fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1994回 もう少し感染者数が落ち着いたら・・・

 昨日は寒い1日でした。朝から寒いなと思いながら朝食を食べ、その後いつものようにパソコン部屋でメール等をチェック。しばらくして外を見たら、なんと雪。

 1時間ほどで庭がうっすらと雪化粧。ちょっと信じられませんでした。今日はこの後市民農園に行って畑でようやく芽を出しはじめていた青菜の被害を見てくるつもりですが、たぶん地中から茎をのばしていた新じゃがの芽にも影響が出ているのではと思っています。

 その後しばらくして東電から「電力逼迫警報」なるものも出され、「こりゃ停電か」と思い、出来る範囲で協力。とは言ってももともと節約生活を目指しているため、利用電力は普段から最低限。

 出来ることは限られています。エアコン暖房も使っていますから、すでに普段から20℃設定。照明も随時LED電球に交換。改めてテレビの設定を見直しましたが、すでに画面の輝度も節約設定になっていました。

 実際問題家庭で消費している電力は、産業で使っている電力全体の何%になるのかは知りませんが、家庭への呼びかけより産業部門への呼びかけの方が効果が大きいのではという気もします。

 久しぶりに東日本大震災の時の「計画停電」の体験を思い出しました。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナの新規感染者数は21382名。昨日の発表数は23441名だったようですから、どうやら2.5万名前後で高止まりということになるようです。

 日本の新規感染者数が減少傾向にあり、昨日からまん延防止措置も終了したようですから、個人的に6月初めぐらいまでは平穏な状態が続くのかなと予想していてます。
 
 その時期に、もし海外に出かけるんだったら、私が行きたい場所はタイかハワイのいずれか。行き先を決定する要因は感染確率かなと思っています。

 そう考えると、現状のタイはちょっと厳しそう。ハワイの方が感染者数は落ち着いているみたい。ところが物価を考えると、ハワイの物価は毎月のように上昇しているようで、今や日本の物価のほぼ2倍。
 
 片やタイの物価は、円安傾向ではあるものの、たぶん日本の半分ぐらい。そう考えると、ハワイ1回分の旅費でタイには数回行けそう。

 ここ数年の旅行自粛でタイ国内で行ってみたい場所も増えました。片やハワイは観光客が訪れる範囲はかなり狭い範囲で、そのほとんどは観光済み。

 であるならやはりタイだよなあ、でももう少し感染者数が落ち着かないと・・・と悩むことも増えています。



 

第1963回 5日間連続で3000人越え

 遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年も1年よろしくお願いいたします。しかし元旦から埼玉は強い冷え込みとなり、毎日暖房機器のお世話になっています。

 ガスや電気料金も値上がりになっている上に食材費も上がっているようですから、今年は家計支出が増えそうです。てなわけで年末年始に、今年から10数年後までの家計費のシミュ―ションを作成していたのですが、今後一番ネックになりそうなのが車の買い替えしようであることが分かりました。
 
 当初は来年の春に、最後の買い替えを行おうと思っていたのですが、年金暮らしゆえ、その費用は現在の貯蓄を削ることになり、今後の維持費も含めて家計に与える影響が大きいことが良く分かりました。

 ということで、やはり今の車が壊れるまで乗ったの方がいいかなと、気持ちを新たにしました。さらに壊れたら、そこで買い替えは諦めて、以後はタクシーやレンタカーを利用するという方法もありそうです。

 各地で毎日のように高齢者がコンビニやスーパーに突っ込むという事件が起きているのを聞くと、免許返納についても真剣に考える時期が来たなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 前回の記事で、タイの新型コロナ新規感染者数は拡大方向に転じたかもといった内容を書きましたが、あれから5日間が経過。

 今日発表されている新規感染者数は4日付の値ですが3091名。5日間連続で3000名越えです。特に気になるのがパタヤがあるチョンブリ方面の感染者が増えていること。

 今日の発表ではバンコクが376名、チョンブリが499名となっていて、遂に逆転。もしパタヤあたりの増加が顕著になっているならば、やはりパタヤ市街に長期滞在している欧米人からの感染が増えているのではと想像してしまいます。

DACOより
 
 タイに行くと、「お粥」を食べる機会も増えるのですが、タイのお粥はシンプルなものから様々な具材が入っているもの、さらに庶民的なお粥から高級お粥と呼んでいいようなものまで千差万別。

 てなわけで、旅行中に時々無性にお粥が食べたくなる時があるのですが、トンローにある「Ruay Mitr」というお店が紹介されていました。
 
 価格を見ると、庶民的な店よりはちょっと高め。ただ掲載された写真はどれもおいしそう。場所はトンロー駅を出て、ちょっと東に向かい、大通りを左折。

 1kmほど進んだ右側。駅から歩くとちょっと遠そう。しかしグーグルマップの口コミを見ると、かなり評判も良く、雰囲気は良さそうです。
 

第1836回 タイではアルコールの提供が再開されるみたいですが

 少しずつ少しずつ気温が低下。衣替えも終わり、朝晩はエアコン暖房のお世話になる日が増えてきました。というわけで、今日あたり各部屋に出しっぱなしになっている扇風機を収納しようかなと思っています。

 その後は灯油を買い込みファンヒーターの準備となりますが、その前にリビングに冬用のカーペットを敷く必要があり、これが結構面倒。灯油代も高騰しているようですから、この冬は燃料費の上昇が心配です。

 そういったことを心配しながら、先ほど10月分の家計費を集計。基本的な総支出額は11万円ぐらいとなりましたが、青森4泊5日旅行でかかった経費は別会計で、交通費、宿泊費、食事代、入館料、乗船料等を合わせると11万円ぐらい。

 たっぷりおいしいものを食べてきましたから、まあ当然かなという気はしますが、行きの飛行機はマイレージを使ってクラスJの座席に搭乗、帰りは新幹線のグリーン車なるものに生まれて初めて乗車しましたので、個人的には贅沢な旅行だったなと思っています。

 もしタイ旅行が実現すれば、往復の飛行機代は安くて5万ぐらい?チャイナエアラインのビジネスクラスを使えば11万円ぐらい。宿泊代は1泊8000円で4泊と考えると3.2万円。

 食事代は、タイのホテルは朝食付きのことが多いので昼と夜で1日02~0.3万円。4泊5日なら、7回食事の機会があるので、合計がだいたい2万円ぐらい?

 その他交通費や博物館等に行けば入館料が必要ですが、1日1500円ぐらいで済みそう。ということは0.5万円ぐらい?合計が11万から17万ぐらい。

 東北旅行とそれほど変わらないなと感じます。だったら異文化体験を満喫するならタイ旅行の方が良いという結論になるのですが、現状はやはりまだ時期尚早。

 タイランドハイパーリンクスの記事を見ると、今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、10/31付の数値で8859名。10/26付の数値は7706名だったので、明日はもう少し減るのではと思っていますが、ようやく8000名前後にまで下がったのかという印象です。

 しかし経済再開を急いでいる当局は10/31から夜間外出禁止令を解除するみたいですから、その影響は11月中旬あたりから現れてきそうです。
 
 また夜間規制解除に合わせてレストランでのアルコール提供も認められるようですが、どうやら海外観光客に人気のパタヤでは、解除にはならないみたい。

 当然ながら現地の飲食店からは不満が続出。とはいえ観光業の不振は酒の影響だけではないはず。やはりパタヤの特性として、海外からの旅行客が増え、夜の街が復活しないとダメなのではという気がします。
 
 しかしこうなると闇営業する店が続出しそう。とはいえ現状ではパタヤ在住の外国人だけが頼りのはず。しかしこの人たちも、毎日の生活がかかっていますから、早々馬鹿騒ぎは出来ない。

 となるとお店の収入は限られるということになり、まあ堂々巡りですね。似た様な状況は日本の各地でも起きている筈。今回の青森旅行でも感じましたが、青森駅前を歩いている人は非常に少ない感じ。
 
 感染者数が急減したと言いつつ、第6波が心配と言われると、すぐに出かける気にならないという人も多いんだろうなという気がします。


 

第1835回 バンコクの新規感染者数は減少傾向?地方が深刻!

 4泊5日の青森縄文遺跡の旅を楽しんで、水曜日に帰宅しました。疲れはしたものの、三内丸山遺跡を見学し、恐山を参拝。さらに風光明媚な仏が浦観光を体験。

 食事は基本的に海鮮丼や刺身定食、寿司ばかりを食べ、帰宅する頃には「もう十分だ」という気持ちにもなりました。観光地への移動はトヨタレンタカーを利用。

 提供された車は、一度は乗ってみたかった評判のヤリス。実際に走ってみた感触では、最初に感じたのがサスペンションの柔らかさ。コンパクトカーのジャンルなので、もっと車体が跳ねるのかなと思っていましたが、乗り心地はかなり良いみたい。

 安全関係の装備も充実しているようで、駐車するときなど、必要以上に警告音が発せられることもあり、最初はちょっと戸惑いましたが、まあ慣れですね。

 欠点ですが、後席がやはり狭い感じ。大人4人では窮屈かなという印象です。また坂道での加速や、インターチェンジでの合流等、ここは加速が欲しいと感じる時、ちょっとパワー不足を感じました。

 まあそれでも総じて良くできた車だったなという印象です。ちなみに青森から下北半島先端の大間まで行き、滞在中の総走行距離は500kmを越えましたが、返却時の給油はわずか18Lとのことで、燃費の良さにびっくりです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は28日付で9658名。やっぱり1万名前後なのかと思って、リンク先ページ下部の過去の記録を見ると、26日には7706名という数字が記録されているので、大きな流れで見ると、少しずつ減少傾向といえそうです。

 ただ感染は地方都市で広がっている傾向もあり、チェンマイの感染拡大は深刻、という記事も掲載されています。リンク先ページ下部のチェンマイの新規感染者数を見ると10月に入ってからの増加傾向が見て取れます。

 その結果、現在チェンマイの病院のICUがほぼ満床になっているそうで、それを聞くと確かに危険水域だなという気がします。

 ところがチェンマイは11/1からワクチン接種済みの海外からの旅行者を隔離検疫なしで受け入れるそうで、現状とは矛盾しているような気もします。

 まあワクチン接種済みなら問題ないだろうという判断だと思いますが、接種済みでも再感染することもあるみたいですから、旅行者は命がけの旅行になるのではという気もします。
 
 

第1833回 日本は寒い!タイに行きたいのですが・・・

 今日の埼玉は朝からきれいな青空が広がっています。ただ気温は低い。多分12℃前後。天気図を見ると、西には高気圧が張り出し,日本上空には低気圧。

 この低気圧は徐々に東に移動していくはずなので、要するに西高東低の冬型気圧配置ということです。というわけで、午後になると徐々に北風が強くなりそう。

 毎年この時期になると、冬の間だけでもいいから暖かい場所に移動して数か月過ごせたらなあという気持ちになります。そういった気持ちの下、例年は12月下旬にタイ旅行に行っていたのですが、今年はどうなるのか?

 11月からは開国なんていうニュースが飛び交っていますが、実際に行くための手続きを見るとかなり面倒そう。しかも帰国後は自主隔離となり、旅行に行く気が起きません。

 てなわけで、青森旅行を計画したのですが、このところの強い冷え込みで現地はかなり寒そう。ちょっと時期を間違えたかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、19日付けの発表ですが9122名。週の初めですから減ることは予想できますが、数字そのものは大きく減ったような気もします。

 累計の陽性者数は1802934名だそうで、いつの間にか日本の感染者数を追い越していました。(日本は1715263名)人口比は日本の半分程度だったと記憶しているので、実質の感染者比率は日本よりも高いということになりそうです。

 一方ワクチン接種率は、2回終了した人が全人口の70.63%に達したとのことで、日本よりも多くなっています。(日本は67.4%)にもかかわらず、新規感染者がなかなか減らないという理由が良く分かりません。

newsclip.beより
 
 例年より水位が高くなっているチャオプラヤ川ですが、どうやらアユタヤでは桟橋の上まで水に浸かり、そこで餌を蒔くと多数の魚が押し寄せるようです。

 画像も出ていますが、桟橋の水位は10cmぐらい。そこに数百匹の魚が押し寄せています。魚種はナマズではなさそう。それにしても数が多すぎてびっくりです。「こんなに生息しているのか」という感じです。

 タイで使用した新型コロナのワクチンの半分が中国のシノバック製だったという記事も出ています。これを読むと、タイでなかなか新規感染者が減らない現状は、やはり最初の頃に使用していたシノバック製ワクチンの影響ではないのかという気もします。