fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第554回 バンコクで食べる和食は、和食もどきが多い

 初めてタイに行ったとき、何を食べたらよいか分からず、路上の屋台の匂いに辟易し、結局日本の居酒屋風の店である、アソーク駅近くの居酒屋「花子」に落ち着いた思い出があります。

 その後も日本の居酒屋風店舗、中国料理系、和食レストラン、洋食、洋食パブの経験を経て、今はタイ料理レストラン、タイ料理食堂まで手を広げています。

 そんな中、タイには現在空前の日本食ブームが来ているような気がします。エカマイの「ゲイトウェイエカマイ」に行くとよく分かりますが中は和食ばっかりです。

 「こりゃあすごいや」と思って数回行く機会がありましたが、正直なところ和食と言いいつ、そこにはタイ料理文化が微妙にブレンドされているようで、「ありゃなんか違うぞ」という感想を持ちます。

 実は私はタイ以外でハワイも好きなのですが、やはりハワイでも和食、ラーメンブームが起きています。それじゃあというので、現地の人たちの間で有名な和食レストランに何軒か入ってみたことがあるのですが、やはりタイ同様「なんか違うな」という印象が強いです。

 まあ当たり前ですが、海外の和食はやはり和食もどきと本当の和食にはっきり分かれますね。タイで言えば和食もどきの代表格は「ZEN」という店でしょうか。何回か利用しましたが、タイの人が和食はこんな感じなんだろうとイメージする味に仕上がっているような気がします。

 似たような系列の店にFUJIというレストランもあります。食事時は常に混雑している人気店ですが、どちらかというと純粋な和食に近く、それほど激しい違和感はありません。

 さらにごく普通の庶民的な和食に近いのが「大戸屋」さん。味や盛り付けは日本からの直伝ですから、良い水準に達していると思います。ただし懐石料理のような和食をイメージするとがっかりします。

 というわけで、海外でなかなかおいしい和食にはありつけないという事を言いたいだけなのですが、こういったレストランも食事時になると地元の人が多数利用しています。

 所得水準が上がり、ちょっと外食でおいしいものを食べようと考える人が増えたんだなと思っています。そんな中、エコノミーな食事を目指す私や海外の庶民派は、地元のタイ料理食堂で食べる機会が増えるようです。

 私はまだ屋台ではたべたことはありませんが、いわゆるオープンエアの食堂のような店で食べる機会がどんどん増えています。体裁の整った和食レストランで、和食もどきの日本食を食べるよりは、地元の文化に根差した食事の方がおいしいなと感じるからです。

 その結果、和食レストランにはタイの地元のちょっと裕福な家族が押し寄せ、タイ料理食堂には欧米人や私のような日本人が押し寄せるという逆転現象が起きているような気がします。

 おいしいものを安くというのは万国共通だと思いますが、面白い現象だなと感じます。隣の食べ物はおいしく見えるという事なのかもしれません。
 
 

第553回 バンコク市街に住むトカゲ、リス、ネズミ

 入院中の10月のタイ関連ニュースを読んでいたら、ルンピニ公園に生息しているミズオオトカゲが、増えすぎたため捕獲されたというニュースが出ていました。

 私は動物が好きなのでこのミズオオトカゲにも興味あり、すぐ近くのエータスルンピニというホテルを利用することが多いので、何回か歩いて見に行っています。

 初めて行ったときは、あまりに体の模様が周囲の草木の模様に似ていたので、「ちっともいないじゃないか」とがっくりして、暑いので適当なところに腰を下ろして本を読んでいました。

 ところが読書中視野の端っこをのそっと動く物体が見え、慌てて見直すとわずか数m先を体長2m近いこのオオトカゲが移動中。「うわ、こんなでかいのがいたんだ」と思ってびっくり。

 それにしても背中の模様が実によくできていて、動かずにじっとしていると周りの景色と判別が出来ません。ただ一度そういうもんだと認識してしまうと、それまで全く見えなかった周囲の景色に溶け込んでいるトカゲ君たちを次々と発見。

 改めてみるとやらたいっぱいいます。一応肉食なので気をつけようという警告文がネットに出ていたので、1m以内には近づきませんでしたが、あまり獰猛には見えません。

 上記の記事には、ルンピニ公園にいるのは約400匹で、そのうち170匹が捕獲され、保護施設に移されたようです。しかし残っているのは計算上230匹。まだまだいっぱいいます。

 私が珍しく思って必死に撮影していたとき、地元の人は「いるのが当たり前だ」みたいな顔つきで周囲を歩き回っていました。観光客だなという事が直ぐに分かってしまう状態ですが、ともかく柵も何にもない状態で人の周囲をのそのそ歩きまわっている姿は一見の価値ありです。

 もう1点。動物の話題ですが、バンコクの電線場をリスが走り回ることがあるそうです。これは私は見たことがありませんが、アユタヤでは見ました。

 バンコク市街で電線を見上げていたら、人やバイクとぶつかりそうでお勧めできませんが、アユタヤ観光の折には、樹木の上の方を見ていると動き回っているのがよく分かります。

 ちなみに皆さんは嫌いな人が多いと思いますが、夜になると繁華街の暗い部分を大きなネズミが走りまわっています。体長20cm以上あるので、いわゆるドブネズミかなと思われますが、人間社会と共存しているようです。

 ただあれを見てしまうと屋台の食べ物はちょっとなあと思えてしまいます。


 

第552回 オールタイタクシーは使い勝手が良さそうです

 今日はちょっと病院に行く用事があったので、短めに。

 観光客だけでなく地元の人も頭を悩ますタクシーですが、「オールタイタクシー」は使いやすいという記事が出ています。この会社の特徴ですが、乗車拒否なし、カード払いOK、GPS・監視カメラ付きだそうで、日本なら当たり前のことですがタイでは貴重な会社となっています。

 車体の色は黄色で車種はプリウスなので、通常のカローラより乗り心地も良いはず。アプリで呼ぶこともできるようですが、現状では10万台中の500台がこのタクシーだそうで、会えるのはマレのようです。

 しかし私は偶然だと思いますが、このタクシーに乗ったことがあります。たまたま手を上げて拾ったタクシーですが、黄色いプリウスで思い出しました。

 「あれ?いつものタクシーとはちょっと違うぞ。こんな運転手さんもいるんだ」と思いましたが、たぶんそれがこのタクシーだったと思われます。

 というわけで、こういったタイクシーが評判になれば、今後もこういった良心的なタクシーが増え、ホテル前やタニヤ前で客待ちをしているような悪徳?タクシーは減るのではないでしょうか。

 ちなみにオールタイタクシーのサイトからアプリをダウンロードできるみたいなので、女性だけの旅行では事前に準備しておいた方が良いと思います。

 アソーク駅近くにあった「ヘミングウェイ」という有名レストランが閉店だそうです。8月の旅行ですぐ近くまで行き、欧米人で大賑わいになっているのを確認。

 ちょっと入る勇気が出なくて別の店に行きましたが、10月末で閉店とのことで実に残念。跡地にはホテルができるようで、大きさは不明ですがアソーク駅にも近いので便利そうです。


 

第551回 スクート航空搭乗体験記を読んで

 入院中はネットへの接続ができませんでした。最後の方でポケットwifiを持ちこんd、なんとかつなげていましたが8月終わりから10月にかけての最新ニュースは全くしらずに過ごしてました。

 テレビは室内にありましたので、国王が亡くなられた等の主要なニュースは知っていましたが、自分が旅行に行くときに役に立つような細かいニュースは全くしらず、今になって当時のニュースを検索し、振り返っています。

 10月下旬のニュースですが、トライシーというサイトでJALがスワンナプーム空港のラウンジをリニューアル、というニュースが出ていました。

 工事はすでに始まっていて、来年の2月いっぱいまでかかるようです。その間別の場所というかレストランがラウンジの代わりになるようで、これはこれで良さそうな雰囲気です。

 スクート航空搭乗体験記も出ています。格安の直行便ということで、ちょっと関心があります。LCCですから通常便に比べて座席が狭いのかなと思っていたのですが、搭乗機を見る限りそれほどでもなさそう。

 しかも用途に合わせて座席も選べるようです。もちろん料金はかさむと思うのですが、自分好みの旅行をアレンジできるのはありがたいです。

 唯一問題なのが、到着空港がドンムアン空港だという事。バンコク市街への交通手段はタクシーしかないのかなと思えます。スワンナプーム空港ならARLとMRT、BTSを乗り継げば100B前後で市内に入ることができます。

 ドンムアン空港の場合、これが300~400Bになる可能性があります。ただ航空運賃が安いのは魅力ですね。逆にこの会社ビジネスラスの座席はどうなんだろうと考えてしまいます。

 世界都市の渡航者ランキングというニュースもあって、第一位はバンコクで2147万人。1日当たり5.88万人。イミグレの職員が1日中うんざりしながら職務を遂行している気持ちもよく分かります。

 ちなみに東京は第9位で渡航者数は1170万人。イミグレが今の人数の2倍になったら、職員は疲れ切ってしまうだろうなと思えます。


 

第550回 グランデセンターポイントスクンンビット55を紹介

 グランドセンターポイントスクンビット55 が11月1日より営業を開始しているそうです。センターポイントという名称からは老舗の高級ホテルという印象がうかがえます。

 ホテルの場所ですが、トンロー駅からソイ55を1kmほど北上した右側になります。駅までは歩くとちょっと遠いなという印象ですが、当然ながら無料シャトルの送迎があります。 

 ホテルの特徴で特筆すべきことはいくつかあるのですが

・ 客室が40m2以上


 バンコクに通うようになって、日本のビジネスホテルの部屋がいかに狭いのかという事を再認識しましたが、さすがに40m2以上は広いと思います。日本人の普通の人の感覚なら、全室がスイートタイプの部屋に見えると思います。
 
・ 館内に大浴場(別途料金)がある
 日本のホテルでも大浴場があるところがいくつかありますが、実に寛げます。ただバンコクとなると国際色豊かな客がいるはずなので、大浴場で遭遇した場合どう対応するのかがちょっと気になります。

・ 女性専用フロア
 最近は禁煙フロアがあるのがあたり前になっていますが、女性専用フロアは珍しいと思います。ちょっと品の悪いホテルになると、廊下やエレベーター―にパジャマ姿の人が乗り込んできて私でもギョッとすることがあるので、専用フロアは良い考えだと思います。

・ シャワートイレ付
 日本人なら今や当たり前に近い時代になったと思いますが、これはありがたい。現在でもレバーを引くと勢いよく水が出てくるノズルはかなりのホテルについていますが、やはり慣れないと使いにくいです。

 等々の特徴があります。周辺の地図を見るとトップスのマーケットが400mほど離れたところにあります。そのちょっと南側には私がよく利用する漫画喫茶「KOTO」があり、その1軒おいたお隣にはおいしい中華の大連飯店があります。
 
 そこから駅まではポツリポツリと店があり、街歩きを楽しめる歩道が続きます。居酒屋も数軒ありますから、駅からぶらぶら歩いて帰る途中に夕食なんてプランも考えられます。

 問題は宿泊料金ですが、12月半ばの料金をBooking.comで調べたら13549円でした。バンコクのホテルとしてはかなり高い設定ですが、日本のシティホテルのツインと比べると安いと思います。

 この値段で上質のサービスを受けられるはずですから、カップルなら利用する価値が大きそうです。