FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1705回 ストリートビューで10年前のソイカウボーイを見学

  朝から素晴らしい青空が広がっている埼玉ですが、その分冷え込みがきつかったみたい。朝食時雨戸を開けるために窓を開けたら、とんでもない冷たさの外気が流れ込んできてびっくりです。

 水道の水も凍り付く寸前。洗顔のために蛇口を捻ったら、何やらシャリシャリした音と共に水が出てきました。たぶん水温は0℃か1℃ぐらいだったのではと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は171名。昨日から半減。13名はタイに入国した人。125名が外国人労働者。33名がタイ人の国内感染者。

 なんか落ち着いてきた感じ。羨ましいなと感じますが、日本と比べてタイの対応は早いなといつも感じます。日本は何故か、コロナより経済を重視する姿勢が鮮明で、何をやるにも少しずつ小出し。

 しかもその小出しにする時期が遅いという印象が強いです。しかも今ごろになって、特措法の審議が行われるみたいで、今度は罰則も強化されるみたい。

 gotoキャンペーンで外出を煽っておいて、感染者数が急増し内閣の支持率が下がってきたら慌てて罰則強化というのでは、なんか矛盾するなあという印象を持っています。

 この際年末年始に仕事をしていなかった?国会議員さんの収入も少しカットしてもらって、それらを医療や飲食店の支援金に回したらどうかとか、今後違反店を公表して罰則を科すなら、夜の会食をやめられない議員さんにも罰則を適用していもいいのではという気がします。

 さて昨日に引き続いてグーグルマップのストリートビューで、今日はスクンビット駅からソイカウボーイあたりのストリートビューを見ています。

 MRTの駅のエスカレーターを上がってアソーク通り(ソイ21)に出ます。正面には夜になるといつも小さなアルコール屋台が出現する出口ですが、昼間は何もなし。

 ここを左折すると交差点の角で左側には今はエクスチェンジタワーというのが出来ていますが、初めてタイに行ったとき、この一角は工事中でフェンスで囲まれていました。

 人通りも少なく、「すごい怪しい場所だな」と感じながらその先まで歩いて、不安を感じてUターン。MRT出口を右折してアソーク通りを北上していくと20mほどで、突然人の数が増え、あちこちから音楽と嬌声が聞こえてきたことを今も思い出します。

 そういった雰囲気に気おされながらその路地に入ると、両側にビアバー。それだけならともかく、それらの店の前に水着姿の女性たちがいて客引きをしている感じ。

 その様子は妙に明るい。高校や大学の文化祭で、客引きをする生徒や学生の雰囲気。「へえ~、こんな感じの場所だったんだ」と思いつつさらに奥に進もうとすると、私に声掛けをして、腕をつかむ女性もいたりしてびっくり。

 懐かしい思い出ですが、今グーグルマップで見ることが出来る情景は2011年の12月頃のものみたい。ちょうど10年前の情景。基本的なお店の並びは変わっていないみたいです。
 
 

第1695回 タイの新型コロナ死亡率は驚異の0.7%

 日本では連日新型コロナの感染拡大が続き、現実に一部の病院で医療崩壊が起きつつあるようなニュースも散見されるようになりました。

 ここにきてようやく国は、明日から関東1都3県の緊急事態宣言を出すみたいですが、すでにかなり出遅れている印象です。しかもその宣言の内容は、経済や各種業界の顔色を窺うようなユルイ内容になるみたいで、「それで本当に抑え込めるのか?」と不安になります。

 結果的にチマチマとして宣言を行うたびに財政出動を繰り返しているわけで、今後も感染拡大が続きオリンピックの実施も危ういとなれば、もはや医療だけでなく経済も崩壊ということになるのかも。

 だからこそオリンピックだけはやらなければならないということなのかもしれませんが、世界の現状を見ると、ワクチン接種が始まったとはいえ、それが効力を発揮するのを確認するためには少なくとも半年ぐらいかかるはず。

 そう考えると、経済やオリンピック実施にこだわり続けている現状は、登頂直前に、気象の激変に遭遇しているにもかかわらず、山登りを断念できない登山家の心境に似ているようにも感じられます。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は527名。昨日よりは減りました。6人はタイ入国した人。439人が外国人労働者。その他国内感染者は82人とのことです。

 春ごろに、シンガポールでもそれまで抑制されていた感染者数が激増したことがありましたが、この時も発端は外国人労働者でした。

 こういった人たちの住居環境は多数の人が集まって暮らしているようですから、一度感染が始まると手が付けられないということなのかも。ただシンガポールはその後抑え込みに成功し、今はそれほど目立っていません。

 小さな国で機動力が高いのではないかと思っています。日本は庶民のモラルは比較的高いと思っていますが、それに安住して機動力を発揮できない国の統率力というか、将来を見通して行動する力が弱いように感じています。

 ちなみに現在のタイの累計感染者数は8966名。亡くなられた方は65名だそうで、この数字が正しければ驚異の低死亡率(0.7%)ということになりそうです。

 日本は累計感染者数が253491名で亡くなられた方が3755名だそうですから、1.48%です。つまりタイは日本の半分以下という結果になります。

 なお世界全体では、JohnsHopikins大学の昨日の数字では、累計感染者数が85624961人で亡くなられた人数が1851153人で、死亡率は2.16%になっています。

 この2.16%という数字は。、昨年4月下旬に7%に達していましたが、その後日々じわじわと低下しています。 
 

第1690回 ネットでカウントダウンイベント?

  昨日、かかりつけの診療所で血液検査結果をもらってきましたが、数値的にはほぼパーフェクトでした。医者からも「これで安心して年が越せますね」といううれしい言葉ももらって、ちょっと弾むような足取りで帰宅です。

 しかし今日の日本の新型コロナ新規感染者数は3700名越え。個人的に3400名は越すだろうなと、昨日までの新規感染者数のグラフを見て予想していましたが、予想値は大きく外れた感じ。

 しかも悪い方向に外れたみたい。もともと今回の感染のピークは年末年始になるのではと、個人的に新規感染者のグラフを見て思っていたのですが、もしかするともう少しピークが後ろにずれて、感染者数も5000名を越えるかもと思うようになってきました。

 というわけで、今年の年末年始は例年とは比べものにならないほど、静かな日本になるのではと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は67名。内9人は海外から。つまりタイ国内の感染者(陽性者?)数は58人。タイ各地でポツリポツリと見つかっている感じ。ただ症状についての記載はありません。

 一方感染拡大に伴って、タイでも医療従事者に対する差別が問題になっています。具体的にはKFCが、お店を利用しようとした医療従事者に対してサービスを拒否。

 これについてフェースブックに投稿。その後大炎上、KFCが謝罪したというもの。確かに拒否した店側の気持ちも分からないではないですが、相手が医療従事者なら逆に応援してあげれば、良い意味で宣伝になったのかも。

 しかし日本国内でもこれと似たようなことが、現在毎日のように起きているはずで、該当した医療関係者たちは不満に思いつつも、そんなことで声を上げている暇はないという心境なのかも。

 ちなみに感染が拡大しているタイでは、年末年始のイベントがすべて中止ということになったようですが、どうやら年越し花火等のイベントはネットで見ることが出来るようです。

 アイコンサイアムでは2万5千発の花火を打ち上げて、それをネットで中継するということみたい。これは見てみたいなという気もしますが、11時40分開始と書かれていて、私は断念。

 時差の関係で、日本のこの時の時刻は深夜の1時40分。早寝早起きで健康維持を目指している私は、普段は10時半に寝てしまいます。

 大晦日の日は、さすがに11時ぐらいまで起きていることもありますが、11時半にはベッドへ。ベッドの中で遠くから聞こえてくる除夜の鐘の音を聞いて眠りにつくというのが毎年のパターンです。

 まあ元旦以降、ユーチューブ等にその様子がアップされるのではと思っています。