fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1990回 ホリデイインバンコク

 今日の埼玉は朝から良い天気。気温も高め。天気予報を見ると、この後昼に向かって気温もぐんぐん上昇。場合によっては25℃になるみたいで、「こりゃ半袖の準備も必要だな」という感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は23584名。昨日は24592名、一昨日が24792名となっていますから、かろうじて25000名を下回っている状態。

 バンコクが2967名、チョンブリが1191名ですから、私の感覚では厳しいなと思えますが、だんだんこういった数字にも慣れてきて、若い人は気にならないのかもしれません。

newsclip.beより

 ガソリン価格が上昇しているので、いずれサーチャージにも影響するだろうなとは思っていました。JALは4/1発券分から、サーチャージを値上げするそうです。

 タイ便は片道8500円から9800円になるみたい。往復で2600円の値上げ。しかし今の状態が続くと6月からは更に値上げということも考えられ、夏の旅行計画に影響が大きそうです。

 さて調査する順番が逆になってしまいましたが、チットロム駅の西側、インターコンチネンタル・バンコクに向かう途中にホリデイイン・バンコクというホテルがあります。駅からは150mくらい。

 ホリデイインというホテル名はなんか気安さを感じますが、高級ホテルではないという印象を受けていました。実際BTSの高架橋から見える建物の外観は大きな特徴も感じられず、「普通のビジネスホテルだな」という印象を持っています。

 ちなみに宿泊価格を調べる過程で分かったことですが、どうやらシニア割引価格というのもあるみたいで、ほんの少しですがさらに安くなるみたいです。


 改めて調べてみると、グーグルマップの口コミ評価は4.4で4つ星ホテルとなっていて、ちょっと印象が変わりました。提示されている宿泊価格を見ると1泊が7500円前後でかなり安い。

 駅から近く4つ星ホテルでこの価格というのは、やはり施設の老朽化が進んでいるのかなという感想ですが、いくつか口コミを読んでみても、あまり悪評はない感じ。リピーターも多いようです。

 公式サイトにジャンプして宿泊価格を確認すると、最低料金が2060Bとなっていました。トップページに掲載されているホテル外観の画像は、BTS高架からの眺めとはちょっと違ってそこそこ高級感がありそうです。

 部屋の設備はどうなのかなと見てみましたが、通常の部屋にはバスタブがないみたい。スイートにはありそう。スイートは68m2と書かれているのでかなり広い。というか一人では広すぎる感じ。
 
 私にはバスタブがないことがネックになりそうですが、気にならなければ駅からは近いし、従業員さんのサービスも良さそうなので、リピーターが多いことも分かるような気がします。


 

第1987回 ノボテルバンコク・プルンチットスクンビット

 今日の埼玉は朝から寒い。ちょっと冬が戻った感じ。先ほどゴミを捨ててきましたが、冷たい北風も吹いているようです。 明日は気温も上がり、19℃の予報になっているようですが、その分花粉も多く飛びそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は23618名。週末にかけて増加する傾向があるとはいうものの、やはり2万名台が定着した感じです。
 
 日本の新規感染者数も、個人的には下げ止まってきたなと思っているので、今後は再び反転するのかもしれません。4月初めに国内旅行に行こうと思い、国内線のチケットを先日予約しましたが、その先ホテルの決定に躊躇しています。

アジアトラベルノートより
 
 タイ・エアアジアXが5月1日より成田~バンコク便を再開する予定だそうです。料金は15500円~だそうで、距離を考えると信じられないぐらい安いです。
 
 スケジュールを見ると、行きの成田発が9時15分となっていて、結構朝が早い。一方帰りはバンコク発が23時50分の夜行便ということで、体力に自信が持てない私は利用できなさそうです。
 
 しかし最終日夜の9時ぐらいまで遊んで帰国ということも出来そうで、若い体力のある人向きだなという気もします。

 さて今日はグーグルマップでナナ駅の隣、プルンチット駅を見ています。駅の真ん前東南側に「ノボテル・バンコク・プルンチット・スクンビット」というホテルがあります。

 駅からは高架では結ばれていないものの、駅から階段を降りてスクンビット通りに出て30mほど歩くとホテルの入り口になります。ただ敷地が狭いせいか、ホテル前のロータリーはかなり狭いです。

 グーグルマップでの口コミ評価は4.5で4つ星ホテルとなっています。表示されている宿泊価格を見ると6000円台が多い。過去に私も宿泊したことがあるホテルですが、当時の宿泊価格は1万前後だったと記憶しているので、ちょっと値下がり気味?

 いくつか口コミを読んでみましたが、値下がりの理由が不明。私も感じましたが、スタッフの対応は良かったです。ということはやはり施設の老朽化と部屋の狭さで値段が下がっているのかも。
 
 公式サイトに飛んでキングサイズベッドのスーペリアルームを見てみると、価格が5400円ぐらい。写真で見る限りですが、部屋の広さは25m2前後ですがバスタブがないことが日本人にとっては、大きな欠点かも。

 しかしバスタブの有無を気にしない人にとっては、この値段だったら利用価値は大きそう。ともかく駅からの利便性は抜群です。

 ちなみにこのホテルからソイ4のナナプラザまでは400mぐらい。ナナ駅からナナプラザまでは300mぐらいですから、ちょっと遠い。ただ気軽に歩いて行けるのは間違いなさそうです。
 
 

第1989回 インターコンチネンタルバンコク

 3回目接種の副反応は結局接種部位の痛みだけで終了したようです。接種3日目の今日の朝にはその痛みもほとんどなくなりました。

 感覚的なものですが、1回目接種の副反応とよく似ているので、それだけ体内の抗体量が減少し、1回目の接種を受けた状態に戻っていたのではという気もします。

 しかし国は4回目の接種の検討を始めたということですから、半年後にはまた接種を受けるかどうかの判断を迫られるような気がします。

 ちなみに日本全体の感染者数は、歩みこそのろいものの3回目接種の普及につれて緩やかに減少しているような気もします。

 結局第5次の感染拡大が急速に減少した理由は今も明確な説明がありませんが、やはり2回目接種が急速に進んだことが原因であるというように感じます。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は 22984名で再び2万名越え。地域別ではバンコクが3192名、チョンブリ978名だそうで、まだまだ安心できるレベルではなさそう。

 タイで3回目の接種を終えたのは2100万人を越えているみたいなので、接種率はちょうど30%ぐらい。日本よりは普及しているので、もう少し感染者数が減ってもいいのではという気もするのですが、もしかすると当初に使用した中国製のワクチン効果が十分でなかったのではという気もします。

 ちなみにタイで現在利用されている3回目のワクチンはアストラゼネカ、ファイザー、モデルナとなっているようで、交差接種の組み合わせも人によって様々になっているようです。

 さてBTS至近のホテルを調べています。今日はチットロム駅。初めてタイに行ったときから伊勢丹に行くために利用するようになっている駅です。

 駅を降りて西に向かい200mほどのところの北側に、超高級ホテルだという認識だった「インターコンチネンタルバンコク」があります。

 BTSの高架からホテルの入り口付近を見下ろすと、真っ白な制服に身を包んだドアマンがいつも立っていて、「すごい高級ホテルなんだな」という印象でした。

 その後旅行中にホテル内の中華料理レストラン(サマーパレス)を利用したこともあるのですが、従業員さんの対応は洗練されているものの、意外に人懐っこく、良い印象でした。料理の味も良く、値段も高級ホテルにしてはまあ妥当という印象でした。

 改めて今の宿泊価格を公式サイトで見ると1泊が1.6万円ぐらい。個人的には予算オーバーですが、一度ぐらい超高級ホテルに宿泊してもいいなと考えれば、なんとかなりそうな気もします。
 
 部屋ですが、「クラシックルーム」というのが一番スタンダードな部屋のようで45m2。バスルームにはバスタブと独立したシャワールームがあるみたい。

 レビュー評価も高く、いくつか読んでみましたが、概して朝食の評価が高いみたい。私の気持ちの中では、気になるホテルの一つ
として記憶されました。


 

第1985回 ランドマークバンコク

 ロシアとウクライナは話し合いを行うことが決まったようで、先ずは良かったなと思っています。しかし他国に軍隊を進めておいて、話し合いをしてもいいぞと呼びかけるのは、上から目線だなあという気もします。

 対するに欧米各国は経済的な制裁で対抗していますが、一定の効果はあるように見えます。またロシア国内でプーチンさんに対する抗議活動も活発になっているみたい。

 そういった背景があれば、ロシアから派遣された軍も、いまいち攻撃に力が入らないということも考えられます。ただ現実には市民が巻き添えを食っているわけですから、到底許しがたい蛮行であることは間違いなさそう。

 ちなみに経済制裁を行えば、それが制裁を行った国にも影響が跳ねかえり、日本もさらなる物価高が予想されているようですが、頭の上を銃弾が飛び交うような生活環境に比べればはるかに平穏であるという気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は24719名。昨日の発表は25615名だったみたいで、2.5万名前後というのが常態化してきました。

 この数字が続くようだと、いくらタイランドパスを適用してタイに来てくださいと言われても、ちょっと不安。しかも日本の首都圏に出されているまん延防止措置は、どうやら延長することになりそうな気配です。

 3月上旬に解除。中旬以降は旅行に行けるかと思っていたのですが、流れは2~3週間の延長みたいですから、結局3/20前後までは国内も海外へも動きにくいということになりそうです。

 さて、今日もナナ駅に近いホテルを見ています。ナナ駅西側100mほどのところに「ザ・ランドマーク・バンコク」という5つ星ホテルがあります。

 グーグルマップでの口コミ評価は4.4です。1泊の料金は1万円前後。かつて宿泊した経験があります。印象は、高級ホテルとしての体裁は保っているものの、その体裁は主に様々なレストランの価格に反映されている感じ。
 
 従業員さんの態度は割と洗練されていて感じが良い印象は受けましたがビジネスライク。フレンドリーさはほとんど感じませんでした。

 部屋も普通。私が案内された部屋はたまたまかもしれませんがツインの部屋でバスタブなし。これは結構ショックでした。この価格でバスタブがないの?という感じ。
 
 ちなみに併設されているレストランもいくつかあるのですが、メニューを見るとかなり高い。ソイ4あたりまで歩けば数百Bで食べられる料理が倍ぐらいの価格。

 スクンビット通りを見下ろす通り沿いのレストランで、ちょっと高級感を感じながら食事をしたこともありますが、味はまあ普通。働いている従業員さんも動きが緩慢で、隅っこの方で立ち話をしている姿が印象的でした。

 公式サイトで現在の価格を確認すると30m2のプレミアムルームが9440円からとなっていました。またどうやらテスト&ゴーパッケージにも対応しているようですが、1泊が21322円となっています。


 

第1984回 グランドスクンビットホテルバンコク

 遂にロシアがウクライナに侵攻。まあロシアにはロシアなりの侵攻理由があるのだと思いますが、軍隊を動かして隣国を攻撃するというのは到底許されない行為だと思います。

 これに対して日本も含めた欧米各国は次々と制裁を発表していますが、どれほどの効果があるのか?とはいえ、何もしなければ侵攻を認めたということになるのかも。

 今回は岸田総理が制裁についていろいろ言っていましたが、「欧米各国と歩調を合わせて」という言い方は、「何か迫力がないな」という気もします。

 ちなみにタイのパタヤのお隣ジョムティエンビーチにはロシアからの多くの観光客が滞在しているという話も聞いています。今後そういった人たちは少し肩身の狭い思いをするのではという気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 前回の記事でタイの新型コロナ新規感染者数は、週末に2万名を越すかもと書きましたが、今日発表されている数値は23557名で、ある意味予想通りだったと言えそう。

 いったん下火になりかけた感染者数が再び増加と言うのは、世界のあちこちでも同様の現象が起きているようで、日本も今は感染者数が減少に転じていますが、もしかすると再び増加するのではという不安も感じます。

 日本の感染者がこのまま減少すれば、3月半ばには落ち着くので、ちょっと国内旅行が楽しめるかもと思っていたのですが、ロシアのウクライナ侵攻によって物価高が誘発され、さらに感染者数が反転となると、まだまだ我慢の時が続くのかもしれません。

 ちなみに昨日車にガソリンを給油しましたが、1リットルが165円ぐらいでした。このあたりはガソリン価格が相場よりも比較的安い地域ですが、165円となると、オチオチ給油も出来ません。

 さて、ナナ駅近くにあるホテルですが、今日は南側ソイ6に入って200m弱の所にある「グランドスクンビットホテルバンコク」を見ています。

 このソイ6はソイ4方面からの一方通行の抜け道にもなっていて、ホテルまでの道幅は狭いのに交通量も多いです。このホテルを正面に見て右折するとパチャラスイート、シトラススイーツ6というホテルもあって、私も何回か利用したことがあります。
 
 ただグランドスクンビットの利用経験はなし。グーグルマップの口コミ評価は4.1となっているので、5つ星ホテルと書かれている割にはちょっと低い感じ。

 ただ口コミをいくつか読んでみましたが割と好印象のものが多いようです。問題点は施設が少し古くなっている事でしょうか。
 
 公式サイトを探し出して1キングサイズベッドのデラックスルームというカテゴリーを見てみると、広さは36m2となっていて、バスタブもあるみたい。

 まあ普通のホテルだなという感じ。ただ公式サイトで宿泊料金を探したのですが見つかりませんでした。