FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1761回 タイでもイギリス型の変異種を確認

  今日の埼玉も昨日とほぼ同じような気温。朝方少し冷え込みましたので、朝食時にファンヒーターを稼働。これで最後の灯油を使い切りました。

タイランドハイパーリンクスより

 今日のバンコクの予想最高気温は36℃と出ています。今の時期は、太陽が北回帰線を通過した直後ですから、タイでは最も暑くなる時期ではないかと思っています。

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は334名と急増。6名は海外からの入国者。国内感染327名と書かれていますが、1名の誤差の理由は不明。

 多いのはバンコクで216名。その他100名ちょっとは全国各地に散らばっているみたい。現状に危機を感じたのか、またナイトクラブでクラスターが発生しているという実態が分かったのか、当局はクラスターの発生した店舗名を発表。

 記事には21店舗の名前が挙がっています。また掲載されている店舗を利用した人は当局に連絡をする必要があるとも書かかれています。

 ちなみに上記のナイトクラブの関係で判明してしまったのが梨田駐タイ日本国特命全権大使の感染事件。どうやらトンローにある「クリスタルクラブ」というナイトクラブを訪問していたみたい。

 グーグルマップで場所を確認するとトンロー駅というよりクロンタン駅に近い感じ。グーグルマップには画像も添付されていて、アメリカンヒーロー的なコスチュームの美しい女性が紹介されています。

 お店のホームページもありますね。利用料金もちょっと確認してみましたが、タニヤあたりの店の2倍ぐらいの料金になるようです。

 ちなみに別の記事では、トンローで発見されたウイルスには、イギリスの変異ウイルスも確認されたようですから、今後日本同様にこの辺りの地区から、感染が急拡大するという可能性もありそうです。

 しかし日本でも拡大傾向が続いていますが、このイギリスの変異型の感染力はかなり強い印象を受けています。ただマスコミは「感染力が強い」と叫びたて、「今日も何名感染」と言うだけで、専門家と呼ばれる人も、その感染力の強さが何に寄るかを説明する様子がなさそう。

 そもそも「感染力が強い」というのはどういうことなのかを説明してもらいたい。変異種が最初に取りざたされたころは、ウイルスが細胞と結合しやすいという説明もあったように記憶しているのですが、その後そういった説明はあまり聞かれなくなりました。

 また従来のウイルスが今後は衰退していくのかどうかというのも気になるところ。さらに言えば変異種によって、症状はより悪化するようになったのか、ということも気になります。

 しかし現状は感染者何名という話題ばかりが取り上げられ、すぐに時短要請、外出自粛要請が行われています。もう少し感染経路をきちんと分析して、効率的な感染対策をしてもいいのではと思っています。



 

第1759回 タイの新規感染者が急増

 今日の埼玉は朝から曇り空の上、気温もかなり下がった感じ。震え上がるという気温ではありませんが、ここ何日かはず~と20℃前後の最高気温が続いていましたから、一層寒く感じられます。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は194名。急激に増えてきた印象です。12名は海外からの入国者ですから、国内感染者は計算上は182名となるはずですが、記事には184名と書かれています。

 多いのはナラティワート県で93名。バンコクが46名。ナラティワート県の位置がさっぱり分からなかったのでグーグルマップで調べてみたら、どうやらマレーシアとの国境付近になるみたい。

 マレーシアでは、日々1000~1600人前後の新規感染者が発生していますから、もしかしたらその影響があったのかも。またバンコクやチョンブリで日本人8名の感染も確認されたみたいです。

 といった現状を憂えたのか、どうやら保健省は今後バンコク及び周辺4県のレストラン、バー、ナイトクラブを9時に閉店させ、アルコール飲料の提供を禁止する提案を行うことにしたみたい。

 期間は2週間と書かれています。飲食店にとってはまたもや打撃になりそう。ただ庶民感覚で言えば、日本に比べても、実に素早い対応だなと感じます。

 またバンコクの3地区で娯楽施設を14日間閉鎖という記事も出ています。期間は4/6から4/19までだそうで、今後その地域は拡大される可能性もあると書かれています。

ニコニコニュースより

 新型コロナの感染抑制対策の一環として、タイで自販機の普及が進んでいるようです。日本に比べて自販機は少ないなと感じていたタイですが、最近では飲み物以外に下着やサンダルも販売されているようです。

 マスクとスマートホン充電器も販売されるようになり、今後はキャッシュレスで支払える自販機も増えるだろうと書かれています。
 
 他にも昨年5月には消毒薬を背中に乗せたロボット犬とか紫外線照射装置、エスカレーターの信号設置も行われ、アメリカのチェーンレストランではウェイターロボットも導入されたみたい。

 日本も、スーパーでは消毒薬が設置されるようになりましたが、会計時にはいまだに現金のやり取りを行う店も多く、技術開発に定評があったかつての日本の面影はいつの間にか過去のものになった感じがします。


 

第1751回 バンコクで自動販売機が増加

 今日の埼玉県は朝から曇り。ただ気温はそれほど低くないみたい。 今日明日あたりに、車のタイヤを夏用のものに交換しようかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は69名。8名が海外からの入国者。国内感染者は61名で昨日から激減。多いのはやはりバンコクで43名。

 累計の陽性者は28346名で亡くなられた方は92名という数字も出ていますので、素直に計算すると、死亡率はわずかに0.32%ということになり驚異的。

 世界の数字は2.2%。日本は1.9%ぐらい。この違いが実に不思議です。何が違うのか?素早い各種規制は、感染抑制には効果があるはずですが、死亡率には影響しないはず。

 アジア系の人は欧米系の人より死亡率が低いという一般的傾向があり、その原因はBCG接種とか、ネアンデルタール人の遺伝子に関係するとか、いろいろ取り沙汰されていますが、決め手はないみたい。

 しかしそのあたりが解明されればワクチン接種の必要性も薄れそうな気もします。

ニコニコニュースより

 新型コロナの感染が拡大し、物に触らないという習慣が定着しつつあるバンコクで、自動販売機が増えているみたい。BTSの駅では従来から飲み物等の自動販売機はよく見かけていましたが、今はマスクや消毒ジェルの他に下着や観葉植物も販売されているみたいです。

 タイの自動販売機は日本に比べるとまだまだ少ないみたいなので、今後ますます増えるのかも。さらに今後キャッシュレスで買える自動販売機も増加するみたい。

 また既にバンコクのセントラルワールドでは各種のロボットが活躍しています。背中にアルコールジェルを搭載したロボット犬や紫外線によるショッピングバッグの除菌 、エスカレーターの信号設置とか。

 昨年にはすでにこういった機械やロボットが導入されるという記事がいくつもありましたが、今後もどんどん実用化されるはず。

 その意味では、つい日本の現状と比較してしまうのですが、日本ではこういった商業面での機械導入というニュースがあまり伝わってきません。

 最近は私も埼玉の片田舎で生活し、感染防止のために都内に出かけることは滅多になくなってしまったので現状は不明ですが、密を避ける対策はあるものの、最新テクノロジーを駆使したロボット等は余り設置されていないみたい。

 経営者の人たちが高齢化し、発想そのものがマンネリ化して、新しい技術に疎くなっているのではという危機感を覚えます。