fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第334回 バンコク、パタヤ、8泊9日の滞在費用

 おはようございます。今日も寝坊して起きたのは9時でした。気が付けば大晦日。明日は新年、申年だそうです。お猿さんのように、いろいろな意味で素早く次のステップへ駆け上がりたいものだという気もしています。

 さてタイに行く前にテロ情報もあり、ある意味恐る恐るのパタヤ行きでしたが、現地に着けばいつもの喧騒に囲まれ、いつの間にかそういった不安感を忘れていました。

 ちなみにタイを訪れるロシア人観光客は、本国の景気低迷もあって、半分ぐらいに激減しているそうです。確かに本来多数見かけるだろうと思われたパタヤで、それらしき姿をほとんど見かけませんでした。

 また今年はタイでデング熱が流行し、亡くなる方も出ているということで、これも少し心配でしたが、バンコクやパタヤでの8泊9日の旅行を通して、「蚊がいる」と思ったのは1回だけでした。

 しかし身だしなみを含めて、これからタイに行かれる方は、やはり長ズボンの着用の方が良いと思います。その方がホテルのチェックインや夜の街で受けが良いように思います。

 さて今回の旅行の支出ですが、滞在中に消費した金額を、覚えている限りメモしています。旅行期間は8泊9日で、初日の夕食から最終日前日までの消費金額になりますが、合計が約16000Bぐらいでした。

 現地での交通費、飲食費、夜遊び代、観光費用、若干のお土産代を含んだ値です。ということは1日だいたい2000B、日本円にして7000円消費したことになります。

 改めて振り返ると、そのうちの大半は夜遊び代です。それを除くと、朝食はホテルで食べていますので、昼食代が平均して200B、夕食代が400Bぐらい?

 交通費は1日平均帰りの空港へのタクシー代を含めても150Bぐらい。お土産代は2回に分けて買いましたが、8泊に平均化すると100Bぐらい。観光費用は、基本的に入場料が必要な場所はほとんどないので、ほぼ交通費に含まれてしまいます。

 となるとこれらを合計して850Bぐらいが、夜遊びをしない場合の滞在費用。1日3000円ぐらい。バンコクの経済を考えると、かなり裕福な生活だと思います。一か月なら9万円ですね。

 これに仮に一か月の家賃が6万というようなサービスアパートがあれば、とりあえず15万の収入で、まずまずの暮らしができるような気もします。

 もちろんレストランを利用せずに、屋台やスーパーで食材を買ってくればこの金額はもっと安くなると思われるので、単に生活するだけなら年金で生活できるかもしれません。しかし単に生活するだけで、遊ぶ余裕はないように思います。

 一方残りの4000円が、毎晩夜の遊び代として消えていったという計算になります。だいたい1150Bになりますが、ゴーゴー1軒でビールを飲むと、チップを含めて160~180Bになることが多いです。

 従って、女の子に飲み物をおごったりしながら、数軒渡り歩くとだいたいこの数字になるような気もします。だったらどこか一か所に腰を押し付けて飲めばよいということになるかもしれませんが、それはそれでダンサーやウエイトレスさんからの飲み物やチップ攻撃が激しくなります。

 一か所30分から1時間で、夜の8時半から、遅くとも11時半までの3時間が行動時間なので、行ける店は4軒前後となり、旅行記の記述とだいたい一致します。
 
 

第333回 タイで癒されるとはどういうことか?

 今日は朝方いったん起きたものの「寒いなあ」と思ってベッドの中でぐずぐずしていたら、そのまま寝てしまったらしく、起きたのは9時半。「バンコク時間なら7時半だから、まだ時差ボケが治っていないや」と苦笑です。

 やはり8泊もすると、体がバンコク時間になっていて、これが戻るのに3~5日かかりそうです。加齢に伴って、この修正期間も徐々に伸びています。

 そう考えると、若い時に3泊4日程度でバンコクに行けば、体はほとんど時差を感じることなく帰国できるということかもしれません。

 昨日あたりから、たぶん成田は出国ラッシュかなと思っています。暖かいバンコクで年を越すのもいいなあと思いますが、宿泊費がこの期間だけ上がるので、今後のタイ旅行の展望を考えると、12月はむしろ上旬に行った方が良いだろうなと感じています。

 当然ながら、チケット代や宿泊費用も安くなり、観光客向けのレストランは空いているはずですし、夜遊びをしてもお客さんが少ないはずで、性格の良い子と話ができる確率も高くなります。 

 newsclip.beによれば、ドンムアン空港にカプセルホテルを作る計画があるそうです。20室だそうですが、タイのカプセルとはどのようなイメージなのか。値段とともに、ちょっと興味があります。

 それはそれとして今日の毎日新聞朝刊の1面下部「余禄」というコーナーに「東南アジアに旅行をすると元気が出るという人が多い」とう文字を見つけ、思わず読みふけってしまいました。

 実際体力的には疲れますが、なぜか精神的な解放感があります。混沌とした、ある意味何でもありの雰囲気は、「あれをしてはいけない」「これをすると煙たがれる」「相手の気持ちを察しろ」という日本独自の「親切」と「思いやり」の呪縛から逃れられるような気がします。

 つまり理性を少しばかり引っ込めて、自分の感情の赴くままに行動し、食べたいものを食べ、見たいものを見て、話したい相手に話かけることができるということでしょうか。

 当然ながら、場合によってはタクシーの乗車等で不愉快な思いをすることもあるのですが、「何でもありなんだ」と居直ってしまえば、それも風物詩と余裕で見ることもできます。

 ちなみに新聞記事ではASEAN諸国の親日意識が非常に高いという褒め言葉もあり、日本的な配慮が海外でも好感を持って迎えられているということなのかもしれません。

 と読んだところで、「ASEAN10か国ってどこだ?」と、改めて知識不足を感じ調べてみると、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスだそうで、改めてなるほどあなと感じました。

 ただブルネイという国だけは全くイメージがわきません。ちょっと興味が出てきました。
 
 

第332回 昨日様々な思い出を抱いて無事帰国です

 昨晩夜の11時ごろ自宅に戻ってきました。起きたのはバンコク時間の5時15分。目覚ましが鳴る前でした。6時にチェックアウト。特に問題なく、そのままタクシーを呼んでもらいました。

 フロントで「メータータクシーを」と念押ししてソファーに座って待っていると、すぐに1台目が横付けされました。ドアマンが運転手さんと交渉していたようですが、どうやらメーターは使わない運転手さんだったようで交渉決裂。

 地元のホテルのドアマンが交渉してもメーターを使わない強気の運転手さんがいるんだなと、改めてタクシーの評判の悪さを感じます。

 たぶんシーロムあたりまで行けば、事情のよく分からないお金持ちの日本人客を拾えると思っているのだと思います。しかし、そこまでの走行距離や手間暇を考えたら、普通にメーターを使って、目の前に客がいるんですからそのまま走ったほうが効率的だと私には思えます。

 いずれにしろ、そういったタクシーは暴走タクシーであることは間違いないので、私の方も乗りたくありません。

 2台目のタクシーは、一見強面のおじさんでしたが、安全運転で英語も少し分かり結構親切でした。高速を使うかと聞かれて、「どうぞ」と答えて、空港まで30分。高速料金は客が払います。50Bと25B区間があります。

 運賃は261Bでした。途中の区間(距離)にもよりますが、だいたい300B弱です。これに高速料金を加えても375B前後。メーターを使わないタクシーの場合、普通は500Bと言ってくることが多いようですが、その差は125B。

 それを得るためにメーターを使わないということになるわけですが、その差をどう考えるかですね。運転者さん側も切実な問題を抱えているのかもしれませんし、利用者側もビール1本程度の差ならと妥協してしまうのかもしれません。

 空港は空いていました。チャイナも今回は往復ともにほぼ定時の発着で、しかも結局私は行きかえり共に2人掛け席を1人で占有してのんびりできました。

 台北空港で待ち時間が今回はちょっと長かったので、、初めてチャイナのラウンジに行ってみましたが、なかなか高級感のある場所でした。しかもビュッフェ形式の食事ができるようで、ホテル並みのおかずが揃っていてびっくりです。

 最後の台北~成田間の飛行機は、いつもとはちょっと違う座席タイプでした。足先の縦(高さ)の空間はちょっと狭いものの、限りなくフラットに近い角度まで座席が倒れるタイプです。

 成田について感じたのは寒さ。調子が良かった血圧が一気に上がりそうです。というわけで、いろいろな思いをかみしめながら車で帰ってきましたが、早くも次はいつにしようかと考えています。
 
 

第331回 最後の最後まで飲んで遊んで大満足でした

 スワンナプーム空港のラウンジからです。飛行機は8時半発なので、6時にホテルを出発。6時半着です。高速料金が75B。運賃が261Bと良心的な運転手さんでした。良かったです。

 昨日午前中は、BTSのバンジャーク駅から200mぐらいのところにある、ジムトンプソンのアウトレット店へ行きました。私は駅から歩いていきましたが、店に着くと次から次へと自家用車が来ていて、人気ぶりがうかがえました。

 5階建ての店で、カーペットや布、小物製品が安く売られているように見えましたが、私にとっては高額でした。シャツを買うかどうか散々迷って断念。まあこういう店もあるんだと半分勉強ですね。

 私にとっては、それよりもそこに至る道の両脇にある昔ながらの屋台のつらなりの見学の方が面白かったです。

 次に向かったのがエカマイ駅前のゲートウェイセンターで行われている「ファーマーズマーケット」の見学。雑貨や食べ物が売られていて、安いのかどうかは不明ですが、お姉さんに試食を勧められておいしかったクッキーを購入。

 ついでに「箱根」という店でチラシセット。これが260B。まあまあの味でした。雰囲気も悪くない店です。しかしここのレストラン街は日本資本の店ばっかりで、日本人観光客としては逆にちょっと不満です。

 いったんホテルに戻って昼寝をしてブログの更新。シャワーでも浴びようかと予定表を見たら、この日は夕方5時半から、ルンピニ公園でバンコクシンフォニーの無料コンサートがある日でした。

 急いで出発準備をして出かけましたが、会場までが結構遠くて参りました。ロッシーニの序曲やビートルズナンバーを演奏していましたが、正直に書くとまだ発展途上の楽団だと感じました。

 私の耳でも、金管やバイオリンのピッチがずれている部分があり、日本の市民バンドのちょっと上かなという感じです。それでも無料ですし、聞きに来ている人も1000人ぐらいいたと思われます。

 演奏を聞いて、再び地下鉄でサムヤーン駅へ。ここからパッポン方面いに歩いて、夕食場所を探しましたが、良いところが思いつかず、結局前にも利用した「Baruza」という店でシーフードの酢豚。

 ビールを飲んでライスをつけて330Bぐらいです。店を出たのが7時半で、まだ早かったのでパッポンの酒屋さんで万が一?を考えて両替。1万円が2980Bでした。

 すぐ近くに名古屋系の「世界の山ちゃん」という焼き鳥の店ができていました。タニヤプラザ内の「浪速串道」という店も後学のために見てきましたが、メニューを見てもあまり興味を感じませんでした。もう1点、大戸屋さんがクローズ。閉店か改装かは不明です。

 8時になったので、先ずは「エレクトリックブルー」へ。ビールが安いので休憩所代わりに使っているのではと思える人が多数。ステージを見ずにスマホを見ています。

 私もすぐに飽きて隣の「バダビン」へ。しかし時間が早いせいか、日曜だったせいか、女の子が少なかったです。昨晩のお客さんが多かったので今日は稼ぎつかれて休みということなのかもしれません。

 次に「キングキャッスル2」へ。昨晩いつも横に来る子が、明日ねと言っていたので訪問したのですが、肝心の本人がいない。ママさんの話では「都合ができた」ということのようで、最後はこの子とのんびりとおもっていたのでちょっとがっくり。

 というわけで、「帰るか」と思ったのですが、時刻は10時。あと1軒だけと思って選んだのが「ピンクパンサー」。眺めているだけで楽しめる店ですが、最後だと思って、最初に「この子なら」と思って呼んでみた子が、大変良い子でした。

 ダンスはうまいし、顔立ちは目がぱっちりしていて可愛らしい。明るくて、元気いっぱいという、私とは正反対の子ですが、愛想が良いので楽しかったです。

 飲み物を奢って、ボクシングが始まる前に帰ってきましたが、1時間ほど楽しめました。最後は締めくくりにふさわしい満足の夜となり、ホテルへの帰り道に、次はいつ来ようかと考えていました。

 

第330回 サイアム博物館は勉強になりました

 長かった8泊9日の旅行も、ついに明日が帰国日です。間にパタヤを入れたことで、毎日いろいろなことを楽しむことができました。パタヤの雰囲気も良くわかり、素朴な子も多いようなので、また機会があったら行こうと思っています。

 昨日は朝食後、チャオプラヤエクスプレスでサイアム博物館に行ってきました。警察署の裏手にありましたが、入口でタイミュージックのデモが行われていて、なかなか良かったです。

 バンドのメンバーが10数人、持ちよった楽器が、日本式にいうと、鼓、大正琴、バスフルート、チェロ、キーボード、パンフルート、打楽器と、まあなんでもありみたいな編成でしたが面白かったです。

 展示物も、バンコクらしからぬ充実度で、英語の解読が大変ですが、タイという国がどのようにできたのかということが少しわかってきました。

 昼食は桟橋に新しくできたレストラン街「ヨットピマーン」というところの「LARB LOT」という店で食べましたが、なかなかしゃれた感じでした。

 いったんホテルに戻る途中のシーロムコンプレックスでお土産を少しだけ買い、いつものように昼寝。ブログ等の更新をして、夜はナナのランドマーク内の「ハンツマン」に行ってみましたが、高級パブに見えたので断念。

 ソイ4の「ハンラハンズ」でローストポークを頼み、通りを眺めながらビール。料理は依然食べたポークチョップの方がおいしいように感じました。

 ちなみに「ナナプラザ」前に、新しく「フーターズ」が出来ていました。ホットパンツのお姉さん方が接客するので有名な店です。

 食べ終わってナナプラザのレインボー4へ。とにかく美しい子が多いですね。ただ私とは相性が悪い店です。「こんなに美しい子がいるんだ」と眺めるだけです。

 続いてレインボー1を覗いてみたら、ダンサーが誰もいなのでびっくり。8時半ごろです。しょうがないのでレインボー2へ。ここで少し話ができるがいました。名前も聞いてきたので、いつになるかわかりませんが、次回の楽しみです。

 そこからまたまたタクシーでパッポンへ。キングキャッスル2へ。ここにはいつも横に来る人懐こい子がいます。本来ならこの子と話をしていればいいわけですが、浮気性というか、いろいろな子を見たいと思っている私は、「バダビン」へ。相変わらずの盛況で、この店の子たちは良く踊るので見ていて楽しいです。

 明るいセクシーダンスという感じでしょうか。欧米人がカップルで見に来ているお店です。ダンサーさんたちも乗りが良くて、それでいて美しいもしくは可愛らしい子が多いです。

 アルコールの酔いを感じながらダンスを眺めているだけで十分満足できます。結局ここで1時間ほどゆっくりダンスを眺めて終了。今日もまた行こうと思っていますが、少し飲み物を奢ってたのしくやろうかなと思っています。