fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1783回 再開します

 一か月ちょっとのお休みを頂いて、なんとか復帰です。この間多数の読者の方からメールやコメントで励ましを頂きました。ありがとうございます。

 本来ならお一人お一人にお礼の返信をしないといけないなと思いながら、事態がかなり切迫した状態というか、各種の症状を考慮すると、いつ倒れてもおかしくないという状況で私自身の気持ちが折れそうで、返信どころではないとう後ろ向きな気持ちになっていました。

 さて事態の概要は以下のようなものです。もともと高血圧であり、毎日降圧剤を服用している身でしたが、4月中旬に一か月に1回通っている、かかりつけの診療所に行き血圧を測定したところ、上が180近い値になりびっくり。

 通常時たま150ぐらいになることはあるですが、数日で元に戻ります。この時はその後も高血圧状態が続き、しょうがないので近所の中規模病院へ。

 その病院でも血圧が高い状態で、担当医はその数値を見るなり「こんな高い状態を放置していてはいけません」と言います。

 私が「たまたまここ2~3日で急激に上がったんです」と言っても、信じてもらえない感じ。ともあれ、すぐに降圧剤が処方され、飲み始めましたが、少し下がった程度で、やはりこれまでの体調とは違う感じ。

 その後も夜間に動悸で目覚め、血圧を測定すると上が200を越えていたりして、「こりゃダメだ。このまま眠りながら心停止か」という不安を覚えました。

 そんな症状を経て、再度中規模病院へ。担当医は、「降圧剤が足りないようです」と言い、この値では「3剤併用が良いでしょう」ということになり、また降圧剤が追加。

 これが効いたのか、その後は少し落ち着きを取り戻しましたが、その後、クモ膜下出血以来、毎年定期的に検査を受けている脳専門の病院で、なんと頸動脈にかなりひどい狭窄があることが判明。

 どうやらこの狭窄が高血圧症状のきっかけになったのではと思っているのですが、その病院から大学病院へ。大学病院で様々な検査を受け、結局この狭窄は手術でないと治癒しないという結論になり、6/9入院、6/10手術、その後6/19まで入院し、なんとか退院。

 詳しいことは別のブログをでまとめようと思っていますが、とりあえず今は無理しない生活を維持し、7月半ばに予定している、退院後の再検査で問題なければ全面復帰ということになりそうです。

 てなわけで、当面このブログの更新も、頻度を落とす予定です。

 さてタイですが、私が高血圧症状でじたばたしている時、タイでは刑務所でコロナの感染者が激増したみたい。タイランドハイパーリンクスによれば、6/20付の陽性者は3682人ということですが、刑務所での感染者は578人ということで、一時期より減った感じ。

 しかしバンコクは836人と聞くと、「東京都より多いじゃないか」という気もします。タイ全体の累計感染者数も、久しぶりに確認したら20万人を越えて218131人ということで、まだまだ厳しいなという印象です。
 、
 

第1782回 ブログの更新をしばらく休みます

 いつかまたタイに行けることを夢見てブログを書き続けてきましたが、どうやら私自身に体調の問題が発生したようです。

 結論から言えば、頸動脈の一部の血管の血流が流れにくくなっているようで、このままでは脳卒中になる可能性が大きいということのようです。

 すでに5年前に一度クモ膜下出血を経験していますので、再度経験すれば日常生活への影響も大きくなるはず。てなわけで、のんびりとブログを書いている状況ではなくなりました。

 というわけで、今後検査、手術となるのかなと思っているので、一か月から数か月は更新をあきらめざるを得ないようです。
 

第1710回 「禍を転じて福と為す」という発想が大事かも

 新型コロナの累計感染者数が、全世界で1億人を越えました。 現在の世界人口は76億人ぐらいみたいなので、仮に感染者が1億人とすると76人に1人(1.3%)が感染したということになりそう。

 やけに多いなという印象です。日本は累計感染者数が37万人ぐらいで、人口は12600万人ぐらいだそうなので、340人に1人(0.3%ぐらい)ということになります。

 累計感染者数が2500万人に達しているアメリカは、人口が3億3千万人ぐらいだそうですから、なんと13人に1人が感染(7.5%ぐらい)ということになり、感染率そのもののが上昇している原因はアメリカにありそうな気もします。

 タイはどうかというと、人口が6800万人ぐらいで日本の約半分。確認されている感染者(陽性者)の数は13687人とのことで、今のところ陽性になってしまうのは5000人に一人ぐらいで、感染率は0.02%。

 ただしタイの場合は無症状で生活している人も多数いるようにもみえるので、検査数そのものが大きくなると、もう少し陽性率も上がるような気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 コロナの感染拡大で生活環境が激変し、その対応に頭を痛めている方も多いと思います。しかし物は考えよう?感染が拡大し生活が変わったことで得られるものもあるはず。

 記事には「コロナ禍での10の幸せ」という題名がついていますが、、読んでみると「なるほどな」と頷けるものも多い。飲食店等の事業者の方には申し訳ありませんが、確かに記事に書かれたような現象も起きているのかも。

 私の場合は、海外旅行に行けなくなったので、逆に旅行資金が浮いたというのが大きい。浮いた資金で新しくフルートを買って自宅で練習を始めました。

 練習に伴って、フルートのレッスンも受けるようになり、先生との会話が増えました。運動不足を意識するようになったものの、その分市民農園の畑づくりが楽しくなり、ウォーキングやストレッチをまめにするようになりました。

 また海外旅行に行かなくなったので、実家の高齢の母親の元を訪問する回数も以前より増えたみたい。買い物に行く回数は減らしていますが、その分料理の腕も少し上がったかも。

 まあ何か変化があると、その影響は常に両面あるはず。「災い転じて福となす」という諺を私は好きなので、ともかく感染しないことを第一条件に、許される範囲で今の生活を楽しむ気持ちが必要だろうなと思っています。

 

第1709回 階段を使って運動不足解消?

 昨日の埼玉は1日中穏やかな好天に恵まれました。というわけで、洗濯や掃除、さらに食料の買い出しと1日中忙しい思いをして、結局ウォーキングは出来ず。

 その代わりに家事で体を使いましたので、その意味では運動になったかなと思っています。今日は午前中は天気がよく、午後は曇る予報となっていますが、気温は10℃を越えるみたいなので、出来れば1時間ほど歩きたいなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は187名。国内感染は177名で、外国人労働者が116名、タイ人が61名。なかなか減らない印象です。

 ちなみに亡くなられた方は2名で、内1名は年末にイギリスからタイに来たイギリス人男性。この人のコロナウイルスの遺伝子型が気になります。記事には記載がありません。

 松屋が2/2から全店で「マッサマンカレー」の販売を始めるみたい。松屋は私には牛丼というイメージしかなかったのですが、最近はカレーや定食も扱っていたみたい。

 外食はほとんどしなくなったので、情報に疎くなっています。ちなみにこのマッサマンカレー、値段は並みで730円となっていて、私にはかなり高額に思えます。

 しかし紹介されているカレーの画像を見るとかなりおいしそうに見えます。2/16まではライス大盛り無料サービスだそうですから、タイ好きの大食漢にはチャンスかも。

 バンコクの街歩きをしているとき、私は公共交通のBTSやMRTを使うことも多いのですが、この時エスカレーターが使える場合と使えない場合があります。

 そもそBTSの駅では、エスカレーターそのものが見当たらないこともあり、その場合は階段を使わざるを得ません。しかしこの階段が曲者。

 途中に踊り場があるものの、ともかく長い。50代でバンコクに通い始めた頃は、「疲れるな」とは思いましたが、「まあいい運動だ」と思ってそれほど苦になりませんでした。

 しかし60代後半となった現在、階段を上りきったところで息遣いが荒くなり、息切れ症状を感じることも多くなりました。そんな中、その階段に消費カロリーが表示されるようになったという記事がありました。

 掲載された画像を見ると、1段の消費カロリーは0.21kcalぐらい。10段で2.1kcal。BTSの階段は50段ぐらいあると思われるので、その消費カロリーは10.5kcal。

 そうかあ、階段の上で息を整えている時は10Kcalぐらいエネルギーを消費していたんだなということが分かりました。

newsclip.beより

 タイランドハイパーリンクスには掲載されていませんが、こちらにはサムットサコン県で新たに新型コロナ感染者が914名確認されたという記事が出ています。

 795名がミャンマー人、119人がタイ人だそうで、結構現地の衝撃は大きいかも。この記事はバンコクポストにも掲載されています。


 

第1496回 タイの感染者数は10日間で約10倍

  昨日は晴れていたもののほぼ1日中北風が吹き荒れ寒い思いをした埼玉ですが、今日はちょっと冷え込んだものの風もなくなり、穏やかな晴れ。

 よしこれなら午後は、今や恒例になった「近所の古墳めぐりだ」と思っていますが、一方で県内でも新型コロナウイルスに感染する人が続出しているようで、感染確率がじわじわと高まっている印象です。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの感染者数は106人増えて827人になったそうで、増加の勢いが増しています。このうち4名が死亡、入院治療中が766名。回復したのはわずかに57名だそうで、まさに感染が拡大しつつある初期の印象です。

 というわけでタイ当局も、今の時期に海外からの観光客には来てもらっても困るという姿勢を打ち出し、健康証明や旅行保険の加入を義務付けました。

 さらにここ数日航空会社の減便や運行停止も相次いでいますから、早い話が行きたくても行けないという状況。しかも例えいったとしても行くところがないということになりそう。

 またそういった旅行客の減少を考慮したのか、バンコク市街の有名ホテル5つが一時的な閉鎖をすることになったようです。こういった動きは今後も増えるのかなと思っています。

 その他、まあタイに行けないんですから知っていてもしょうがない内容だとは思いますが、3/25からBTS、MRT、ARLといった鉄道を利用する場合はマスク着用が必須となるようで、さらに駅構内に入場する際の発熱検査も実施されると書かれています。

 個人的には、日本でもこういったことを各駅で実施してもいいような気もしますが、人手や機器の不足、さらに発熱者が見つかった場合の対応等が難しいのかもしれません。

 しかしこういった流れは、タイでも低収入者やその日暮らしをしていた人たちの生活を直撃するはず。タイのひとたちの間からは首相に対して「動きが遅い」という不満も出始めているようです。

 また感染拡大が続けば、生活が苦しくなった人たちの間で悪だくみをする人も出てくるはずで、今後の治安がちょっと心配。バンコクポストには今後の収入に不安を感じている労働者の記事も出ています。

 ちなみにタイの感染者数の推移ですが、最初に話題になったのが、私が知っている範囲では2月の初めで、感染者数は25名。その後3/14の75名ぐらいまではじわじわと上昇するだけでした。

 しかし3/15の82名を皮切りに急上昇が始まりました。この10日間で感染者は約10倍に増えたことになります。だとすれば、この一か月間にもう少し厳しい感染対策が取られていたら、今の急増はなかったかもしれないなと感じますが、これは日本も同様。

 日本も含めて少しでも早く感染拡大の勢いが衰えることを願っています。