FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1536回 夜のお店の再開判断はいつ頃?

 今日の埼玉は妙に涼しい。曇り空で湿度も高いみたい。食中毒の季節ですね。食べ物の管理に気をつけようと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は2名増加で3033名。2857名が回復だそうですが、これは昨日と同じ人数。亡くなられた方56名も、人数に変化なし。

 というわけで、いまだに夜間外出禁止令が出ているものの、商業活動は少しずつ再開中。となると日本人旅行者が気になるのは、航空路線の再開時期と自粛隔離14日間という制限がなくなる時期であるような気がします。

 しかしその他にも入国に際して健康証明書が必要という規制もあり、今のところ基本的に入国は不可能。その上、夜間に繁華街をうろつくのも禁止となると、行けないし行っても遊べない。

 てなわけで、夜間のお遊び系のお店が復活する時期も気になるところですが、そんな中、タイのCOVID-19状況管理センターが、今後の感染者増が1桁台を維持できれば、夜間のお店も数週間のうちに再開できるかもと明らかにしたそうです。

 タイの経済はこういった夜間のお店の営業が寄与している部分は大きいと思うので、当局の本音はなるべく早く再開したいのではという気もします。

 ただ5/17にモールが解禁した瞬間客が殺到したそうですから、この人たちの中で感染者が現れれば、その影響は今月末から来月初めにかけての感染者数増になって表れそうです。

 という事は、逆に考えるとその頃が判断の分かれ目かもしれません。たぶんすでにタイで一か月以上の長期滞在をしている人は、その日を待ち望んでいて、ナナあたりのビアバーが一気に活況を呈するのかなという気もします。

バンコクポストより
 
 営業が再開されつつあるバンコク名物の屋台でも、ソーシャルディスタンスを確保するために、一人一人が離れて座り、さらに対面にもならないように、同じ向きに着席するようになったみたいです。

 また大きな店では、4人掛けテーブルがなくなり2人掛けとなり、さらにその二人の間にはビニールフェンスが設置。もとより大声による会話も控えるように言われていますから、聞こえるのは調理や食器がぶつかる音、料理を注文する声ぐらい?

 リンク先には画像も出ていますが、なんかこれまでの雰囲気と大きく変わりました。英語なので文章を読むのは苦痛ですが、画像を見ると言いたいことがすぐ分かるような気もします。

 しかしだとすると大声で、はカウンター席に座って、外の景色を楽しみながら会話を交わしていたビアバーの営業形態はどうなるのか?

 話好きな欧米人には辛い状況かも。逆にこういったバーでも、静かにアルコールを飲む日本人観光客は、落ち着いて飲むことが出来そう。

 そんな時、店の奥から派手なロックではなく、落ち着いたジャズ等が聞こえてくれば、気分は最高?てなことを考えながら、今は再開の時期をと待つのみですね。



 

第1489回 タイ保健相がナイトスポットの一時閉鎖に言及

 土曜から本日月曜まで、埼玉県はちょっと冬に逆戻り。この機に乗じてファンヒーター内の灯油を使い切りましたが、逆にエアコンの暖房だけでは結構寒いなと感じました。

 タイの大気汚染状況はバンコク近郊は60~160程度とまずまずの値のようですが、北部チェンマイ方面は150から中には500近いう数字が並んでいて、中国よりも悲惨な状況です。

 とはいえ、タイランドハイパーリンクスによれば、日本~タイ間の航空路線が次から次へと減便、運休になっているようですから、今や行こうと思ってもなかなか行けない。

 行ってしまったらなかなか帰ってこれないという状況になっています。特にLCCだと、ある日突然フライトキャンセルという事になるようで、旅行に行けないどころか支払った航空運賃の返金システムも体験談を読むと面倒そう。

 まあそういった事務手続きを極限まで減らして低価格を実現しているという事ですから、今の時期にどうしても仕事で行かなければならないとしたらLCCは避けた方がいいだろうなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイでも新型コロナウイルスの感染者がじわじわ増えているようですが、そんな中ラムカムヘン病院がドライブスルー方式の感染検査を始めたという記事が出ています。

 あまりなじみのない名前の病院だなと思ったのですが、スワンナプーム空港とバンコク市街を結ぶARLの北側にあるみたいです。

 価格は6500Bで午前中に検査をすれば午後には結果が分かるという事みたい。ちなみに症状がなくても検査が可能という事で、外国人にも適用されるのかどうかは不明。

 さらにタイの感染者は32人増えて114人となったということですが、どうやら日本人居住区でも感染者が見つかり始めたようです。

 またタイ保健相がナイトスポットの一時閉鎖に言及したという記事も出ていて、夜遊び派には衝撃を与えそう。まあゴーゴーなんかは、密室で人々が群れ集っていますから、万が一そこに感染者がいれば、瞬く間に感染が広がりそう。

 ただし昼間は観光、夜間はこういった場所に入り浸って楽しむことを目的に旅行に出かける私のような観光客は、これが決まるとバンコク旅行の楽しみの3分の1が失われるなと感じています。

 私の場合の旅行の楽しみは、行き帰りの移動やホテル滞在を楽しむのが3分の1。到着後昼の観光や買い物での楽しみが3分の1、そして夜の食事と食後のお楽しみというのが3分の1だと思っています。

 しかし現地で最も衝撃を受けているのは、こういった場所で営業をしている経営者や従業員さんたちだろうなとも思います。例え2週間でも経営が出来なければ、倒産閉店という店が続出するのではという気もします。


 

第1485回 感染拡大でソンクラーンが中止、ムエタイも無観客

 今日の埼玉は朝から雨。しかし気温は高い。昨晩は冬用の布団だと暑いぐらいでした。そのせいか逆にちょっと寝苦しく感じられ、起きたらいつもの起床時間を大幅超過。

 まあ寝坊したからと言って仕事があるわけではないのですが、なんとなく生活のリズムが狂うなという印象です。

 昨日は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、為替が突然激しく円高に振れ、今日もその状態を維持しているようです。 現在のバーツはヤフーファイナンスによれば、1Bが3.27円ぐらい。

 単純計算で1万円が3058Bとなります。さらに原油安も進んでいるようで、今後のサーチャージの価格に大きな影響が出そうです。

 一方で今日も株価は大幅安で、私の持ち株も大きく値下がりし、旅行予算に影響が出ています。とはいえ、現状は資産の目減りより、新型コロナウイルスに自分自身が感染しないようにしないといけない。

 自分にとって何が一番大事かという事を考えつつ行動しようと思っています。ちなみにタイランドハイパーリンクスを見たら、トップページの両替計算コーナーでは、1万円が3070Bと表示されています。

newsclip.beより

 タイで行われる最大のイベントであるソンクランは4/13~4/15に行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止になりました。

 まあそれでも一部の地域では私的に行われることもあるかと思いますが、そもそも旅行客自体も少ないはずで、盛り上がらないことは間違いなさそうです。

バンコクポストより

 日本の空港もそうですが、タイの空港もガラガラ状態となっているようで、日本同様観光客の消費に頼っているタイの経済成長率も今年は著しく下降しそう。

ヤフーニュースより

 日本国内では無観客試合が行われるようになり、「うわ、こりゃすごいや」と思ったのが大相撲。普段ほぼ満席の升席に人がいない状態は、ある意味斬新。

 しかし声援も聞こえない中で淡々と進められる取り組みは、テレビで見ていてもいまいち面白くない。やはり拍手や歓声、「お~!」というどよめきが聞こえないと面白くないんだなという事が良く分かりました。

 一方タイで盛り上がる戦いと言えばムエタイですが、どうやらこれも無観客試合となったようです。私がタイでムエタイもどきの試合を見たのはパタヤのウォーキングストリート沿いで行われている、観光客相手の試合だけ。

 しかしキックが相手の体に当たった時の音はかなり激しい。仕事とはいえ体の負担が大きいだろうなと、感じました。しかしホテルのテレビでは、この手の試合がいつも放映されています。

 大相撲同様、国民的スポーツなのかなという気もします。それが無観客試合ということは、やはりタイ当局も感染拡大に神経を尖らせているという事なのだと思います。