fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1968回 世界最高の20のスープ

 昨日は風もなく、久しぶりに穏やかな1日となりました。出かけたいなと思いましたが、繁華街では感染拡大が起きていますから、出歩けず。

 結局いつものように市民農園周辺を散歩。今日も似たような天気になるようで、ちょっとホッとしています。

 それにしてもトンガの火山噴火の影響が大きくてびっくり。噴火の音がアラスカでも聞こえたとか、激しい空振で津波が起きたとか、ちょっと予想外の出来事が続いています。

 日本付近もこのとこマグニチュード5クラスの地震が頻発していますから、「巨大地震が起きる」可能性はより高まっているような気がします。

 場合によっては富士山が…という考えもあるようで、非常に心配。しかしいつかは起きると言われても、いつ起きるかは分からないので、備えようという気持ちがなかなか起きません。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は16日付の発表で8077名。 8000名前後の値が継続中。地域別ではバンコクが789名、チョンブリが692名。

 今週末に向けてこの数値が再び上昇して1万名前後になるのか、8000名前後を維持するのか、減少に転じて6000名前後まで前下落するのか、今回の感染拡大は12月下旬に始まっているように見えるので、そろそろ分岐点なのではという気がします。

 CNNの旅行サイトが「世界最高の20のスープ」を発表。その中にタイの「トムヤムクン」が含まれたようです。かつてバンコクのレストランで何回か食べたことがありますが、私の口には合いませんでした。

 記事には選出されて20のスープ名が書かれていますが、私が食べた経験があるものはほとんどありません。一つ一つ確かめながら食べてみたい気はします。
 
 BTSの駅や、紀伊国屋で気軽に手に入れていたフリーペーパー「DACO」ですが、昨年の10月号で休刊になっていたようです。タイ旅行を目指そうにも行けない状況が続いていますから、発行するだけ赤字だったのかもしれません。

 一応説明では来年(つまり今年)前半にはリニューアルして戻ってくる予定と書かれていますが、現在の感染状況を考えると、春までにカムバックするとは思えません。

 各地の観光地を紹介したり、独自の記事が掲載されていて、私は過去に発行されたものもすべて保管。たぶん10冊ぐらいあり、暇な時間に読み直すことも多いのですが、次の旅行のヒントになる記事が多かったような気がしますので、非常に残念です。

 
 

第1967回 ワニ肉が安い

 埼玉は朝から快晴。今日は風も弱いようなので、少し散歩を楽しみたいなと思っています。先日私の父親が購入した50年ぐらい前の、昔の家具調大型スピーカーを処分。

 いわば父親の形見と思っていたスピーカーですが、近年音はソフトになったものの歯切れが悪くなったなと感じていました。新しいスピーカーはDALIという会社の製品ですが、新たに接続してその音を聞いてみると、50年間の違いは歴然。

 同じCDを聞いても、音が全く違うようで、単に電磁石でコーンを動かしているだけのスピーカーのテクノロジーも、この間どんどん進歩していたんだなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は8167名。一昨日の発表は7133名、そして昨日が7681とのことで、ふたたび8000名台に突入。

 地域別で目立つのがチョンブリで832名。次がバンコクで790名。この調子で拡大が続くと、来週は1万名を越えて12000名程度になりそうな気もします。

 日本も同様ですが、マスコミは毎日何名増と騒ぎ立てることが増えています。これまでの情報では、デルタ株に比べて重症化する例は少ないみたい。

 逆に無症状の人が感染を拡大している可能性もあるわけで、そういったウイルスの特性をもう少しマスコミが報道してくれればいいなと願っています。

 豚肉の価格が高騰しているタイで、ワニ肉の人気が上昇しているそうです。あの姿からすると、到底食用には向いていない気がしますが、私はケアンズ旅行に行ったとき、ワニ肉を食べる機会がありました。

 見た目は白っぽく鶏肉みたいな感じ。ワニの姿を想像しなければ問題なし。食べてみると記事にもある通り、鶏肉に近い感じ。ただちょっと固い。
 
 しかし「ワニです」と言われなけば分からない感じです。記事にはタイのワニ肉は1kgで105Bと書かれているので、100gなら40円弱。確かに安い!
 
 豚肉の高騰が続けば、豚は高級食材となり、鶏やワニが庶民の肉になるのかもしれません。
  
 

第1954回 セントレジスバンコクのランチ

 今日の埼玉は朝から快晴。きれいな青空が広がっています。しかし北風が強い。外気温は10数℃だと思われますが、風が吹くと体感温度も数℃下がるので、コートが手放せない1日となりそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、昨日12日の数値で3787名。予想通り4000名を切りました。11日の数値は4079名でしたから、順調に減少しているように見えます。

 明日はもう少し減少して、3000名台前半の数値になるような気もします。3000名を切るかどうかが今週の注目点になりそうです。 

 ワクチン接種率は1回目が74.9%、2回目が65.0%、3回目が6.2%だそうです。(日本は1回目が79.0%、2回目が77.3%、3回目が36450人ということで、接種率は0.0%となっています)

地球の歩き方より

 セントレジスバンコクのレストランで提供されているランチメニューの紹介記事を読みました。ホテルの場所はBTSのラチャダムリ駅から100m弱。



 以前、駅に近いホテルを調べていた頃、ここは便利そうで雰囲気も良さそうだなと思っていたホテルです。グーグルマップで検索してみると、1泊の宿泊価格が22000円となっていて、ちょっと私には縁がないホテルだなとは思いましたが、ランチだけの利用ならなんとかなりそう。

 ストリートビューを見ると、駅から高架でホテルまで直結しているように見えます。ホテルそのものの口コミ評価も高そうです。

 ホテルのロビーにはこの時期特有の大きなクリスマスツリーが飾られているようです。記事に紹介されているレストランですが、12階にある「VIU」という名前です。

 レストランからは、すぐ隣にあるバンコクスポーツクラブの緑色の芝生が見え、展望も良く解放感もありそう。ランチコースですが4つぐらいコースがあるみたい。

 料理の内容はフルーツドリンク、パン、サラダ、スープ、メインディッシュ、ケーキトコーヒーだそうで、価格は4コースランチが699B、3コースランチが499B。

 事前にバウチャーを購入すると100B安くなるみたい。日本円にして2000~2500円前後でしょうか。バンコクに滞在していたら、ちょっと食べてみたいな思える内容です。
 
 

第1842回 パタヤのバーやパブは来年1/15以降解禁?

 今日も埼玉は朝からかなりの冷え込み。シーツを冬用の厚手の物に変え、パジャマは冬用に変更済み。あとはシーツの下に電気敷毛布を入れるとか、エアコン暖房の活用とか。
 
 しかしまだ11月なのに寒さを強く感じます。要するにシニアになって筋肉量が減少した結果、体自体の発熱機能が落ちているということでしょうか。

 一方で温度を感知する皮膚のセンサーも少しずつ機能が低下しているようで、寒いのに寒くないとか、暑いのにそれほど暑さを感じないといったこともあるようで、(実家の母親を見ていてそう感じます)知らないうちに体が冷えていたり、熱中症になっているということが今後増えていきそうです。

 そういった寒暖の差を感じなくて済むという意味では、タイやマレーシアはやはり過ごしやすいんだろうなという気はします。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は14日付の数値で7079名。11/10には一時7000名を切りましたが、週末は増加。

 ただ前週に比べると1000名程度減っているようです。であるなら明日か明後日の値は、再び7000名を割り込むのではと期待しています。

 11/1からのタイ開国に伴って、入国した人の10%がパタヤに向かうという記事も出ています。バンコクに比べると、少しだけですが物価が安く、海が近いということが魅力なのでしょうか。

 ただバーやパブの再開は来年1/15以降という記事も出ているので、パタヤには来たもののやることがないという観光客が続出するのかも。

 パタヤ市街を歩き回ると言っても、普通の観光客は「セントラル・フェスティバル」や「ターミナル21」以外には、それほど行きたいと思える施設はないはず。

 とは思うものの、ホテルの部屋やカフェに入って何もせずダラダラと日常を過ごすのが好きという人にとっては、観光客が少ない今は絶好のチャンス?

 その意味ではパタヤのノースにある大型リゾートホテルに宿泊して過ごすというのも一つの旅の在り方なのかも。 

 といったことを考えながら、グーグルマップでノースパタヤの市街図を見ていたのですが、パタヤ市街には一つしかない寺院が、ノース方面にはいくつかあるみたい。

 交通手段さえ確保できれば、こういった寺院巡りも楽しいのかなと思えて来ました。


 

第1838回 ノンアルコールのおいしい飲み物が増加?

 埼玉は朝方ちょっと冷え込みましたが、今はきれいな青空が広がり、この後気温も20℃前後まで上昇するようです。市民農園には玉ねぎの苗も植え終え、後は成長を待つばかり。

 9月ぐらいに種を蒔いた青菜の類も、ぐんぐん成長し食べるのが追い付かないぐらい。ガソリン代が上がっているため、野菜の購入費用が節約できるのは有難いなと思っています。

 一昨日久しぶりに図書館に行き旅行コーナーを見たら、21年版の「るるぶ静岡」があったので早速借りて中を見ています。るるぶは基本的に食べ物情報が多いのですが、まあよく見ていくと博物館の類も紹介されています。

 新東名高速というのも走ってみたいなと思っているので、清水か静岡、さらに浜松まで足を延ばして3泊4日の旅行が出来るのではと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されている4日付のタイの新型コロナ新規感染者数は7982名。週後半は数が増える傾向にあると思っているのですが、明日以降はいよいよ7000名以下が視野に入ってきたなと思っています。

 地域別ではバンコクが827名とのことで、この数字が何名にぐらいになったらタイに行く気になるかなあと考えるようになりました。理想的には100名以下かなと思えるのですがどうでしょうか?

 今回の青森旅行でも感じたことですが、日本のホテルの部屋はともかく狭いですね。まあ泊まっているホテルが地方の安いホテルで、タイで言えば2000B程度の価格ですからやむを得ないのかも。

 しかし広さが15~20m2の部屋は、コンパクトにまとまっていますが、ホテル滞在を楽しむ気分には浸れません。その点タイのホテルは基本的に部屋は広いので、それだけで部屋で寛げます。

 そういったちょっと余裕ある滞在を1万円前後の費用で楽しめるのはタイならではだなと感じます。

AFP BBニュースより
 
 度重なるアルコール販売提供の停止により、一番被害が大きかったのがバーのようですが、そのバーでノンアルコールの飲み物の開発が進んでいるようです。

 記事で話題になっている店は中華街のはずれにあると書かれているバー「ティーンズ・オブ・タイランド」という店で、ここで「モクテル」と名付けられた飲み物が提供されているそうです。

 中身は「クラトム」という鎮痛作用と軽い刺激効果のある薬草「クラトム」を使ったカクテルだそうで、1杯が4ドル。私自身は断酒中で、アルコール類は一切断っているので、こういった飲み物がバーで飲めるというのは歓迎。
 
 ちょっと試してみたいなという気もします。