FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第529回 タイ旅行でクレジットカードを使う?

 私は個人手配でバンコクに行きますので、チケット手配はネットで行っています。使っているのはアメックスのスカイトラベラーカードで、このカードを使ってチケットを購入すると、利用料金の一部がショッピングポイントに換算されます。

 この換算率が他のカードより少し有利なのがポイントで、10万円分のチケットを買えば、通常1000ポイント前後のショッピングポイントが付くことが多いのですが、トラベラーカードは3倍の3000ポイントが付きます。

 もちろんこのカード以外でもショッピングポイントが多くなるカードは多いはずですから、航空券をネットで良く買う人はそういったことも考慮してカードを選ぶとよいと思います。

 またスカイトラベラーカードは年間の料金が10800円必要です。こういったことも考慮しないと、トータルで損したということになります。なおこの負担額が大きいということはアメックス側も分かっているようで、カード更新時には特別なポイントがつきます。

 またスカイトラベラーカードは、これよりもう一つ上の上級カードもあります。年会費も高くなる半面、カードを使って航空券を購入するとそのショッピングポイントも割増しになります。ただ年会費を自分自身の利用頻度で考えると高すぎるという結論に達し、私は利用していません。

 ではこういったクレジットカードを現地で使う場合どうなのか?当然ながら屋台等では利用できませんが、最近は普通のレストランでもカードを使える店が増えています。

 その意味では現金を持ち歩かなくて済むので便利だし、急激に円高になったとき利用価値が大きいように思えます。ところが換算率を調べてみると、通常のレート以外に数%の利用手数料がかかることも多く、結果的にいくらショッピングポイントがついても総額で損するということが分かりました。

 というわけで、私の場合はチケットの決済で使う以外、あまりクレジットカードの出番はありません。ただしホテル等に宿泊する場合、チェックインの段階で保証金(デポジット)を求められることも多くあります。

 これをクレジットカードで支払うと、現金を使う必要はありません。現金の場合は数千バーツの請求もあるようです。これらのお金は、カードの場合チェックアウト時に何もなければデータは自動的に消去されます。

 現金の場合はそのまま戻ってきますが、大きな金額なのでやり取りが面倒だなと思うことが多いです。

 というわけで、クレジットカードは実際の旅行中にはほとんど出番はないと思って間違いないと思います。それでもあえてショッピングポイントを貯めたいと思う人は利用すればよいと思います。

 最近この手の利用で力を入れているのはJCBブランドです。どこでも使えるのはVISA。アメックスは一部のテンポで利用できないと言われたことがあります。

 JCBはカードを使うと割引になるというキャンペーンをやっていることも多いので、他のカードに比べるとちょっとお得感があるかもしれません。こういった情報は、空港のラウンジ等においてあるキャンペーン資料でも得ることができます。


 

第528回 タイ旅行初心者のための両替所

 もしかしたらあと少しで退院できるかもと分かってきたら、休止中だったこのブログの更新に関心が戻ってきました。昨日も書いたように年末年始にタイ旅行を計画している人が大勢いるようなので、私の知っている範囲で旅行の注意点をまとめてみようかなと思っています。

 過去の記事と重なる部分もあると思いますがご容赦。さてタイ旅行を目指す人がツアーで行くのか個人手配で行くのかは好みによると思いますが、基本的にはツアーが無難です。ただし冒険的要素は少なくなり、当たり前の観光旅行をしてくるだけです。

 個人手配の場合は自分で考えて行動を判断する要素が大きくなるので、ちょっとしたハプニングに巻き込まれる要素がツアーよりも大きくなります。

 そういったことを楽しみたいとか楽しむ余裕をもって旅行をしたいとか、団体として動かなくてはならず時間的制約や行動の制約が多いことを嫌う人は個人手配を選ぶのだと思います。

 もちろんツアーに比べると価格の幅は個人手配の方が広がると思います。つまり10万円のツアー代金に比べて、全く同じ行程の旅行を個人手配で行うと、その値段は8~10数万円になる可能性があるということです。

 また個人手配の場合は、自分たちが選んだ観光地やホテルに宿泊することができるのに対して、ツアーの場合は行く場所やホテルにある程度制約が出てしまうということになります。

 さて何はともあれ出発が近づいて来ると、心配なのは持ち物と現金。現金は初めてのタイ旅行の場合バーツという単位のお金を使いますが、手元にバーツ紙幣や硬貨はないと思います。

 そこで焦って銀行等に行って両替をするととんもない量の手数料をふんだくられます。これは一度やってみると分かりますが、ともかくお金を大事にする人は絶対にやってはいけません。

 では現地の空港からホテルまでの移動手段で現金が必要な場合はどうするか?こういうところが日本と違うなあと感心するのですが、飛行機を降りて入国審査に向かっている途中にやたら両替所があります。

 これらの両替所の基本的なレートは空港内でほぼと統一柄されていますが、日本で両替するよりはるかに有利な率です。うれしくなってつい大金を両替したくなりますが、基本的には1万円程度で充分です。

 なぜなら街中に点在している両替所のレートは、空港よりさらに良くなるからです。くれぐれも焦って両替しないように。ともかく空港や街中で100mも歩けば両替所がありますのでご安心を。


 

第527回 これからタイ旅行に行く人は、十分気を付けて

 私の病状ですが、相変わらずリハビリを続けています。ただ転院当初に比べると、ずいぶん状況は良くなっています。当初ベッドから出て服を着替えるのも一苦労で、1時間1コマのリハビリが終了すると、疲労であちこちが痛くなったため、倒れこむようにベッドに避難。

 30分ほど休憩して、何とか起き上がって次のリハビリに臨むという状態だったのが、今は1日3コマ3時間のリハビリをこなし、余力で自主練をこなすまでに回復しています。

 リハビリ中にも病院外側の外周を歩いたりしていますが、このところ連日その歩数は6000歩前後となっていて、病気前のウォーキングの水準に近づいています。

 そういった姿を病院関係者も評価してくれて、ここのところにわかに退院に向けた動きが増えてきました。入院当初は今年中に退院出来ればと思っていましたが、どうやら12月間までには退院できそうです。

 というのが近況。話変わって、タイは特に問題もなく政治的に落ち着いているようですが、夜の遊びはやはり沈滞傾向にあるようです。

 たまたまですが、年末年始に向けてタイ行きを検討している女性と話をする機会がありました。プーケットを目指すそうなので、ぼったくり等の被害にあわなければよいなと願っています。

 今の時期は観光客は激減しているでしょうから、日頃からまじめに働いている観光業関係者はもちろん、常に悪だくみをして少しでも多くお金を稼ごうとしている不良タクシー運転手やトゥクトゥク運転手は、かなり困っているはず。

 タイ旅行初心者は、どういうわけかこの手の悪だくみをする人からはすぐに初心者と見抜かれてしまようです。その意味では、初めてタイに行く人は、今の時期必要以上に警戒した方が良いかもしれません。

 特にオプショナルツアー等に参加する場合、JTBやHIS等、ある程度名の売れたツアー会社を利用した方が無難だと思います。慣れてきたら冒険も楽しいと思いますが、最初から冒険目当てでは、後悔する確率が高いのがタイ旅行です。

 ちなみにバンコク市街なら王宮観光、チャオプラヤ川クルーズ、高層ホテルのルーフトップラウンジで食事、名前が知られているマッサージ店の体験がおすすめです。