fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1988回 タイに滞在しているロシアの観光客

 昨日は妙に寒い1日でしたが、近隣の都市で新型コロナの第3回目ワクチンの集団接種が行われるという情報を聞きつけて、朝1番の接種を予約。

 実際の接種にあたってはモデルナのワクチンということで、私の場合はファイザーを2回、最後にモデルナという交差接種になりました。

 怖いのは接種後の副反応、果たしてどんな反応が生じるのかと緊張しながら接種。接種後は緊張しすぎたせいか、ちょっと動悸やめまいを感じましたが、どうやら心理的なものだったみたい。

 帰宅して「とりあえず寒い日だし今日は1日静かに過ごそう」と考え、自宅で生活。夕方ごろから左腕上腕部が傷みだしましたが、寝る時になっても発熱の気配はなし。

 枕元に体温計とポカリスエット、さらにロキソプロフェンを用意して寝ましたが、若干眠りが浅く、又左腕の痛みが気になった程度で、無事朝を迎えました。

 今日1日様子を見る必要があるなとは思っていますが、今回の副反応は、初めてファイザーを接種した時の1回目の副反応に似ている感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は18943名。曜日の関係で少なくカウントされる日だと思うのですが、2万名を切ったというのは朗報であるような気もします。

 ただ地域別に見るとバンコクは2939名、チョンブリは1003名だそうですから、都市部はまだ安心できるレベルではなさそうです。

 ちなみに私が不安に思いつつ3回目接種を決断した理由は、4月以降に国内もしくは海外に旅行に行きたいなと考えているからです。

 結局旅行先で感染して病気療養というリスクをなるべく下げるためには、副反応の強弱が不明であっても受けておく必要があるなという判断です。

 タイ国内にロシアとウクライナの旅行者が7000人いて立ち往生という記事が出ています。プーチンさんの蛮行により世界から経済制裁を受けているロシア国民ですが、タイに来ているのは一般の観光客のはず。

 しかしこれからのタイでの生活をどうするのか?手持ちの現金がルーブルだけだったら、タイバーツには両替できない状態が続いているようですから悲惨。

 クレジットカードも使えない、国際送金も使えないとなると手持ちのお金でやりくりするしかない。もしドルを持っていればしばらくの間は持ちこたえるでしょうか、その先は?

 帰国しようにもロシアとタイを結ぶ直行便は現在運航していないみたい。いったいどうなるのか?他人事ながら気になります。


 

第1966回 センセーブ運河ボートの運賃が値上げ

 今日の埼玉は朝からきれいな青空が広がっています。ただし北風が強そう。青空の下で散歩をしたいなと思っていたのですが、「こりゃ今日も無理かな」と思っています。

 昨日は高血圧の処方箋をもらっているいつもの診療所に行って診察を受けてきましたが、「寒くて運動不足を意識しています」というと、「室内でNHKのラジオ体操がいいですよ」と教えてもらいました。

 かつては朝はそのラジオ体操をやっていたこともありますが、いつの間にか立ち消え。「継続が難しいですよね」と言うと、それをそばで聞いていた看護師さんも、うんうんその通りというように頷いていました。

 とはいえ、ラジオ体操の効果は結構あるなと思っていた時期もあるので、今日の朝は久しぶり実行。やってみたら体前屈が全くダメになっていてびっくり。やっぱり継続がカギのようです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、11日付の数値ですが7133名。一昨日の最高値8511名より少し減少。とはいえ1週間前は3091名でしたから、1週間で倍増以上。

 日本と同じような経過を辿っているような気もします。感染者数の増加が目立っているチョンブリ県の動向も記事になっています。

 昨日確認されたのは873名ですが、パタヤは400名、シラチャが279名となっています。パタヤの狭い地域で400名となると、迂闊に外を歩けないような気もするのですが、現地の人はどうしているのか?

 センセーブ運河のボートの運賃が値上げだそうです。一度は乗船してみたいなと思っているボートですが、これまで利用経験はありません。
 
 ボートそのものより、航路となっている運河の水の汚さに目が行ってしまい、そのしぶきがかかるのは嫌だなと思っています。ただ航路を見ると、乗りなれれば便利そうに見えます。

 運賃ですが、これまでは初乗り運賃が8バーツ(28円ぐらい?)でしたが、1バーツの値上げだそうで9バーツ。(32円ぐらい?)、日本人の感覚からすると「そんなもんか」という感じ。
 
 ただしょっちゅう利用している人たちにとっては大きな値上げなんだろうなという気はします。

タビリスタより
 
 今のパッポンがどんな状態なのか?多数の人が気にしていると思います。すでにほとんどの人が知っているとおりほとんどの店が営業停止に追い込まれているようですが、その現状の報告が記事になっていました。

 「やっぱりそうだよな」と確認するだけの記事ですが、添付された画像はやはり懐かしい。店が営業していなくても、やっぱり行ってみたいなと思えます。



 

第1964回 セントラルわーるで火災

 昨日の埼玉は終日気温の低い状態が続き、夕方からは雪。都内に比べると積雪量も少なく、植木がうっすらと雪化粧をする程度でしたが、気温はやたら低い1日でした。

 今日朝起きて窓から外を見ると路面の一部が凍結しているようで、車での移動は慎重にならざるを得ません。幸いに、「まだ時期的に早いかな」と思いつつ、10月の終わりにすでに車は冬用タイヤに交換済みですので、ちょっと安心。

 それでもスリップには注意しないといけないなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は激増が続いているようで、6日付の数字はなんと5775名。一時期2000名前後にまで減少し、「これなら春には・・・」と思っていたのですが、残念ながら急拡大。

 感染者数の増加が大きいなと感じるのがチョンブリ。ここはパタヤが含まれていて、すでに規制緩和の影響で一部地区が在住の欧米人で盛り上がっていたという情報もあります。

 日本でも沖縄や広島、山口での感染者数増が目立っていますが、いずれも基地関係者の多い町というのが共通点。これまでの印象では、一般に欧米人はマスクを嫌い、おしゃべりが大好きという特徴があります。

 しかし一旦感染拡大が始まったらそれを抑制するのは容易なことではなさそう。規制緩和に向かっていたタイも再度規制をせざるを得ない状況が生まれるのかもしれません。

バンコクポストより

 バンコクのセントラルワールド裏手の8階にある空調ダクトから出火。逃げ遅れた方2名が8階から脱出を試みてジャンプしたそうですが、どうやら亡くなられたみたい。

 他にもショッピングセンター内に閉じ込められた人が多数いたようですが、どうやら無事だったみたい。ただし怪我人は17名と書かれています。

 あの巨大なモール内で火災が起きたら、どんなアナウンスがあるのか?タイ語がほとんど話せない以上、状況を把握するのは容易ではなさそう。

 これまでも私は何回かBTSやMRTでの事故や故障による遅れに遭遇したことがあるのですが、英語でのアナウンスはあるものの、やはり状況把握が困難でした。

 列車の運休や遅延程度なら、まあ「待っていればいいか」という心境ですが、一刻を争う災害時はどうするのか?結構厄介な問題だなと感じます。


 

第1962回 タイの新規感染者は3000名台に上昇

 昨日の埼玉は昼間の気温が10数℃まで上昇。風もなかったので、市民農園や家の近くを歩き回り運動不足の解消を目指しました。しかし今日は晴れてはいるものの、風が強く気温も上がらないみたい。

 大晦日ですからあわててどこかに行こうという気持ちもないのですが、「寒くて何処にも行けないなあ」と考えるだけでもストレスになります。

 それはそれとして、今年もいよいよ終わり。今年は春に急に血圧が上昇、様々な検査を行って、原因は左頸動脈の狭窄であることが分かり6月に手術。

 その後手術の後遺症?で舌の動きが悪くなり、物を飲み込みずらくなりました。さらにショックだったのは、好きなフルートの練習で、舌が動かなくなり、満足にタンギングが出来なくなり愕然。

 頸動脈の手術は、脳卒中を避けるために必要だったとはいえ、代償が大きかったなと思っています。来年こそは、平穏な年になり、これ以上病気やけがで入院騒ぎにならないことを願っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている30日付のタイの新型コロナ新規感染者数は3037名。ここのところ新規感染者数は2500名前後が続いていたので、もう一息で2000名を切るなと思っていたのですが、残念ながら増加。

 ここからさらに欧米諸国のように感染が急拡大しないことを願っていますが、すでに規制も少しずつ緩和され、あちこちで年末年始を祝う行事も増えていますから、1月中旬からまた拡大傾向になりそうだなと思っています。

 「世界で一番おいしい薬」のレシピを紹介するページが公開されたみたい。栄養価が高く、薬効のある野菜やハーブ、スパイスがふんだんに使われている料理の紹介だそうで、どんなものかとリンク先を検索。

 「Thai Taste Therapy」と呼ばれるサイトのようで、英語とタイ語で表記されていました。いくつかその紹介動画を見てみましたが、ヒヤリングの力が貧弱なため詳細は不明。

 ただ多数の食材と調味料が使われていることは分かりました。ただ実際にこれを自宅で作ろうと思ったら、多数の調味料をそれぞれ少しずつ買い揃えないといけないわけで、こりゃ厳しいなという感じ。

 その意味ではやはり「KALDI」あたりで、タイの料理補助食品を買った方が良いのかも。しかし以前は我が家の近くにもKALDIの店舗があったのですが、撤退してしまったようで残念。

 とはいえ、通常のスーパーのレトルトカレーコーナーでもグリーンカレーやイエローカレーといった名前を見かける機会も増えていますので、結局はやる気次第なのかも。 


 

第1957回 12月前半にタイに入国した国別人数

 昨日に引き続いて、埼玉は強烈な冷え込みです。昨日市民農園に行ったら、畑の地面がぬかるんでいました。冬場にはよくあることですが、朝方の冷え込みで霜が降り、それが日中の温度上昇で溶かされたみたい。

 今日は我が家の狭い庭でも似たような状態になっていますので、まさに冬本番という寒さになった感じ。加齢とともに冬の寒さを如何に乗り越えるかということが大きなテーマになってきました。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は2899名。先週15日の水曜日の発表は2862名でしたから、明日はもう少し減って2500名前後になるのかもしれません。

 地域別ではバンコクが395名、チョンブリ197名、チェンマイ57名となっていて、バンコク市街の感染者も落ち着いてきたような印象を受けます。

 12月前半にタイに入国した人の国別人数が発表されています。総旅行者数は134578名。トップテンは1位がドイツで10808名、2位がイギリス8764名、以下ロシア5468名、アメリカ5011名、フランス4976名・・・となっていて、10位にアジア勢として韓国3486名があがっています。

 寒い北欧系の国が多いなと感じますが、ドイツとタイの航空経路の直線距離を調べてみたら8700kmとなっていてびっくり。直行便でも10時間近くかかります。

 ドイツの人にとっては、タイはそれだけ魅力があるということでしょうか。ちなみにパタヤのゴーゴーで飲んでいる時、たまたま隣に座ったおじさんから話しかけられることもあるのですが、ドイツ人、アメリカ人、韓国人、オーストラリア人が多かったような気もします。
 
newsclip.beより
 
 バンコクのベンジャキティ公園が拡張され、ルンピニ公園と高架歩道で接続されるようです。しかしベンジャキティ公園が拡張されるという話は聞いていましたが、ルンピニ公園までの距離は1.5kmぐらい離れていたはず。

 記事には全長約1.6kmの高架歩道・自転車道が建設されると書かれていて、話は納得できましたが、この距離を歩いたら、暑いバンコクでは熱中症になりそうな気もします。

 完成は来年4月とのことです。