズナブル。数名で行ってワイワイ楽しむのに良さそうな感じです。機会があったらこの界隈を是非フラフラと彷徨ってみたいなと思います。

 年末年始にバンコクに行かれる方も多いと思います。この時期の天気とお勧めスポットをまとめているページがありました。ガジェット通信というページですが、それによれば年末年始の気温は最高30~33℃、最低20~25℃位のようです。

 日本から行くと初夏や真夏の入りかけという感じで過ごしやすいと思います。寒い日本から行くと、最初の数日はやたら暑く感じられますから、体調の調節に神経を使う必要があります。

 ちなみに暑いだろうと予測して、Tシャツや短パンばかり持っていくと、現地ではちょっと浮いた服装になると思います。この時期はバンコクの人にとって涼しい季節ですから、必然的に長そでシャツや長ズボンを着用する人も多いです。

 特に今年は国王が逝去された年末ですから、地味な服装で過度な肌の露出は控える人が多いと思われます。ちなみに普通の時でもこの時期のバンコクの人たちの服装はシャツやポロシャツが多いです。

 さてバンコクとは直接関係ないですが、大韓航空のビジネスクラス機内で泥酔した韓国人(財閥の息子)が大暴れして、椅子に縛り付けられるという事件が発生。

 テレビでやっていましたが、まあ態度も言葉もひどいもんです。こういう客が搭乗している可能性は大きいんだなと思える大韓航空、私は利用したくないなと感じてしまいます。