FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第132回 急激な円安に対して、旅行資金を確保するには?

 バンコクでは相変らずあちこちに新しいショッピングモールやレストラン街が出来ているようです。私が帰国する直前の5月23日にはオンヌット駅前に「The Phyll」という施設がオープン。本格オープンは7月だそうで、次回以降の見学先になりそうです。

 またトンロー通りのソイトンロー11入り口付近にはThe Taste Thonglor」が8月にオープンだそうで、こちらは名前からも分かるように飲食店施設の集合体。

 ただ場所をみると、トンロー駅から1.2kmぐらい離れています。そんな不便なところにどうして作るんだろうと思っていたら、開通時期未定の地下鉄が計画中だそうで、これまたバンコクらしいなという感じです。

 なおこのソイトンローは、ミニバスが走っているようなので、これを利用すれば今でも問題なく利用できそうです。

 さて次はいつ行こうかなとカレンダーを見てため息をついていますが、ここのところの円安で、ため息も深くなりつつあります。

 それでも単調な日常生活から脱出して、数ヶ月に一度は旅行に出かけたいという贅沢な?気持ちは抑えきれず、そのための資金をどのように工面するかが頭の痛い問題です。

 対策として考えられることは

・ 現地に少し多めの円を持って行き、思い切ってバーツを多めに両替してストック。タニヤの両替やさんで、何十万もの現金を両替している人がいましたが、そういった対策のひとつかなという気もします。ただし円高に変わると損失が発生します。

・ バンコクの銀行に預ける。ただこれは定住地の住所の記入が必要みたいで、旅行者には難しそう。ただしネットで調べると不可能ではない。実際口座を持っていますという方にもお会いしました。

・ 外貨預金をする。手数料が気になるところですが、ネット銀行でバーツではなくドルで預金をして、円安になったら日本円に換金。それをさらに現地でバーツに両替が良いのではと個人的に思うようになっています。

・ 証券会社でFXにチャレンジ。ちょっとやってみましたが、相場が激しく動くときは儲けも大きいのですが、損失も大きい。さらに言えば、為替の動きを四六時中監視していないといけないということも判明。

 逆に相場が動かないときは、ほとんど売買する必要もなくヒマ?儲けもなければ損失もない。時間的余裕があり、なおかつ金融知識が必要だなと感じました。

・ 王道は働いて稼ぐこと?ただ年金暮らしの年齢では難しい。また働きながら旅行に行こうというのは、時間的に難しい。この矛盾を解決するのが、ネットの副業だと思って試みていますが、普通にやっていたのでは時給換算で1時間400円ぐらいの収入にしかならないことが分かってきました。

 なかなかうまい方法はないなあ、と思いつつ旅行への情熱は覚めやらず、たとえ貯金が減ってでも「行ける時に行かないと後悔する」と自分に言い聞かせています。
 
 
 

第131回 ゴーゴーでの支払い時のチップの額

 ゴーゴーのビールの価格ですが、最安値はパッポンの「エレクトリックブルー」で、今は50Bぐらいだったと思います。「ぐらい」と書いているのは、実はあまり気にしていないからで、「安い」ということは覚えています。

 お店側としては、ビールを安くして集客を計ろうとしているのだと思いますが、「ビールが安いから入ろう」と考える人は少ないように思います。

 結局「安いから入ろう」と考える人は、お店の中でも「あまりお金を使いたくない」と思っていますから、飲んで眺めてさっさと帰るということになってしまいそうです。

 どこの店でもそうですが、結局ママさんでもウエイトレスさんでも、ステージ上の女の子でも、ともかく自分と相性の良い子が独りでもいれば、何となくその店に行ってみたい、という気持ちになるのだと思います。

 私の個人的な価値観ですから、タイの人の考え方や欧米人の感じ方とはまた違っているのかもしれませんが、行きつけの居酒屋さんなんかと同じような感覚です。

 話を戻して、そこで会計です。以前ビールが一杯40Bだったことがあって、これ幸いとばかりに一杯だけ飲んで会計。丁度20B札があったので、2枚渡して様子を見ると、さすがにウエイトレスさんが困った顔をしていることに気が付きました。

 「やっぱりチップが必要なんだ」と思ったので、すぐにニコッと笑って、さらに40Bを追加。合計80Bですが、それだけで喜んでくれました。

 40Bのビールで20Bのチップは普通なのだと思いますが、さらにちょっとお店側の気持ちを配慮して40Bのチップにすることによって、お店側の印象はずいぶん変わるようです。それでも合計80Bですから他の店に較べると安いです。

 合計100Bを気前良く?払う方法もありそうですが、今度は「あの客は気前が良いから、要求すればいくらでも払ってくれそうだ」ということになります。このあたりの微妙なやり取りが面白いなと感じます。

 その他、ハッピーアワーで80Bぐらいを設定している店もあるようで、その場合はきっちりと100B払って、お釣りはいらないよと告げてあげると、万事丸く収まるような気がします。

 120Bぐらいだと微妙。お釣りは80Bですが、50B札と10Bコインを3枚持ってくることが多いように感じます。私は基本的にチップは20~30B程度なんだろうと解釈していますので、コインの数を見て、そのまま残してくることが多いです。これは合計が150~160B程度のときも同様です。

 ちなみにまったくチップを渡さないという人もいるようですが、これは「初めてゴーゴーに入って、チップまで考える余裕が無かった」「店の対応に不満を感じた」「単にもったいないと思った」というようなことが原因かもしれませんが、特に文句を言われることはありません。

 ただ「チップチップ!」と叫ばれることはあると思います。

 

第129回 中国の人がぼったくり被害、請求書は良く見て

 バンコクのニュースを見ていたら、「シーフードレストランで中国人がぼったくり被害」という見出しがあり、金銭感覚が鋭いと思われる中国の人でもぼったくられることがあるのかと、ちょっと興味を持って内容を読ませてもらいました。

 お店の名前は「シーアユタヤ・シーフード・マーケット」だそうで、場所を調べたらARLのパヤタイ駅からスアンパッカード宮殿に向かって600mほど歩いた左側にあるみたいです。

 ニュースでは料理代金や税金、チップの合計額が8840Bと書かれていて、確かに大きな金額ですが、利用者の人数が不明。(他のブログで4人という数字が出ていました)メニューの料金表示がどうなっているのか不明。その場で抗議したのかしなかったのかも不明。

 というわけで、価格の表示は正しそうですが、ぼったくられたのかどうかはニュースの内容だけでは判然としませんでした。ただお絞り200Bというのは、度を越していますね。

 トリップアドバイザーでも「ぼったくり」が報告されているようですから、かなり意図的?ただ私もそうですが、時々請求書の内容を良く見ないで払ってしまって、ついでにテーブル上にチップを残すことがあるのですが、後で請求書を見たらしっかりサービス料が入っていたなんて事もあります。

 200~300B前後の支払いで、10%程度の上乗せが含まれていたということで、さらに20B程度チップを加えると、被害額は軽微ですが回数が重なれば結構な損失。

 意識して見るようにしているのですが、ついアルコールが入っていると、不注意かつ気が大きくなってしまうようです。
 
 さて今回の旅行でも、あちこちの店で夕食を楽しみ、その後はゴーゴー巡りをしていました。今回利用した店は、カウボーイが「シャーク」と「ライトハウス」。ナナが「レインボー234」の三店とマンダリン。パッポンが「エレクトリックブルー」「バダビン」「ピンクパンサー」「キングキャッスル12」の2店。

 すべて定番のお店ですが、これだけで数えてみたら11件。結構な数です。

 この中で、もっともカップルのお客さんが多かったのが「バダビン」。ほとんどすべてが欧米系のカップルです。中にはステージ上に上がって踊りだしたりする女性がいたり、フロアで一緒に踊っている女性がいたりと、なんだかダンスフロアみたい。

 酔っ払ってドローンとした目をしたおじさんが、ステージの女の子のダンスを眺めて楽しむ、という雰囲気とはちょっと違うなと感じました。

 たぶんバダビンのフロアの照明が暗いこと。割と真面目にダンスをする子が多いこと。さらに客が男性だろうが女性だろうが分け隔てなく笑顔をふりまく愛想の良い子が多いことが理由かなと思われます。

 ここはウエイトレスさんやママさんからの執拗なドリンク攻撃も少ないので、一人旅で初めてゴーゴーの世界を見てみようと思う人に向いている店かもしれません。もちろんぼったくりもありません。