FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第159回 チャオプラヤ川の水位下降、海水が逆流?

 今回の旅行ではチャオプラヤエクスプレスでアジアティック・ザ・リバーフロントに行ったのですが、その際驚いたのがチャオプラヤ川の水量の少なさ。

 桟橋から船に乗ろうとするときは、川岸から若干下るようにして桟橋に降りていくわけですが、ここが今回ものすごい急勾配の下りになっていて、手すりにつかまらないとそのまま川の中まで転げ落ちそうでした。

 特に女性は皆さんこわごわと降りていましたが、ハイヒールなんか履いていたら大変なことになりそうです。ちょうどこれから雨季に差し掛かる時期で、もっとも水が少ない頃なのかなと思いましたが、それにしても洪水が起きそうだったときと較べると、水面の高低差は数mありそう。

 川の両側に建設されている建物の土台はむき出し。建物がないところは川底がむき出しになっていて、船が航行するのにも支障が出そうです。

 こりゃ大変な事態だなと思っていたら、6月25日の「バンコク週報」で「治水当局、主要ダムの方水量を削減、来年4月まで」という記事があり、上流部でもかなり水不足になっていることが分かりました。

 一方記事では、放水量の削減によって、チャオプラヤ川の水位が下がり、海水が川に逆流してくる可能性があると書かれていて、本当にバンコクという街は、海面との高低差がほとんど無いんだなということがよく分かります。

 旅行者の場合、普通のホテルに宿泊すれば、毎日1.5L程度の飲料水が無料で配られるのであまり気にしなくて良いのですが、記事では海水流入によって水道水がしょっぱくなるかもしれないという記述もあり、「え!いったいどんな風に水処理をしているの?」と気になりました。

 滞在中、午後3時を過ぎるといつも風が吹き始めました。あ~たぶんどこかで夕立があったんだろうなあと思っていました。実際に5泊した中で2泊はかなり激しい雨に遭遇。

 かなり激しい雨というのは、要するに日本で言うところのゲリラ豪雨に相当するかなというものですが、ともかく叩きつけるような雨です。

 しかし今回の渇水のニュースを見ると降っているのは市街地だけで、これももしかしたら市街地特有の熱気によって上昇気流が生じているのかなという気もします。

 面白かったのは、たまたまオープンエアの店でビールを飲んでいるとき。急に風が吹いてきたと思ったら、ウエイトレスさんがあっというまに外に出ていたテーブルを片付け、厚手のビニールをかけていました。

 慣れているとはいえ、その手際の良さにびっくり。一方雨上がりにパッポン方面を歩いたときは、しまいこんだ商品が再びあっというまに屋台に陳列される様子も目撃。

 日本ではあまりお目にかかれない光景を楽しませてもらいました。

 

第158回 マッカサン駅からスクンビット通り奇数側のソイへタクシーで行く方法

 日本は梅雨空が続いて鬱陶しいですね。まあしょうがないですが、バンコクは近年排気ガスの影響が少なくなったのか、結構綺麗な青空が見えたりしてびっくりしました。

 日差しももちろん強くて、日中の日向では肌がじりじりする感じ。それだけ紫外線が強くなっているわけですが、これも空気が綺麗になった証拠の一つかなと感じました。

 今回の旅行でもいろいろ思うところがあったのですが、先ず最初がやはりタクシー。少しずつ値上げが続いているようで、市街の移動が60~80Bぐらいになっているなと感じました。

 夜になると、これが150~200Bと倍以上の値段を言ってくる運転手さんが増えます。まあすぐに断れば良い訳ですが、女性なんかの場合は大変だろうなと思います。

 すでに以前の記事でも書きましたが、ARLのマッカサン駅からソイ11への移動は、スクンビット通りからだと右折になるので、曲がれません。

 だとすると、マッカサン駅で降りてソイ11に行くためにはどうするのか?ということが気になり、今回あえてマッカサン駅からアソーク方面に向かうタクシーに乗ってみました。

 すると駅から500mほど南下し、そこからちょっと強引に右折。ちょっと進んで左折した道がソイ19。これを南下すると十字路があってここを右折。曲がらずにまっすぐいけば、右側に居酒屋の「夢路」さんがあり、ソイ19のシティロッジの前に出ます。

 十字路を右折して300mほど行くとT字路ですが、ここをまた右折。この曲がり角には「ドリームホテル」がありました。そこから300mほど北上し左折。100mほど走ってまたしてもT字路。このT字路を右折。ここがソイ13。

 すぐに左折して100mでソイ11ですが、そこに行く手前を右折すると「プレジデントソリティア」で、こんな裏道があるなんてまったく知りませんでした。

 ただもしこの道を運転手さんが知らない場合、自分で道案内できる自信はありません。何だか地図上で阿弥陀籤になった迷路を走っているような感じです。


  
 距離的には2km弱でしょうか。ナナの方から回りこむのとどちらが早いのか。距離的にはほぼ同じ。混雑状況も同等。ただマッカサン駅から北に向かう空車のタクシーはあまりいないようです。

 その意味では今回の道が正解のような気がします。 

 

第157回 為替レート、タイ国際航空の印象

 朝6時に起きました。バンコク時間なら、「まだ早朝4時なのに」と思いましたが、体のほうは割りとスッキリしていました。どうやら昨日の帰国時に、早朝4時半に起きたことが時差ぼけ解消に役立ったのではと思っています。

 帰国時に気になっていたのが家庭菜園の作物。運動不足解消と美味しいものを食べたいという欲求、さらに野菜を買わなくて済むという節約精神から家庭菜園をやっているのですが、1週間弱の留守でどうなっているかが心配でした。

 今さっき見て来ましたが、ナスとピーマン、キューリがそこそこ。大量に取れたのが中玉トマト。スーパーでは10個弱で400円ぐらいで売られているものですが、これが50個以上できていて、今日の夕食はトマト三昧?になりそうです。

 さて、今回の旅行は、本来の予定にはなかったものなので、なるべく安く済まそうと考えつつ出発。ところが、出発間際に、バンコクでMERS感染者1名という新聞記事を見て、かなり慌てました。

 現地についてから新聞を見て、安全に隔離され二次感染はないらしいことがわかり、(潜伏期間があるのでこれからかもしれませんが)ようやく街歩きを楽しめる心境になりました。

 滞在中の為替レートは、タニヤの両替やさんで、だいたい1万円が2720~2750B前後。街中の両替やさんが2700B前後。(2700Bを割っている店もいくつかありました)スワンナプーム空港が2500B弱。成田空港ではなんと2450Bという暴利?でした。

 初めて利用したタイ国際航空ですが、選んだ便がANAとのコードシェア便ですから、まあそこそこのサービスもあり食事も普通。機材はチャイナより新しく綺麗。

 行きの座席は3-3-3。帰りはエアバスで3-4-3。いずれも窓側の通路側の席でしたが、行きは3人席を占有。帰りはお隣がいなかったので、これまた少しゆっくり出来ました。

 足元もわずかですがチャイなよりも広いように感じましたが、気のせいかもしれません。液晶ディスプレイも大きめ。ただ映画は日本語なしで、上映本数は多いものの、ちょっとめげました。

 食事等のサーブはすべて英語でしたが、もしかするとANAの便として予約した人と座席が分かれていて、日本人のフライトアテンダントさんは、そちらの座席に集まっているのかなという気がしました。(チケット代も少しANAのほうが高くなっているように感じます)

 実際私の周りに座っている乗客の多くは中東系、欧米系、タイ人で、日本人は1割ぐらいでした。面白かったのは、行きのスワンナプーム空港着は、予定していたゲートが空かなかったようでタラップで降りたこと。あらためて乗ってきた飛行機を見上げると、そのエンジンの大きさにびっくりです。

 また移動用に用意されたバスは、空港内なのに、結構なスピードで走り回り、やっぱり成田とは違うなとおもいました。

 というわけで、今日から「バンコク ぶらり一人旅」の方で前回5月分の資料をまとめつつ、今回の旅行記を書いていくつもりですので、そちらもよろしくお願いいたします。