FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第498回 入国審査の係官の態度が悪すぎる、アマラバンコクはきれいですが・・・

 おはようございます。バンコク時間7時です。昨日の台北~バンコク便は30分ほど遅れて出発。チャイナは遅延が多いです。日系はほとんど遅延がないので、こういったことも料金の違いに反映されているのかもしれません。

 スワンナプーム空港はプライオリティパスをもらいましたが、行ってみると10人ぐらいの列。しかも係員が途中で急に交代したリ、仕事をしながら傍らの同僚と話をしたり、今回はちょっとイライラさせられました。

 特に私の列は、あと少しと言うところで急に遮られ、こちらに並べと指示され、その列に並んだものの、係りのおばちゃんの態度が全くやる気なし。

 飲み物を飲んだり、私物を片付けたり、目の前に並んでいる人は全く無視。ようやく手続きを始めても作業が遅い。極めつけはパスポートを投げるように返してきたこと。今までで最悪の係官でした。

 空港からはタクシー。「チョンノンシー駅近くのスラウォン通り」と言いつつ、持参した地図を見せたら、「あ~スリウォン」と言い直されました。スリウォンの方が良いのかもしれません。

 道は比較的すいていて、ラマ4世通りに出てスラウォン通りへ。しかし予想通りホテル前が右折できない。しょうがないのでチョンノンシー駅方面に左折してからUターン。料金は空港使用料、高速代の125Bを含めて420Bぐらいでした。

 アマラバンコクですが、確かにできたばかりできれい。スタッフの対応もいいです。しかし部屋が狭い。私の印象では25m2ぐらい?

 エアコンも静かで機能的な部屋ですが、広い部屋に慣れてしまったのでゆったり感がありません。ただ確かにパッポンまではゆるゆると歩いて行ける距離です。

 しかし次回利用するかと問われると、ちょっとこの部屋の広さだと悩みます。価格が2500B以上だったら利用しないと思います。

 夜はハッピービアガーデンと言う店で野菜炒めとビール。その後はいつものようにバダヴィンへ。相変わらず美しい子が多いですが、お客さんはあまり多くない。時間が早かったからかもしれません。

 全体の様子を眺めて、40分ほどで店を出て、キングキャッスル1へ。女の子の人数が増え、客も多くて活気がありました。前回も感じましたが、勢いを盛り返した感じ。

 ゴーゴーも数年でやめてしまう子と、長くはたらく子にはっきり分かれるようです。客が付くかつかないかと言う熾烈な生存競争や、気の強さもあるのではとおもっています。つまり気持の優しい子では、長くは務まらない厳しい職場だということです。 

 というわけで、10時半にホテルに戻り素直に寝ました。1日目終了です。
 

第497回 台北空港ラウンジ到着です

 朝4時過ぎに興奮のためか目が覚めてしまい(寝たのは10時ですから、とりあえず最低睡眠時間は確保しています)、結局起きだして荷物の最終確認。5時半に自宅を出て関越道、外環道、常磐道、圏央道と乗り継いで成田へ。

 しかし土曜のせいか、意外に早朝から車が多くてびっくりです。6時過ぎには首都高で渋滞が始まっていました。それでも成田のシャトルパーキングに7時20分到着。

 すぐに駐車場に誘導され、すぐにそのままシャトルに乗車。7時半に第二ターミナル着。すぐにチェックイン。エコノミー席の方は大混雑でした。なにせ開いているカウンターが少ないです。

 荷物の重さは12.5kgぐらいでした。チェックインカウンターではいつも成田空港のラウンジチケットをもらうのですが、今回は台北のラウンジ利用券ももらえました。これまでは搭乗チケットを見せて利用していました。

 手荷物検査は大混雑。ほとんどの人がアジア系観光客の帰国のようでした。出国審査は10人ぐらい並んでいてもあっという間です。

 すぐにチャイナのラウンジでいつものように稲荷ずしや河童巻きを食べて休憩。ここで降圧剤を服用。面倒です。

 9時25分発なので、8時55分ごろゲートに到着。86番ゲートで一番遠いところでした。搭乗開始は割と早かったのですが、乗ってからが長い。全然動き出しません。

 結局動き出したのが9時50分ぐらい。飛び立ったのは10時過ぎです。機内食はひれステーキがおいしそうだったのですが、あえて和食を選択。

 お隣は台湾人の男性?寡黙な人でした。台北到着日本時間の1時。台北時間の12時で、モノレールで移動し、ゲート集合時刻まで間があったので、またラウンジに来てこれを書いています。

 台北のラウンジは混んでいることが多いですね。ただ飲み物や食事の種類はホテルの朝食ビュッフェ並みです。ただ私は休憩だけして、これを書いています。

 スワンナプーム空港行きはA7ゲートで、ラウンジから近いです。というわけで、あと5分ぐらいでゲート集合時刻になりますので、今日はこれぐらいで。

 夜の飲み歩きは、明日の午前中に書きたいと思います。

 

第496回 マイレージでビジネスクラス、バンコク市街の物乞い

 昨日関東地が梅雨開けだそうで、今日は朝から暑くなる気配です。朝7時ごろ恒例の散歩に行って来ましたが、昨日の3倍ぐらいのセミの声でした。セミの多さで梅雨明けが分かるなと感じました。

 帰宅して朝食を摂り、小さな1坪ほどの庭に作った家庭菜園から枝豆やナス、キューリ、トマトを収穫し、これを先ほど実家に届けてきました。ついでに旅行の日程表も渡してきました。

 帰りがけに、明日の高速移動用に車のガソリンを補充。埼玉県のこのあたりはスタンドの競合が激しいようで、今日は1Lが109円でした。

 ちょっと前に入れたばかりなので、今回は20L程度の給油で2200円ぐらい。支払いはTカードにポイント(金曜日は3倍)を貯めて、更にアメックスのスカイトラベラーカードで支払い、こちらにもショッピングポイントを加算。

 今回の旅行は、チャイナのビジネスクラスですが、こういったショッピングポイントをマーレージに移行して獲得したものです。チャイナの場合は成田~バンコク間のビジネスクラスが50000マイルという設定になっています。

 本来なら小分けにしてエコノミー席にしてもいいわけですが、体力的にビジネスが楽だと感じるようになっています。

 帰宅して、暑い中パソコンを立ち上げ、明日の出発前24時間以内となったので、先ほどネットでEチェックインを済ませました。

 最後に座席変更できるのですが、成田~台北間は変更なし。お隣さんもいるみたいですが、まあしょうがない。通路側の座席を選択しています。

 一方台北~バンコク間は、今回も機材が大きいのか2階席があり、この2階席は昔のファーストクラス仕様(一人だけの座席です)になっています。

 予約した当初は、この座席は指定できなかったので階下の通常のビジネスクラスの座席を指定していたのですが、今見たらいくつか空席があったので、早速移動しました。これで台北~バンコク間は更にリラックスできそうです。

バンコクポストより

 路上で見かける物乞いを生業とする人の数が減っています。2014年にはバンコク市街にタイ人が2944人、外国人が1704人いたそうです。

 一説には、裏に巨大の組織があって、彼らを働かせているなんていう話を聞いた言ことがありますが、その信憑性は不明です。ただ明らかに幼児と分かる子供や、小学生ぐらいの子供にお金を求められると気持ちが動く人も多いと思います。

 当局もこの問題について、屋台の撤去や風俗問題と同様に検討しているようで、いわゆる更生施設を作って対応しようとしているようです。うまくいく事を願っていますがはたしてどうなるか。