fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第76回 リバーシティで読書

 バンコクで昼間は何をするか?という話を続けていますが、「何もしない」という選択肢もありそうです。すなわち宿泊先のホテルで寝ているということです。

 ただ私の場合、加齢のせいか日本では夜は10時半前後に寝て、朝は6~6時半の間におきるという生活が定着していますので、バンコクに行って夜遊びをしても、朝は7時か7時半には目が覚めてしまいます。

 その後は寝ようとしても眠れないので、結局は朝食を食べ、その日の行動予定を考え、さらに現地でもこういったブログを書くというようなことをやっています。つまり宿泊場所にこもって、基本的には「何もしない」ということです。

 またバンコクは昼間暑いので外出は短時間で済ませ、昼食後はホテルで昼寝ということも多いです。昼寝と言っても短いときは30分ぐらい。長くても1時間半ぐらいですが、これが結構気持ちが良く、夕方以降に活力を与えてくれます。

 というわけで、若い人なら寝坊、ある程度の年齢に達したら昼寝というのが、昼間の時間の過ごし方の一つになると思っていますので、その意味ではホテルの部屋の居心地のよさが問題になりそうです。また昼寝の前には軽くシャワーを浴びたりしますが、お湯の温度や湯量も気になるところです。

 そう考えるとホテルの施設や設備や、従業員さんの態度、ホテルの格ということも考えざるを得なくなり、ここのところ宿泊するホテルのグレードが少しずつ上がってきてしまいました。

 もう一つ何もしないということにはならないのかもしれませんが、私は読書が好きなので、景色の良いところで読書というのも選択肢の一つです。

 ただバンコクの場合、ショッピングモールの吹き抜けや高層ビルの最上階殻の景色は良いのですが、自然の景観を楽しめる場所が少ないです。結局向かうのはチャオプラヤエクスプレスの桟橋周辺。

 もちろんベンチに座って読書もよし、喫茶店やレストランがあればそこで飲み物を飲みながらということも考えられます。ただバンコクの場合、こういった店でしゃれた店は少ないのも問題。

 そんな中で、ここのところ個人的に気に入っているのがリバーシティ。川べりに結構広い空間が広がり、洋風のレストランやカフェがあります。

 すぐ近くに高級ホテルがあるせいか、歩いている人の品も割と良く、人も少ない。ここはお気に入りの休憩場所のひとつです。



 
 

第75回 漫画喫茶でくつろぐ

 昨年の年末バンコクではプロムポン駅周辺も歩いたのですが、そのとき工事中だった「エムクオーティエ」というショッピングビルが3月27日から先行オープンしているみたいですね。白っぽい美しいビルで、工事中の概観を見ても、高級感がありました。

 営業店舗には「ユニクロ」や「ビームス」「ソニー」「JTB」「紀伊国屋書店」というの日系ブランドも入るそうで、全店舗数が約130。こんなにあちこち商業施設を作って、過当競争になっていないのかというのが気になるところですが、新しく作るということはそれだけ売り上げがあるという見通しも立っているのだと思います。

 さてバンコクでの昼間の時間の過ごし方ですが、マッサージ、映画、読書と来て次が漫画喫茶です。

 私がここのところ頻繁に利用するようになったのは、「トンロー駅」から歩いて10分程度のところにある「KOTO」という漫画喫茶。トンロー駅の3番出口を出てソイ55を北上。400mほど歩いた先の小道を左折。30mぐらい先の右側です。

 日本ではこういった店を利用したことはありません。周辺には飲食店もあり、特にお隣のラーメン屋さんではなく、数軒手前の中国料理やさんはおいしかったです。

 もちろん「KOTO」でも、日本風の食事をすることも可能です。店はそれほど広くはありませんが、2階もあります。中央に机と椅子があり、壁際にびっしりと漫画本が並べられています。

 店に入ると一番奥に受付があるので、そこで飲み物や食事を注文して適当な座席に座ります。後は棚から好きな漫画を取ってきて読むだけ。値段的にも良心的に思えます。

 いつ行っても、私同様の暇な日本人?が、一生懸命漫画を読んでいます。週刊誌の最新号も置かれていますので、これも結構利用価値が大きそうです。

 またこの店までの途中の歩道沿いには、様々な飲食店があり、それらを見ているだけでも楽しいです。また駅近くにはタイ特有の、レストランと屋台の中間ぐらいに位置する、いわゆる食堂のような店もいくつかあり、最近は「おいしそうだな」と感じるようになりました。
 
 
 

第74回 読書好きは、本屋さんや古本屋さんへ

 私はまったく知りませんでしたが、LCCの「ノックスクート」という航空会社が、成田~ドンムアン空港の就航を予定し、すでにチケットも発売されているとか。

 時刻表を見ると、行きは成田発9時45分でバンコク着14時で結構使いやすそう。しかし帰りはバンコク発0時35分で成田着8時35分。帰ってきてすぐに仕事に行けるというメリットはありますが、想像するだけで疲れそう。

 座席配置はエコノミーが3-4-3席ですが、飛行時間が長いため、通常のLCCの狭い座席よりは少し広いと書かれています。またビジネスは2-4-2だそうです。逆にビジネスなのに横幅が結構狭そうに思えます。

 一方運賃ですが、ネットで調べても良く分かりません。しかも3月からチャーター便を運行という予定だったのが、安全審査体制の基準を満たしていないという指摘があり、運行を停止

 しかしすでにチケットは数万席以上販売済みだそうで、月曜以降ニュースになって騒がれるかもしれません。

 さて私は本を読むのが好きなので、海外旅行に行くときは事前に5~6冊の文庫本を図書館等で借りて、スーツケースが重くなるのも厭わず、現地でそれを読んでいます。

 読むのは、移動時の船(チャオプラヤエクスプレス)や電車の中、食事時が多いです。従っていつもショルダーバッグを肩から斜めにかけ、その中にデジカメ、ブログやホームページ作成用のメモ帳、地図(歩くバンコク)、文庫本を入れています。

 というわけで、バンコクで何をするかというテーマで書き続けているのですが、マッサージや映画館以外に、「読書」ということも多いと言いたいわけです。

 バンコク市街にはともかく飲食店が無数にありますので、疲れたらちょっと飲み物で休憩。ついでに読書というパターンが多く、また夜の飲み歩きでも、一人旅で、アルコールを飲みながら、ただ食べるだけでは手持ち無沙汰なので読書ということが多いです。

 というわけで、バンコクに通いだして以来、現地で本を探すこともあり、そんな時はいつもチットロム駅近くの伊勢丹にある「紀伊国屋書店」に行くことが多いです。

 ただここで和書を買うと、日本で買うより高くなってしまうのが困ります。というわけで、最近気がついたことがもう一つ。それは古本屋さん。

 プロムポン駅に近いソイ33/1には古本屋さんが2軒あって、文庫本等も充実。値段もそこそこ安い。ここで買えば日本からわざわざ持っていく必要もない。ついでに付近で食事もと考えれば、それだけで昼間やることが一つ増えます。

 
 

第73回 バンコク旅行中に映画館もおすすめ

 今日の朝刊に「タイ、戒厳令解除へ」という見出しが出ていました。現在解除をするかどうかの検討段階だそうですが、戒厳令という物々しい語句がなくなるのは、観光客にとってはありがたいことです。

 ただ、実際に旅行をしていると、「戒厳令」という語句はほとんど意識に上りません。逆に言えば、「戒厳令」があったために治安も安定している可能性もあります。

 ゴールデンウイーク中のバンコクは、今のところ人気がかなりあるようですから、戒厳令解除かもというニュースは、タイの観光業界には恵みとなりそうです。

 ところで、3月24日にバンコクでは大雨が降ったようで、スクンビットのロビンソンデパートの地下にあるスーパーが浸水なんていう記事がネットに出ています。

 まあバンコクに大雨と洪水はつき物ですが、これに対する都知事の発言「洪水がいやなら山に移り住むしかない」という責任転嫁とも取れる発言は、いかにもバンコクらしいです。日本なら進退問題に発展しそうです。

 バンコクでは、この週末モーターショーが一般公開されているようですが、そこで来場者をひきつけているのがコンパニオンなんだそうで、写真も出ていますが確かに若くて美しい。一見の価値があるかもしれません。

 さてバンコク旅行で昼間に何をするかですが、最近私は映画館に良く行くようになりました。日本で行くより頻度が多いかもしれません。

 上映されているのはタイ語または英語ですから、内容が分かりやすいものを選ぶしかないのですが、料金も安く、椅子も座り心地がよく、空間も広め。それほど混雑することもないので気に入っています。

 音響も良く、シートもちょっと高いペアシートみたいなものがあって、映画館でビジネスクラスを楽しめる雰囲気。また公開れるのも何故か日本より早いので、最新作を誰よりも早く見ることができます。

 注意事項としては、本編が始まる直前に国王の映像が流れ全員が起立すること。これは観光客も全員立ち上がっています。また会場内が寒いこと。かなり冷えるので、Tシャツ、半ズボンだと途中でトイレに行くことになりそうです。  

  
 

第72回 プルンチット駅近くの「ザ・タッチ」はおすすめです

 ドイツのLCC墜落事故は、副機長さんの意図的な操縦が原因という推測がニュースとなっていてびっくり。労務管理の問題かなという気もしましたが、テロ対策でコックピットには内鍵しかないということにも驚かされました。

 確かにテロ対策にはなると思われますが、一人で操縦していて、突然病気で体調不良なんてことになったらどうするんでしょう?意図的な墜落事故を自動的に防ぐようなオートパイロットのプログラムは組み込まれていないのでしょうか?

 「LCCだから」という言葉が今後もついて回りそうで、航空業界に対する不信感も増えるのではないかなと思います。

 さて「バンコクで昼間に何をするか?」という話から、疲れたおじさんには、日本に較べると割安なマッサージが良いと思い、いろいろ気がついたことをまとめています。

 ただ私がこれまで利用したことがあるお店は7店舗ぐらいしかありません。一度気に入ると、再度その店に行くことが多くなるので、新しい店をわざわざ探そうという気にもなれません。

 その7つは「バンコク ぶらり一人旅」というサイトでもまとめています。その中で利用頻度も高く、もっともよいなと感じている店が
BTSのプルンチット駅から5分ほど歩いたところにある「ザ・タッチ」という店です。

 駅から6番出口を出てちょっとユーターン。ノボテルホテルの脇の道を左折。数百m歩いて左折し30mぐらい。最後に左折をしなくてはいけないので、この左折の道がちょっと分かりにくいです。すぐ手前にコンビニがありますので、その先を左折と覚えておくと分かりやすいです。

 ここでお勧めなのが「フット+ヘッド・ショルダー・バック」というコース。定番のフットマッサージに加えて、多くのサラリーマンの方が悩む、いわゆる肩こりに効くコースです。

 揉むほうはかなり力が要るのではないかと思いますが、後ろから背中や肩に手を入れて、じわ~っと力を入れてくれるので、なんとも気持ちが良いです。

 この価格が、以前は350Bでした。いつもチップを100Bぐらい渡しているので、総額450B。これで至福の時間を過ごせます。

 ちなみに最近バンコクでは男性のマッサージ士さんが増えています。店によっては客の意向を一切気にしませんが、この店は「男性でも良いですか?」と聞いてくれるのもうれしいです。

 男性でもまったく問題ないという人も多いかもしれませんが、私は床屋さんなら問題ないですが、体をさすられたり揉まれたりするのはやはり女性が良いなと感じてしまいます。