fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1681回 バンコクの鉄道網が拡大中

 今週は寒波がくるみたい。今日の埼玉は晴れ。気温は低めですが、まだ寒波というほどではなさそう。とはいえ北風が吹いているので、外を出歩くのはちょっと辛そうです。

タイランドハイパーリンクスより

 バンコクの大気汚染が悪化という記事を見て、久しぶりに大気汚染マップを見てみたら、確かにひどいみたい。シーロムあたりで162、王宮近辺も162の他、ほとんどの地域が100以上。

 シラチャーやラヨーン方面は100ぐらい。原因は雨が降らず、良い天気が続いていること。まあ毎年のことですが、喘息持ちの私にはコロナと同様、この大気汚染は気になります。

 バンコクの鉄道路線網がどんどん拡大しているみたい。来年11月にはレッドラインのバンスー駅~ランシット駅が正式開通。その前の3月からは試験走行開始とも書かれています。

 駅は10駅で、最高時速は120kmと書かれていますからかなり速い。21km区間を30分で運転するみたい。列車のデザインも赤を基調として、割といい感じ。

 ところがこのランシット駅がどこにあるのか、地図が掲載されていないのでさっぱり分かりません。まあ場所が分かっても、現実にはタイに行くことが出来ないので、調べても無駄?とはいえ、未知なる場所を見てみたいという欲求は大きいです。 

 というわけでグーグルマップでしつこく調べてみると、どうやらドンムアン空港の数km北になるみたい。ということはドンムアン空港を経由?

 だとすると120kmという速度は、ARLの速度に匹敵?つまりドンムアン空港の利便性が飛躍的に高まるはず。さらにパヤタイ駅を経由すれば、ドンムアン空港とスワンナプーム空港が鉄道を介して1時間ちょっとで繋がることにもなりそうです。

newsclip.beより

 上記記事と同様ですが、ゴールドラインが16日から運行開始。こちらはゴムタイヤ式のモノレールみたいな列車だと理解していますが、チャオプラヤ川の西岸を南北に走る路線で、アイコン・サイアムへの利便性が高まる感じ。

 なんかバンコク市街の路線網が、東京の地下鉄のような複雑さを呈してきたように見えます。当然ながら鉄道網の広がりによって、周辺部の開発もどんどん行われているはずで、不動産の価格も上昇しているのかもしれません。

バンコクポストより
 
 日曜日に検出されたタイの新型コロナ新規感染者数は17名。これで累計は4208名。9名がミャンマーからの帰国者。全員がミャンマーのタチレクで働いていた女性。 

 その他4名がタイ国籍で中東やヨーロッパからの帰国者。その他はやはり中東やヨーロッパからの外国人みたいです。
 
 

第1458回 サパーンタークシン駅が複線化

  新型コロナウイルスに関する情報が連日入り乱れていて、正しい情報や正しい数値をネットで得るのが難しく感じられてきました。

 中国人観光客は、日本と同様タイに行く人も多いと思われるので、もし2次感染が頻繁に起きるようなら、現在滞在中の人も決して安心できないような気もします。

 一方ネット関連の記事では、感染者数という数字ばかりが強調されていますが、時折散見される症状が出ない人とか、感染したものの治癒して退院した人もいるという記述もあります。

 できればそういった人たちの容態とか回復者の人数とかをもう少し明確にしてもらいたいなと思えますが、肝心の発生源である武漢は、もはやそれどころじゃない、という状況なのかもしれません。

タイランドハイパーリンクスより

 パタヤのレストランで中国人団体がタイ人女性を暴行という記事が出ています。どうやら15人ぐらいの子供を含んだ団体旅行みたいですが、例によって声でがでかかったのか、それに業を煮やしたタイ人女性が口頭で注意。

 初めはおとなしく注意を聞いていたようですが、女性の口調が激しかったのか、徐々に険悪な雰囲気に。従業員さんが女性を止めようとしましたが、ついに中国人男性の一人が威嚇。

 その行動をきっかけにして、あたりは騒然とした雰囲気になり、結局暴行事件に発展。一部始終が動画で撮影されていて、その様子が良く分かります。

 中国の人たちは、日ごろから大声で会話をしたり、呼びかけをしたりすることが多いので、私も何回か街頭で「誰か喧嘩でもしているのか」とびっくりして振り返ったことがあります。

 たいていの場合、単なる会話であることもが多いのですが、ご本人たちは中国語が他国の人に与える語感や声量というものに頓着しない傾向にあるなと感じています。

アジアトラベルノートより

 BTSで以前から閉鎖するかもしれないと噂されていた「サパーンタークシン駅」は、今も駅構内が単線化されているため、行きかう列車は駅の手前で一時停止。

 交差する列車をやり過ごして駅に進入という事を繰り返しています。というわけで、やはり閉鎖されるのかなと思っていたら、逆にこの駅を複線化するという工事が行われるようです。

 工事予定は2020年半ばからだそうで、工期は2年半を予定。工事中は列車は運行するものの、サパーンタークシン駅には停車しないという事なので、この駅から乗り換えるチャオプラヤ川を運行する各種の船に影響が出そうです。

 ちなみに記事には、閉鎖期間中は一つ手前のスラサック駅から無料のシャトルバスを運行予定と書かれていますが、アジアティックやアイコンサイアムへの影響は大きそうです。


 

第1430回 MRTが全線開通、バンコク市街を1周できそうです

  昨日に引き続いて今日も朝からきれいな青空が広がっています。全く意識していなかったのですが、今日はクリスマスイブ。20年ぐらい前は、息子へのプレゼントをどうしようかと首を捻ったものですが、いつの間にか全く無縁な生活になっています。

 バンコクの大気汚染は昨日より少し改善。100前後の値になっています。もしかしたら雨が少し降ったのかも。しかしヤフーの天気情報では晴れマークが続いています。

 気温は最高気温が32℃、最低気温が21℃となっていて、相変わらず朝晩は涼しいみたいです。さらに為替レートを見ると1Bが3.624円ぐらい。

 つまり1万円が、レートの良い店で2750Bぐらいでしょうか。タイ経済は紆余曲折を経ながらも、とりあえず順調に推移しているのに比べて、日本経済が消費税値上げ等の影響で、海外からは懐疑的に見られているのかなという気がします。

 だとすると、今後も円安バーツ高が続きそうな雰囲気も感じます。であるならタイリピーターとしては、今のうちに少し多めに両替?なんてことも考えたりしますが、為替の動きは予測できないのでおいそれとは踏み切れません。

 まあ旅行に行くたびにチマチマと両替して、1万円が2500Bを切るような時が来たら、潔くタイ旅行は諦めるという選択肢もありそうです。

タイランドハイパーリンクスより
 
 地下鉄MRTが12/23に新しく4つの駅を運行するようになり、これで全線47km、総駅数38になったという記事が出ています。

 12月のバンコク旅行ではフワランポーン駅からバーンワー駅まで乗車し、そこからタクシーでワットパクナムに行きましたが、そのころすでにバーンワー駅の先の4駅は営業中。

 では新しく開通した4つの駅というのはいったいどこなのか?駅名を見てもどのへんなのか全く不明。というわけでネットに駅名を入力して調べてみると、どうやら現MRTの北の終点タオプーン駅から南西に向かい、チャオプラヤ川の西側を南に走り既存のタープラ駅に接続するルートのようです。

 詳しいルートが不明なので、沿線に旅行者が楽しめるスポットがあるのかどうかは良く分かりませんが、チャオプラヤ西岸は旧王朝があった地区ですから、少なくとも寺院の類は多いはず。

 しかもタープラ駅に接続するという事はMRTに乗っていればバンコク市街を1周できるという事にもなりそう。これでまた乗ってみたい路線が一つ増えたなと思っています。

 そう思ってグーグルマップを見たら、既に路線図が掲載されていました。

 もう1点。エカマイ駅周辺の小道を未明に自宅に向かって歩いていた日本人男性が、バイクに乗った二人組にいきなり切りつけられるという事件があったようです。

 やはり人が少ない道を一人で深夜に歩くのは危険という事でしょうか。幸いに軽傷だったようですが、後頭部を切られたという事なので、まかり間違えば命の問題にもなっていたと思われます。


 

第1383回 BTSのキャロットリワードについて

  昨晩は結構雨が降っていたようです。今日も朝から雨。まあ前回の台風のときに比べると、かなり穏やか。しかし我が家の庭も多量の水分を含んでぐちゃぐちゃ。

 そこにまた雨ですから、地盤が緩むのは間違いなさそう。幸いに我が家は平たん地なので土砂崩れの心配はありませんが、近所の川の土手の崩壊が気になります。

 今日現在、バンコクの大気汚染指数が悪化。昨日まではほとんどの場所で100以下と、割と良い値でしたが、今日はシーロム付近で152という数字になっています。

 周辺地区でも150を越す場所がいくつかあるので、全体として悪化。ただしこれが継続するか一時的なものかは不明です。またシラチャーやラヨーン方面も100を越えている場所があります。

 昨日書いた「キャロットリワード」ですが、BTSのチケット売り場の横でよく見かけるオレンジ色の広告マシン(キャロット・クーポン・キオスクと呼ぶみたい)が該当するようです。

 いつも、どうやって使うんだろうと横目で見ながら通り過ぎていました。在住者や知り合いがいればいろいろと聞くこともできるのですが、一人旅ですからこういった在住者向けの情報はなかなか手に入れにくいです。

 というわけで、最初は自分が持っているカードの登録。これは上記のマシンでも出来るみたいですが、人ごみの中で個人情報を入力せざるを得ないということになりそう。

 だとすればネットでゆっくり英語を読みながら登録した方が良さそう。ネットで登録するために「rabbit rewards」のホームページにジャンプ。
 
 次に右上の「Regiser」をクリックすると登録できるみたいです。名前やメールアドレス、電話番号、パスワードを設定すれば終了。結構簡単なので、次回の旅行が決まったら登録しておこうかなと思っています。

 ちなみに実際にどうやって使うのかは現段階ではまだ不明。おいおい調べていこうと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 スワンナプーム空港地下にカシコン銀行が自動外貨両替機を設置したそうです。24時間稼働で、外貨からバーツ、バーツから外貨への両替が可能。

 実際のレートが書かれていないので得になるかどうかは不明ですが、両替所で人間を介して両替をするよりも間違いは減りそう。

 場所も便利なので、少額の交換ならこの機械で素早く両替を行ってARLに飛び乗るという事も可能になりそうです。次回機会があったらどんなレートになっているのか確認しようと思っています。
 

 

第1372回 ARLの座席が廃止?立ったまま移動?

  今日は朝から妙に涼しい。手元の温度計で気温を見ると、現在の室内気温が20.5℃。半袖だと寒いぐらい。今日あたり少し仕舞いこんであった長袖を用意する必要があるなと思っています。

 今日のバンコク市街の大気汚染指数は60~80ぐらい。落ち着いているようです。シラチャーやラヨーン、チェンマイ方面も同様の値。

 ちなみに私が参考にしているのは「タイの大気汚染」という名前がついたサイトですが、ここには全世界の現在の汚染状況が示されています。

 これを見るとすぐわかるのですが、やはりインドや中国、中東、ヨーロッパ北東部の汚染がひどいことが一目で分かります。

アジアトラベルノートより

 スワンナプーム空港にようやく到着して、税関も無事通過。到着ロビーに出て考えることはホテルまでの交通手段。タクシーを使えば空港使用料50B、高速道料金75B前後、運賃300B前後となり、合計400~450B。

 リムジンなら1000B越え。というわけで、近年多くの人が地下まで降りてARLを利用。こちらはバンコク市街のマッカサン駅や終点のパヤタイ駅でMRTやBTSに乗り換えても、ホテルまでは100B前後で行けます。

 マッカサン駅やパヤタイ駅でタクシーに乗り換えるという方法もあり、その場合は合計150B前後。そういった料金と共に、最近は空模様を確認するとか、さらには到着日の曜日を考慮しています。

 要するに雨の日の市街は渋滞気味になり、なおかつタクシーはメーターを使ってくれない場合も増えます。また逆に土曜、日曜に到着した場合は、通勤ラッシュがなく、夕方の時間帯でも市街は意外に空いていることが多い。

 てなことを考えながら、到着ロビーに出て、タクシーかARLの判断をしています。その結果、疲れていなければ安いARLを使うことが多いのですが、当然そう考える人が増えているようで、最近のARLは始発駅のスワンナプーム空港でも座れないことがあります。

 さらに途中の停車駅では、この列車を通勤通学列車代わりに利用している人が多数いて、車内は大混雑。マッカサン駅で降りるときは、「スーツケースを持ってちゃんと降りられるかなあ」と心配になります。

 列車を運行している会社側も、こういった混雑を少しでも緩和するために、既にBTS等で導入している、車内の座席を廃止して立ち席のみとする、という変更を考えているようです。

 しかし記事にも書かれていますが、スーツケースを持ったまま、立ったまま移動というのは出来れば避けたい。それよりも以前は運行していた急行の復活とか、連結車両の増加とかを考えてもらえないかなという気もします。

 同じくアジアトラベルノートの記事からですが、「タイ国際航空の経営状況に運輸副大臣が懸念を表明」という記事も出ています。

 内容を見ると、タイ国際航空、ノックエア、タイ・ライオンエアのすべてが業績不振に陥っていると書かれていて、利用者側としては、赤字の付けが航空機の整備状況に反映されないかと心配になります。