fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1609回 チャイナエアラインからゴールドメンバーカードが送られてきました

 今日の埼玉は朝から曇り空で気温も少し低め。と言っても27℃ぐらい?早起きしたので早朝ウォーキングに行こうかなと思いましたが、湿気が多くて不快だったので断念。

 爽やかな朝の冷気の下で歩ける日が来るのはいつのことなのか?しかしこう猛暑が続くと、ある日を境に一気に冷え込んできそう。夏から一気に初冬?ということも考えられます。

 そうなると、コロナに加えてインフルエンザも心配。何かと心配の種がつきません。

 そんな中、先日チャイナエアラインから新しいゴールドメンバーカードが送られてきました。この1~2年、あまり搭乗する機会がなかったので、もしかするともう更新されないかなと思っていました。

 当然ながらメンバーを維持する規定もあるのですが、一度メンバーになると、その基準も割と緩和されるのでしょうか?以前の更新時には、基準には達していませんが、これまでの実績を考慮しましたというような一文が添えられていました。

 今回はそういった説明文も一切なし。出来れば積極的に利用したいなと思っていますが、何せタイに行きたくても行けない状況が続いています。

 とはいえ、チャイナエアライン側も、飛行機をこれまで通り飛ばせない以上、経営はかなり苦しいはず。その意味で顧客確保の意味が込められているのかなと思います。

 チャイナエアラインを私がよく利用する理由は、午前便を使うと行きはバンコクに夕方到着し、帰りはちょっと朝が早いものの、成田には7時前後に到着すること。

 さらに料金。エコノミーだと安い時期は4.5~5.5万ぐらい。日系だと、午前便を選択すると安いときでも8万前後かかる印象を持っています。

 また良く利用させてもらっているビジネスクラスも、料金が11万前後。日系飛行機だと20万を軽く超えるので、コストパフォーマンスがいいなあと感じます。
 
 空いている時期だと、お隣が空席のこともあり、2席を占有してのんびり旅行ということもあります。またビジネスクラスなら当然ですが、優先チェックインや優先入国審査が使えるので、座席の広さと合わせて疲れも少ない感じ。
 
 最大の欠点は、台湾の航空会社なので、桃園空港で乗り換えが必要なこと。ここで直行便に比べると1~2時間のロスタイムが生じます。

 当初は乗り換えの際の移動に不安を感じましたが、最近は次に搭乗するゲート番号が分かっていれば、意外に乗り換えは楽だなと思うようになりました。
 
 またエコノミー席は、日系のエコノミー席に比べると足もとが明らかに狭いです。キャビンアテンダントさんは概して親切だし、食事もエコノミーはそれなり、ビジネスはそこそこおいしいです。
 
 というわけで、今後もチャイナエアラインを使う機会は多いだろうなと思っていますので、このゴールドメンバーカードの送付はありがたい限り。

 このカードを持っていると、エコノミー席の予約でも、ビジネスクラスのカウンターでチェックインが出来、優先搭乗も可能。唯一心配なのが、以前何回か大きな事故を起こしていることと、現在の経営状況でしょうか。
 
 

第1598回 タイ国際航空はどうなるのか?決算発表

 猛暑の上の段階はなんと呼ぶのかと思えるほどの猛暑が続いている埼玉です。今日も朝から外はすでに30℃前後になっているようで、朝食時からエアコン利用は初めてのような気もします。

 食後このパソコン部屋に移動してブログの更新をするのですが、すでに室温も29℃。今日はこのままいくと40℃に達するかと思えるような天気です。

 早い話、バンコクより暑い!以前は今の時期にハワイ旅行を楽しんでいたことが多いのですが、当時はハワイで避暑だと思っていました。

 しかし最近はバンコクで避暑というのも現実味を帯びてきたように思います。それにしても、もしこんな天気の下でオリンピックが開催されていたらどうなっていたのか。

 延期されはしたものの、来年も同時期に開催予定のようですから、お金の問題が絡んでいるとはいえ、実行委員会の見識を疑います。というか、世界の感染拡大状況を見ていると、ほとんどの国が終息していないのではとも思えます。

newsclip.beより

 タイ国際航空の4~6月期の決算が発表されています。すでに今年5月に会社更生法手続きが申請され受理されていますが、一部の運航は継続。

 しかし新型コロナの影響で、少なくとも今年いっぱいは観光客の流入が見込めない一方、今後も維持管理費で負債額は拡大するはず。現状は6月の資産総額が3140.4億Bですが、負債総額は3322億葉Bと書かれていて、日本円なら1兆円以上。

 運航は続けているとはいえ、今後本当に会社として存続出来るのかが気になります。しかしたぶんこれは日本のJALやANAも同様なのでは。というか全世界的に航空産業が危機に瀕しているように思えます。

 一方、またしてもタイの国内政治情勢がきな臭くなってきた感じ。8/3に民主記念塔付近で行われた政治集会で、通常の政権批判以外に王室に対する疑問を述べた人がいたようで、これが問題視されています。
 
 タイの場合は、王室への議論や批判は行ってはいけないというのが暗黙の約束ごとになっていて、本来は口にしてはいけなかった発言みたい。

 ただその発言をタイの王女が擁護したというニュースもあり、ちょっと混乱が生じているようです。まあ大半の人にとっては、「関係ない」という心境だろうなという気もしますが、コロナの問題で先行きに不満を感じている人も増えているはずですから、今後何かの拍子に一波乱あるかもしれません。 


 

第1541回 今後のLCCの運航はどうなる?

 今日も埼玉は朝から薄曇り。雨は降っていないのですが、いつ降ってきてもおかしくない雲行きです。と思っていたら少し晴れてきました。昨日は宣言解除に従って、久しぶりに近所のショッピングモールを訪問。

 驚いたのは通路でこれまで全く見かけなかったスプレー式の消毒用アルコールが大量に販売されていたこと。たぶんどこかに保管されて、高値で少しずつ販売しようと思っていたではと想像しています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は3名増加で3045人。減ったなあとは思いますが、残念ながらなかなか0名が継続という事にはならないみたいです。 

 しかし3名とも海外からの帰国者ということで、海外から持ち帰る人をどうするのかが、今後は日本でも話題になりそう。こういった人たちがいなくなるまで、観光等での国際便の復活は望めそうもないなと感じます。

ヤフーニュースより

 タイ国際航空が破綻しましたが、その他の航空会社はどうなんだ?と気にになるところです。しかし当然ながら、どうやらどこも経営状態は厳しいみたい。

 タイには、LCCと称される航空会社が8つもあって、これらが日々しのぎを削ってきたわけですから、当然その財政状況はきびしいはず。

 ましてや新型コロナの影響で、ソーシャルディタンスが叫ばれるようになると、座席数をなるべく多くして乗客を密に詰め込むLCCの経営は厳しくなる一方なのかも。

 3席並びで真ん中を必ず空けるという事になると一便あたりの乗客数も必然的に3分の2に落ち込むわけで、採算割れ?それを避けるためには運賃値上げ?そうなるとLCCではない?

 乗客にとっては横の空間が広がり、ゆったりした搭乗を体験できそうですが、この先バタバタとLCCが倒産ということも起こりそうです。

 それを避けるために、体力のある航空会社が座席の改装等を行えば、当然その費用は運賃に反映され、早い話が超格安旅行は今後難しいということになりそう。

 私が気にしているのはいつも利用しているチャイナエアラインの現状。台湾は新型コロナウイルスの感染拡大については見事な対応を見せて、感染者数、死亡者数とも信じられないぐらい少ない状態を保っています。

 とはいえ航空機がほとんど飛ばない状況が続いているわけですから、経営が厳しいことは間違いなさそうです。というわけで財務状況をネットで調べたのですが良く分かりませんでした。

 その代わり 別の記事を発見。どうやらチャイナエアラインは、中国の航空会社との差別化を図るためにブランド名の変更を検討しているようです。

 現在候補になっている名前は「Formosa Airlines」「Yushsan Airlines」「Taiwan Airlines」の三つだそうですが、個人的には三つ目がシンプルで分かりやすい。ただこ名前だと中国が不愉快に思うのかもしれません。


 

第1540回 タイ国際航空の今後

 昨日日本での緊急事態宣言が解除されました。解除によって、本日は午前0時からは比較的自由に移動できることになるのかなと思っていましたが、どうやら不要不急の他県間の移動は控えた方が良いみたい。

 通勤等でしょうがなく他県間を移動している人も多いと思いますが、単なる旅行や物見遊山は不可という事ですね。ただ私は埼玉県在住ですが、県内の移動は制限がなくなったようなので、気持ちだけは明るくなりました。

 ちなみにロードマップやステップという英語表現で今後の規制緩和の動きも伝えられていますが、それを見ると前のめりに解除した割には、二次感染拡大を恐れてか、かなり慎重だなという印象です。

 たぶん韓国や北海道の例を意識しているのではと思っていますが、幸いにゴールデンウイーク中に感染が拡大したという兆候は今のところなし。

 このままうまく進んで、早期に海外旅行も可能になることを願っています。そのためには自身が感染しないことが第一で、やはりしばらくは今とあまり変わらない生活を続けようと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ感染者数は2名増加して3042人。依然として低い数字で推移していますから、タイは旨く現状をコントロールしているといえそうです。

newsclip.beより

 経営破綻したタイ国際航空ですが、国の出資比率を51.03%から47.86%に引き下げたそうです。売却された分は政府系投資ファンドが購入したようですが、これによって法的には国営企業から民間企業になったという事になるようです。

 その結果何が起きるのか?記事には、経営再建の障害になっていた労働組合はいったん解体されるとあって、これだと従業員さんたちの待遇が落ちるのかなという気がします。

 逆に言えばそれだけ待遇が良かったということでしょうか?ネットで賃金等を調べてみましたが、良く分かりませんでした。

 しかしタイの場合は、ここ10年ぐらい自然災害や政情不安、バンコク市街の爆発等の事件があり、これによって一時的にタイ旅行を控える人も多かったはず。

 ちょっと不運な航空会社ということでしょうか。ただ新しく民間運営に変わってどんな変化が起きるのか、ちょっと楽しみなことも事実です。

 この辺りについて、もう少し詳しい情報が欲しいなと思ってタイ国際航空のページを見たら「業務の継続と法的手続きによる再生プランについて」という記事がありました。

 何かわかるかもと思ったのですが、どうやら事業は継続するというアナウンスのようで、具体的プランはなし。文面で関係しそうなのは「運航効率、プロダクト、サービスの質の向上」だと思われますが、運航効率を考えると採算の悪い路線からは撤退という事になりそうです。


 

第1535回 タイ国際航空が更生手続き申請

 今日の埼玉は明け方かなりの雨。豪雨災害が起きるのではと思われるほどの雨音でしたが、今は通常の雨になっています。ただ気温は低めで、先日30℃だったのがうそのようです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は3名増で3031人。なかなか0名にはなりませんが、2857人が回復と書かれていますから、回復率は94.3%。

 亡くなられた方56名を引き算して治療中の方は118名。一方雨期入りに伴って、コラートではデング熱が発生。737人が感染を書かれていますから、今やこちらの方が問題かも。

newsclip.beより

 埼玉の片田舎に住んでいると都会の繁華街で今どのようなことが行われているのかという情報に疎くなりますが、バンコクのセントラルワールドでは体温測定や除菌ハンドジェルを提供するロボットが登場したという記事が出ています。

 次回このショッピングモールに行ったら、見てみたいなと思っていますが、四足歩行型のロボットも稼働しているみたい。実際にこんなロボットが近づいてきたら、最初はちょっと不安を感じそう。

 しかしいずれ近い将来、モール内は通常のお客さんと、この手のアシストロボットが行きかう風景が当たり前になりそう。その昔、手塚治虫さんが描いていた、鉄腕アトムの近未来社会が実際に近づいてきた感じです。 

ニューズウイークより

 タイ国際航空が破綻、更生手続き申請という記事が出ていました。ず~っと経営危機が叫ばれていた、国が出資している企業でしたが、どうやらコロナウイルスの感染拡大によってとどめを刺されたようです。

 では今後どうなるかですが、今のところ不明。もしかしたら数か月先のタイ入りを目指してチケットを確保していた人もいたかもしれませんが、影響を受けることは間違いなさそうです。

 とはいえ、破綻すなわち飛行機が全く飛ばなくなるという選択肢はなさそうな気もします。JALの破綻でもそうでしたが、すべての運行を停止するのは授業員さん等の解雇問題も生じるのでほぼ不可能ではという気がします。

 しかし赤字経営から本格的に脱却を目指さないといけないことは間違いない。そのために何をするかと言えば、不採算部門の整理や人員整理、給与減額、不採算路線の廃止でしょうか。

 日本でも過去にJALが破綻していますので、今回のコロナでどのくらい影響を受けているのかが気になりますが、場合によっては世界各国で中小のLCCの破綻が今後出てくるのかなという気もします。

 そうなるとタイに行きたいのに、予約できる飛行機がないとか、コロナの影響で乗客数を減らす必要が生じて、その分運賃が値上げとか、いろいろな影響が出てきそうな気がします。