FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1535回 タイ国際航空が更生手続き申請

 今日の埼玉は明け方かなりの雨。豪雨災害が起きるのではと思われるほどの雨音でしたが、今は通常の雨になっています。ただ気温は低めで、先日30℃だったのがうそのようです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は3名増で3031人。なかなか0名にはなりませんが、2857人が回復と書かれていますから、回復率は94.3%。

 亡くなられた方56名を引き算して治療中の方は118名。一方雨期入りに伴って、コラートではデング熱が発生。737人が感染を書かれていますから、今やこちらの方が問題かも。

newsclip.beより

 埼玉の片田舎に住んでいると都会の繁華街で今どのようなことが行われているのかという情報に疎くなりますが、バンコクのセントラルワールドでは体温測定や除菌ハンドジェルを提供するロボットが登場したという記事が出ています。

 次回このショッピングモールに行ったら、見てみたいなと思っていますが、四足歩行型のロボットも稼働しているみたい。実際にこんなロボットが近づいてきたら、最初はちょっと不安を感じそう。

 しかしいずれ近い将来、モール内は通常のお客さんと、この手のアシストロボットが行きかう風景が当たり前になりそう。その昔、手塚治虫さんが描いていた、鉄腕アトムの近未来社会が実際に近づいてきた感じです。 

ニューズウイークより

 タイ国際航空が破綻、更生手続き申請という記事が出ていました。ず~っと経営危機が叫ばれていた、国が出資している企業でしたが、どうやらコロナウイルスの感染拡大によってとどめを刺されたようです。

 では今後どうなるかですが、今のところ不明。もしかしたら数か月先のタイ入りを目指してチケットを確保していた人もいたかもしれませんが、影響を受けることは間違いなさそうです。

 とはいえ、破綻すなわち飛行機が全く飛ばなくなるという選択肢はなさそうな気もします。JALの破綻でもそうでしたが、すべての運行を停止するのは授業員さん等の解雇問題も生じるのでほぼ不可能ではという気がします。

 しかし赤字経営から本格的に脱却を目指さないといけないことは間違いない。そのために何をするかと言えば、不採算部門の整理や人員整理、給与減額、不採算路線の廃止でしょうか。

 日本でも過去にJALが破綻していますので、今回のコロナでどのくらい影響を受けているのかが気になりますが、場合によっては世界各国で中小のLCCの破綻が今後出てくるのかなという気もします。

 そうなるとタイに行きたいのに、予約できる飛行機がないとか、コロナの影響で乗客数を減らす必要が生じて、その分運賃が値上げとか、いろいろな影響が出てきそうな気がします。
 


 

第1530回 タイ入国時に300Bが徴収されるようになるかも

 今日の埼玉は朝から曇り空。昨日は最高気温がやはり30℃ぐらいに達したみたいですが、今日はそれよりも低くなりそう。

 国会では、規制解除について議論が行われているようですが、国は昨日段階でも解除についての数値等の基準を示していません。数値を示すと、その数値にとらわれてしまうという問題もあるようですが、そうなると今度はなんだか曖昧な状態で解除となってしまいそう。

 解除そのものは私も歓迎ですが、北海道で再拡大が起きたり、韓国や中国で解除後に感染者が増えたり、さらに国内でも一度陰性になったのに再度陽性になった人もいるようで、解除の判断は難しい。

 だからこそ明確な基準が必要な気もするのですが、PCR検査を行うかどうかの基準も、実は目安だったという事が今頃になって強調されるようになりましたから、国の判断そのものが疑われることが増えたなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの感染者数は6人増加で3015人。相変わらずの一桁台の推移で、規制も一部が解除されつつあるようです。ただ韓国、北海道の例を見ると、解除後3週間ぐらいで、再び感染者数増加となる場合が多いようで、タイの場合は今月末あたりにどうなるかが心配です。

 今日の民放の朝のニュースでは、上海のディズニーランドが再開なんていう明るいニュースをやっていましたが、その映像を見ると、やはり今月末あたりが心配になります。

 タイの人たちが、自粛期間中はどんな生活をしていたかという、ことについてのアンケート結果が出ています。第1位はやはりネットの活用。

 2位が昼寝。これはなんとなく分かるような気がします。特に4月、5月はタイでもかなり暑い時期で、昼間は外出を控え自宅で昼寝という人も普段から多いのだと思います。

 3位が在宅勤務だそうで、ちょっとこれは意外。なんとなくのんびりダラダラ過ごす人が多いのではというイメージでしたが、今やタイもどんどん給料生活者が増えているのかも。

 4位以下は映画、音楽、料理、オンライン学習、運動、ガーデニング、お祈り、ペットの世話、オンラインゲーム、読書、執筆、DIYだそうで、日本でも参考になりそうなことが多い。

 私も、ここのところ午前中はブログの更新作業、昼前後に市民農園で農作業、ついでに周辺を散歩、午後は買い物、昼寝、フルートの練習という生活が定着してしまいました。

バンコクポストより

 タイ当局は、海外からの旅行客受け入れ時に備えて、新型コロナウイルスの感染対策や保険費用として1人300Bの税金を徴収する案の検討を始めたようです。

 日本でも昨年から出国税1000円が徴収されるようになりましたが、これも加えると、日本からタイに行く場合は運賃以外の料金に、出国税、入国税(保険費用?)として、合計2000円前後のお金が加算されるという事になりそうです。


 

第1529回 タイ国際航空が経営危機

 今日の埼玉は朝から快晴で、なおかつ最高気温は30℃を越すみたい。というわけで、今年初めて朝からTシャツ、短パンで過ごしています。ついでに気合を入れて洗濯です。 

NHKより

 感染拡大が落ち着いて終息傾向にあった韓国で、経済再開の動きに伴ってナイトクラブで集団感染が発生なんていう記事が出ています。

 あわせて54人の感染が確認されたそうで、さらに今後感染確認が必要になるのは6000~7000人と書かれていて、この病気の恐ろしさを感じます。

 最初に感染が始まったのは20代の若者のようで、あちこちのクラブを動き回っていたみたい。「あまりにも軽率」という批判も多いと思いますが、規制解除で浮かれてしまったのかも。

 しかしこの病気は、本人が苦しむだけならある意味自業自得と言えそうですが、感染力があまりに強いため、家族、友人その他の不特定多数が感染する可能性が大きい。

 そういったことを常に意識して行動することが求められるわけで、ソーシャルディスタンスを守ろうとすると、これまでの社会習慣をすべて見直さなければいけないという事になりそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの感染者数は現在3009人。回復者は2794人だそうで、回復率は92.9%。亡くなられた方56人を引き算すると、療養中の方は159人。

 ほぼ終息じゃないかと感じますが、それでもタイ当局の規制緩和の姿勢はかなり慎重。パタヤでも、規制が緩みつつありますが、ビーチへの侵入は禁止

 ところがそれを無視して立ち入る外国人がいたようで、最終的に逮捕となりました。リンク先には逮捕された外国人の画像も出ていますが、ごく普通の人たちのようにも見えます。

newsclip.beより
 
 かねてより経営危機が叫ばれていたタイ国際航空ですが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大でますます窮地に陥っているようです。

 どうやら分割民営化の話もあったようですが、労組は反対。ところが庶民から猛反発を受けているみたい。かつての日本航空もそうですが、救済するためには多額の税金が利用されることになりますから、当然の反発と言えそうです。

 かつて直行便という利便性と価格の安さに惹かれて数回利用したことがありますが、サービスはそれほど悪くない印象でした。ただエコノミーの座席は日系の航空会社よりも狭く、特に嫌だなと感じたのが帰りの便の運航時間。

 朝早い時間帯の出発で、ともかく朝早くから忙しい。というわけで、いつの間にか、利用を躊躇うようになっています。