FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第386回 5月バンコク旅行に向けて、体力は徐々に回復

  4月からは、これまで行ってきたパートの仕事からも撤退し、本格的な年金生活に入ります。そんな時にマイナス金利政策が発表され、いささか老後の資金計画に狂いも生じています。

 しかし、今回鼠蹊部ヘルニアという病気になり、3泊4日の手術、入院という体験を通し、やっぱり動けるときに旅行に行き、楽しめるときに効率的にお金を消費しないともったいないと思う気持ちが強くなりました。

 手術、入院費用も結構高くつきましたが、これはもう過ぎたことでしょうがない。これまで以上に健康に気を配りながら、今できることを存分に楽しみたいと思い、先ずは先日、気になっていた車のタイヤをレグノという、一番高級なタイヤに買い替え

 昨日は久しぶりに短距離ですが高速を走ってきました。タイヤからの音が静かになり、カーブで車体がぶれる印象が減りました。まあ高いだけのことはあるなという感じです。

 明日からは3月ですが、2週間後の13日からはハワイ旅行。帰国したら、5月のバンコク旅行を計画する予定です。

 今はその下調べという時期なのですが、ちょっと前に調べたように、アソーク周辺では「ジャスミンシティホテル」が良さそうだなと思っています。

 またシーロム周辺ならいつもの「エータスルンピニ」が第一候補ですが、もう少し足を伸ばして、サパーンタークシン駅近くの「センターポイントホテル」に注目しています。

 さらに今日のnewsclip.beには、ナナやアソークから歩いて15分ぐらいの「センターポイント ソイ10」の紹介も出ていて、駅から遠い分価格が下がるか部屋のグレードが上がると思われるので、なんとなくですが「良さそうだ」という印象があります。

 さて、バンコク関連のニュースを探していたら、BIGLOBEニュースで、先日タイで行われた「ジャパン・エキスポ」のコスプレ動画というのがありました。好みにもよると思いますが、見方によってはなかなかです。

 もう1点。「タイランド・ハイパーリンクス」というサイトで、タイ料理屋台店で働くセクシーな店員さんの写真が出ています。

 見てみると実際美しい。モデルの仕事もされているそうなので当たり前かなと思いますが、後半の写真にはびっくり。この人なら人気が出るのは当たり前のような気がします。



 

第385回 日本製の電気製品や衣料品のほとんどはアジアで製造

 ちょっと冷え込みましたがきれいな青空です。気持ちも春に向かって高揚する感じです。

newsclip.beより

 中国人観光客が日本で様々なものを購入して本国に持ち帰っていますが、その中で人気なのが温水洗浄便座だそうです。ところがこの製品のメーカーは日本ですが、作っているのは中国だということが判明。

 つまり中国の人にとって見れば、自分たちが安い労働力で作った製品が、日本で高い値段?で販売され、それを素晴らしい日本製品と考えて買ってくるという構図になっているということです。

 それだったら最初から中国で作られた製品を買えばよいという発想になります。とはいうものの、日本製というブランド力で、中国で作っているものもそれなりのステータスがある工場で作られているはずですから、中国国内で安く出回っているものに比べれば優秀なのかなとは思います。

 ただ我が家の電気製品や衣料品のほとんどは「made in アジアの各国」ですから、いずれそういった人たちの購入は、自国製品い向いていくような気がします。

 そうなると日本経済はまたまた衰退?シャープが台湾資本の企業傘下に入ることが決まったようですが、この10年ぐらいでもタイの物価は日本の5分の1から3分の1ぐらいまで上昇しているように感じています。

 ということはあと10年ぐらいで2分の1か3ぶんの2ぐらいまで追いついてくる可能性も大きいわけで、物価の安いバンコクでプチリッチな体験なんていうのも、あと10年ぐらいしか楽しめないかもしれません。

 バンコクで日本の食文化がもてはやされるなんてのは、ここ5年ぐらいのことだと思いますが、実際にこういった和食の店で食事をすると、その質はともかく、価格は日本のフードコートで食べるものと遜色ありません。

 そしてそれを地元の若い人たちが気軽に利用している風景が当たり前のように見られます。30年か40年前でしょうか。日本にスカイラークと言った、洋食のチェーンレストランがあちこちで生まれました。

 当時は高級洋食レストランというイメージでしたが、やがて大衆向けのファミリーレストランに変わりました。それと似たようなイメージを、今のタイの若者たちが和食文化に対してい抱いているのではと思えます。

 金がない、貧しい、品がない、教養がない、というイメージはどんどん払拭され、今や悪徳と言われるタクシー運転手さんの中にも、日本人よりうまい英語を操る人がいます。

 経済も教育も停滞しつつある日本で年金暮らしと言う年齢を迎え、物価の安いアジアへ移住なんていうのが一時期もてはやされた気もしますが、あと20年もしたら、アジア各国から物価の安い日本へ移住もしくは長期滞在なんていう現象が起きる可能性もありそうです。
 
 

第384回 タクシー運賃が5%ほど値上げ?空港使用料も・・・

 昨日帰宅後にチャイナのバンコク便を調べてみましたが、4月以降はまだ発表されていないようです。今年はハワイ便の発表時期も遅かったので、いろいろと内部事情がありそうです。

 ホームページも一新されましたが、旧ページが残っていることもあり、利便性はそれほど変わってないなと感じています。

newsclip.be.beより

 相変わらずノックエアがいろいろ問題になっているようで、パイロット不足でキャンセル便が増えているそうです。どうやら多くのパイロットが他社に引き抜かれたことが原因のようですが、それだけ勤務条件が悪かったと言えそうです。

バンコクポストより

 旅行者にとっては深刻な値上げが提案されています。評判の悪いスワンナプーム空港のタクシーですが、運賃を5%ほど値上げした上に、空港使用料(現在50B)を25から45Bさらに値上げする協議を開始しているようです。

 現在の空港、バンコク市街間の運賃は、だいたい250B前後ですから、5%の値上げで13Bぐらい運賃が上昇。これに上記の空港使用料が加算されますので、結果的に運賃が263B、空港使用料が90Bぐらいとなり、さらに高速を使うと75B必要なので、合計428Bとなります。

 実際にはバンコク市街に入ると渋滞が発生して、その間に運賃も上がっていきますので、450~500Bと言うのが相場になりそうです。

 「あのサービスで、こりゃたまらんな」と言うのが正直な感想で、ますますARLが混雑しそうです。さらに言えばARLから乗り継ぐMRTやBTS周辺のホテルの価格が上昇しそうです。

 こうなると、早朝にホテル前で待機している悪徳タクシーを使用すると、平気で「800B」とか「1000B」と言ってくるような運転手が表れるように思えます。

 逆に3名ぐらいのグループなら、空港からはリムジンを使った方が便利かもしれないです。ただリムジンも車種や会社によって微妙に料金が異なるそうですから、ある程度英語ができないと利用しにくいかもしれません。

 一方市街ではBTSの運行に支障が生じたようで、昨日は大混乱が起きたようです。当然その影響は地上の交通機関にも及んでいるはずですから、道路も大渋滞だったのではないでしょうか。