FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1539回 9月以降なら旅行が可能かも

 埼玉は天気に恵まれた土日でした。懸念だった緊急事態宣言も、今日の夕方全面解除宣言が出るみたいで、本日深夜の0時から解除。という事は明日は朝から交通機関が混雑?。

 昨晩のテレビのニュースでは解除を察知した若者が、早くもレストランでビールを飲んで喜びの声を上げる映像が流れていましたが、放映対象となったレストランでの3密対策はほとんど感じられませんでした。

 その点、タイのレストランでの横並びを意識した同じ向きに座るシートや対面の場合のビニールシート、エレベーター乗車の際の外向きに立つ等の取り組みの方が進んでいるようにも感じられます。

タイランドハイパーリンクスより

 と思っていたら、今日のタイランドハイパーリンクスでは、こういった対策処置をしていない違反飲食店が増加という記事を発見。タイ全土で一律に小規模店も含めて対策をするという事は難しいんだなという印象です。

 タイの感染者数は金曜日の記事で3037人と書きましたが、三日後の今日は3名増加の3040人となっています。ただし昨日の増加数は0名で、すでに2916人が回復。5/9以降亡くなられた方は一人も増えておらず56名のまま。治療中の方は63名。

 日本でも規制が解除される方向となり、タイでも感染者減が続いていますから、当然タイに行けるのはいつか?という関心も高まりそう。

 5/23付の読売新聞の記事によれば、日本国政府は6月中は入国制限継続、夏以降は企業関係者に対象を絞るという事のようで、一般旅行者は夏場でも入国できないみたい。

 一方出国の方はこの記事では触れられていないので、要するに出国で向かう国の事情によると判断できそう。

 タイの方でも現在は6月いっぱいまで飛行禁止が延長されています。その後徐々に緩和されるのだと思いますが、日本と同様な判断をすると考えると、最初にタイ入国を認められるのは、やはりビジネス関係者?

 その後、タイ国内での2次感染が起きるかどうかの確認を経て8月以降に判断?という事はどんなに早くても9月以降?それまでは自身が感染しないことを第一目標にして、せっせと貯蓄に励んで旅行資金の確保が無難そうです。

 てなわけで、現状から考えると、個人的な考えですが9月ぐらいには個人旅行が可能になるかも。そう思って改めてカレンダーを見たら9月下旬に4連休がある。

 当然解除が進んでいればこの時期は大混雑になりそうですが、狙っている人は多いのかも。この連休を逃すと次の連休は11月。この頃には限りなく通常運行に近づいているのではという気もします。

 というわけで、このところもし行けるようになったら、どこに宿泊しようかと考える時間も増えています。旅行はこの計画段階も楽しみの一つ。

 ツアーもいいのですが、ツアーの場合は生んで決める楽しみが奪われてしまうなと考えています。


 

第1532回 タイの新規感染者は0名

 今日も埼玉は朝から良い天気。ただ土日の天気は悪そう。このところ日曜前後に雨が降ることが多いなと思っています。日本は本日、一部の都道府県を除いて外出自粛規制の解除が行われる予定。

 夕方から、例によって安倍総理が、言葉は丁寧ですが、言いたいことがはっきりしない会見を行うのだと思いますが、総理を取り巻く人の中にパワーポイント等で説明する方法を教えてあげる人はいないのでしょうか?

 頭の良い方だと思うし、私よりも1歳年下なので、コンピューターも扱える年代なのではないかと思っているのですが、良く分からない自宅で寛ぐコラボ画像を除くと、スマホやタブレットを直接いじっている姿は見たことがありません。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナウイルスの感染者増はなんと0名。4/28以降、5月の初めに一度だけ18名増という記録がありますが、それ以外はすべて一桁増。

 そして今日ついに0名の発表という事で、関係者もほっと胸をなでおろしていると思われます。この間、2/10からの累積感染者数は以下の通り。縦軸が人数(2/10は32名)、横軸が2/10から5/13までの経過日数で、JohnsHopkins大学の数値を参考にしてます。
タイの新型コロナ累積感染者数の推移
 韓国のグラフと似たような形になっています。ちなみにタイ全土に非常事態宣言が出されたのが3/26で、横軸の46日目あたり。ちょうど感染者数が1000名に達したころです。

 その後夜間外出禁止令が出されたのが4/2で横軸の53日目あたり。感染者の増加数が1ケタ台に落ち着いてきたのが4/28で79日目あたり。

 今日が5/14で94日目になりますが、3/26から数えると約48日という事になります。というわけで、非常事態宣言が出されてから、一か月半で終息に向かったという事になりそう。

 一方日本の場合は7都府県に緊急事態線宣言が出されたのが4/7で、それでは感染拡大が止まらないと苦情が出て、全国に拡大したのが4/16ですから、今日はまだ4/7から数えても37日目ぐらい。

 4/16から数えると一か月経過していません。毎日の感染者数増もようやく100名前後まで減少という現状の中で、規制解除となると、間違いなく感染拡大が再開されるだろうなという気もします。

 当初の予定通り5月いっぱいは規制継続が良かったのではという気もしますが、それだと経済が持ちこたえられないという危惧もあるのかもしれません。

 またタイに比べると、規制そのものはかなり緩いのに、何とか感染拡大が収まったという現状は、やはり一般庶民の意識の高さや生活習慣に起因する部分も多いのではと感じています。

 という事は、大多数の人が今の意識を持ち続けることができれば、緩やかに終息に向かうとも考えられそう。でも規制解除という響きは「これで移動は自由だ」という意識が増すことも事実。

 さてどうなるか?規制解除後2週間でその影響は表れると思うので、今月末の感染者数に注目することになりそうです。


 

第1528回 タイでは経済活動が徐々に再開

  今日の埼玉は朝から晴れて風もほとんどなし。その分ちょっと朝は冷え込みました。ただこの後は急激に気温が上昇しそう。とはいえ日曜日にはまた雨模様となりそうで、徐々に梅雨が近づいている感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルスの感染者数は3人増えて2992人。終息に向かっているとはいえ、なかなか0名にはならないようです。ただそういった現状を反映してか、経済的に困窮している人が増えているのか、経済再開の動きは強まっている感じ。

 明日5/9にはチャトチャック・ウイークエンドマーケットが再開されるみたいです。以前訪問した時の状況を考えると、大混雑が発生し、あっという間に感染拡大という事態も考えられそう。

 とはいえ、ここでの商店は小規模事業主が多いはずで、再開しないと収入の手段がないという人も多いはず。背に腹は代えられないという事なのかもしれません。

 一方夜の歓楽街で有名なパタヤでは、市街の封鎖は解除されたようですが、ビーチへのアクセスは遮断という事になったようです。すでにアルコール販売が許可されていますから、ビーチに集まって宴会というような状況を避けたかったのかも。

 とはいえビーチ沿いの道を散歩したりすることはOKみたいなので、逆に散歩しながら、この間にきれいに整備されたビーチを目で楽しめるという事になりそうです。

 一方相変わらず閉店が継続しているバンコク市街の大型ショッピングモールですが、どうやら5/17ぐらいに再開したいという事で、政府と協議中。

 となると、やはり期待するのは夜の飲食店再開ですが、今の流れでいって、これ以上感染者が増えなければ6月ぐらいから再開しそうな気もします。(個人的見解です)

 だとするとその次は夜の歓楽街の再開?これはどうなるのか、全く見当がつきません。当局はこの機に乗じて、怪しい店を一掃しようと考えていてもおかしくない。

 とはいえ、夜の歓楽街の集客力は馬鹿に出来ない、というかタイ経済を地下で支えているようにも感じています。 

 てなわけで、市街の現状はどうなっているんだろうかと思ってネットで検索したら、タイ駐在チャンネルというサイトで、現状を紹介する動画がユーチューブにアップされていました。

 動画では和食レストラン、ゴルフコース、公園、理髪店、美容院、チャトチャ・マーケット、鉄道市場、カオサンなんかが紹介されています。

 これを見ていると、「いいなあ、早く行きたいなあ」とより強く感じますが、タイはともかく日本がまだ落ち着いていません。また、タイでも日本でも、経済活動が再開されると、市中感染が再び増加という事も考えられます。
 
 これについては、すでに経済活動が再開されつつある中国で、再度感染が拡大するかどうかが試金石になりそう。今のところ、顕著な感染者数増加はないような雰囲気ですが、中旬以降どうなるか注視しています。

 さらに先を見ると、冬場になったらまた感染が拡大するという見方もあるようですから、行くなら暑い時期かな、という気もしています。