FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1813回 マンゴツリー・カフェ鎌倉小町通り店がオープン

 昨日夕方は突然のゲリラ豪雨により、気温が一気に低下。夜は久しぶりにエアコンなしの網戸で就寝。ところが今度は朝方冷えすぎで、未明に起床。慌てて窓を閉めました。

 しかし気温差が激しい。6時に起きるとかなり涼しい。たぶん外気温は23℃前後だと思われます。朝食時にはいつも新聞朝刊を読んでいるのですが、菅総理は人気の無さに危機感を抱いたのか、三役交代とか衆議院解散を言い出したみたい。

 野党からは国会開催を要求されているのに、それを無視しているようで、野党が怒るのは当然。コロナに関する議論を避け、「安全安心を目指す」というだけで、国が何をしているのかさっぱり分かりません。

 それにしても、首相というポジションはそれほど魅力があるのか?出世争いには無頓着だった現役時代を振り返った私には、実に不思議に感じられます。

 ただタイ旅行に行くとき、最近は飛行機のビジネスクラスを利用することも多いのですが、ほんのちょっとだけ他者より大事に扱われているという優越感を味わうことも出来、もしかしたらああいった気持ちの延長線上に権力への執着があるのかという気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 31日付けのタイの新型コロナ新規感染者数は14666名で、遂に15000名を切りました。どんどん減ってきたなという印象があります。

 9/1からは様々な規制緩和が行われるようですから、もしかすると9月中旬以降にまた感染拡大が起きるのかも。結局ほとんどの国が同じような過程をたどり、感染拡大と経済再開を今後も繰り返していくのかなという気がします。

 つまり「コロナとの共存」を否応なしに選択せざるを得ないということになりそうです。
 
 タイの「マンゴツリーカフェ」が9/6、新たに鎌倉小町通りに店をオープンさせるみたい。9/12まではオープンキャンペーンが行なわれ、価格が通常より200円ほど安く設定されています。

  ちなみにこのお店はすでに日本各地に30近い支店があるようでびっくり。埼玉県にも2店舗、西大宮店は国道16号沿いの店で、我が家から車で行けそう。

 大宮ルミネ店なら鉄道利用が便利かもと思いながらメニューを眺めると、おいしそうな料理が並んでいます。

 それはそれとして、ふと思いついてグーグルマップで、バンコクの私の定宿だったMRTルンピニ駅近くのエータスルンピニの様子をグーグルマップで見てみました。

 画像が撮影されたのは昨年の9月ですが、どうやらホテルは休業状態。気になっていたのは、ホテルからいつも見ていたラマ4世通の反対側の敷地に出来ると思われる「ワン・バンコク」と呼ばれる複合施設。
 
 現在建設がどのくらい進んでいるのかはよく分かりませんが、昨年の画像を見ると、建物の基礎がどんどん構築されているみたいです。

 調べてみると、2025年にはすべて完成の予定だそうで、50階建ての高層ビルも出来るみたい。かなり楽しみです。


 

第1756回 人気のタイ料理トップ10

  今日の埼玉は朝から曇り空。昨日までの空模様とはちょっと違うようです。我が家近辺の桜は、そろそろ最盛期を過ぎる時期になったようで、花びらが散り始めました。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は42名で、昨日よりさらに減少。しかも18名は海外からの入国者。国内感染者は24名で多い地域はサムットサコン県11名、バンコク10名。

 両地区ともに市場周辺で感染者が出ているのではと想像しているのですが、だとすれば市街で感染する可能性は低そうです。

 タイ国政府観光庁が人気のタイ料理トップ10を発表。ただしもとになったアンケートに応募した件数は1643件と書いてありますので、ちょっと少ない感じ。

 リンク先ページに出ているベストテンを見てすぐ分かったことは、私の場合はタイ料理をあまり食べていないんだということ。リストの中でよく口にするのはガイヤーンぐらい。

 いつもはタイ料理というか中国料理に属するのではと勝手に思っている野菜のオイスター炒めを食べることが多いような気がします。

 あとはそういった野菜炒めを米粉麺にかけたもの。まあ好みは人それぞれ。ただ1週間以上の旅程だと、タイ料理だけでは持たない。やはり寿司が食べたくなります。

ロイターより

 タイの観光部門は、コロナの感染拡大によって壊滅的打撃を受け、雇用が145万人失われたという記事が出ています。タイの労働人口は3800万人いて、その中で観光部門は450万人いるとも書かれています。

 450万人の中で仕事を失った人が145万人いるということになると、3分の1の人が影響を受けたということになりそうです。

西日本新聞より

 タイ国王が王室財産を独占という記事が出ています。リンク先ページのトップ画面の画像を見た時、「あれ?なんか見覚えがある景色だ」と思ったのですが、グーグルマップで確認してみたら私が良く利用していた「ルンピニ駅」近くの空き地でした。

 以前はボクシングスタジアムがあった場所ですが、取り壊され更地になり、さらに最近ここ数年は基盤工事が行われていたので、「何が出来るんだろう?」と、向かいにある「エータスルンピニ」というホテルに宿泊していつも思っていました。

 この敷地、どうやら王室が持っている土地のようで、そこに新しくホテルやオフイス、マンション、ショッピングモールが出来るみたい。

 王室はどうやらその土地の賃貸料を得るという仕組みのようで、王室財産がどんどん国王個人名義に変更されているみたい。

 いずれその内情も徐々に分かってくるとは思いますが、そうなるとまたタイという国そのもの政治的安定性が揺らぐような気もします。 
 

第1719回 スシローがセントラルワールドにオープン予定

 今日の埼玉はかなり冷え込みました。土日が暖かかったので余計に寒く感じます。しかし天気予報を見ると、最高気温が低いのは今日ぐらいまでで、今後は10℃以上の日が続きそうです。

 基本的に10℃を越えて風がなければ出歩くのにも支障は感じません。しかし昨日から埼玉は緊急事態宣言が延長されていますから、やはり不要不急の外出は控えた方が良さそう。

 と頭では理解していますが、徐々に体の方に「自由に動き回れない」という意識によるストレスがたまってきたみたい。以前はストレスを感じると、数か月に一度湘南に行って海辺のドライブを楽しんだりしていましたが、今は遠慮せざるを得ません。
 
 まあ暖かくなってくれば、気温による感染抑制作用も出てくるし、春からはワクチンの接種もありそうなので、今が我慢のしどころなのかも。
 
タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は186人。昨日よりさらに減少。10名がタイ入国者。外国人労働者は35名と激減。一方タイ人が141名と書かれていて、タイ人の感染が増えてきたようです。

 ハウス食品が2/8から日本全国で「ごちレピライス(ガパオソース)」というルウタイプの製品の販売を始めてみたい。個人的にはタイに行っても「ガパオライス」は滅多に食べないので、内容は良く分かりません。

 作り方はひき肉と玉ねぎを用意して、それを炒めて煮込むだけ見たい。手軽にタイ料理を作って食べることが出来るというもの。本場のタイでは、ガパオライスはナンプラーを使うみたいですが、この製品はオイスターソース等で味付けしているみたい。

 スーパーに買い物に行ったらチェックしてみようかなと思っています。
 
 バンコクのセントラルワールド7階に、日本の回転寿司で超有名な「スシロー」が、今年3月にオープンするみたいです。場所は閉店した「伊勢丹」の上の階。

 この記事を見て、たまにはこういった店でランチもいいかなと思い、我が家の近くの店舗を検索したら、15km圏内に3店発見。メニューを見たら握りが100~300円くらい。もっと高いのではと思っていました。

 バンコクのお店ではいくらぐらいの設定になるのかは不明。単純に考えれば30~100Bぐらい?その程度なら利用もありそうです。

 ちなみにバンコクで私が良く利用する寿司店は、シーロムコンプレックスにある「寿司田」です。多分この店だけで7~8回利用していると思います。
 
 価格はバンコクの物価を考えるとちょっと高いのかもしれませんが、回転すしではないきちんとしたお寿司が食べられ、ネタも新鮮で、回転すしとは明らかに格が違うと思っています。
   
 

第1632回 日本国内でレトルトタイ料理を楽しむ

 埼玉は朝から良い天気。気温も低め、湿度も低い感じ。いよいよ本格的な秋だなと感じますが、太平洋上には台風があって、週末は日本に接近するみたい。

 gotoトラベルを利用して、週末に出かける予定だった人は、台風動向には注意が必要かも。個人的には台風が過ぎた来週あたり、ちょっと出かけたいなと思っていますが、思っているだけで目的地も決めていません。

タイランドハイパーリンクスより

 タイ料理の冷凍食品が明日から新しく販売されるみたい。写真を見る限り結構おいしそう。現地で食べれば、値段はこの半分以下で済みそうな気もしますが、日本でタイの味が楽しめるなら結構いいかも。

 基本的には鶏肉や豚肉の串焼きということで、値段が4本入りで480~680円。私には豚がおいしく見えます。販売しているのは「スースーデリ」という店で、そこには上記以外の食品も出ています。

 なるほどそうかと思って試しに私が良く利用する楽天市場で似たような商品がないか調べてみたら、1番人気が以下の商品でした。機会があったら、買ってみてもいいかなと思っています。




バンコクポストより

 観光自粛の影響で、宿泊予約サイトの代表格であるagodaも苦境に陥っているみたい。そのため5月にスタッフを25%減らしたとのこと。

 もともとスタッフは5500名だったようですが1500名を解雇。残ったスタッフ4000名の内、2200名はタイで働いているみたい。
 
 さらにagodaはこの残留スタッフの給料も2割カットするみたい。経営者側はこれで何とか1~2年は営業出来ると予測しているようですが、果たしてどうなるか?

 しかし大手のagodaがこの状態だと、中小の地元に根差した宿泊予約サイトの経営はかなり危機に瀕している筈。タイ旅行が再開されても、希望していたホテルが営業していないとか、予約サイトが消えてしまったといったトラブルが起きるのかもしれません。
  
 

第1607回 無印良品がタイ料理食品を販売

  今日の埼玉は、気温は低いものの湿度がひじょうに高いみたいで、実に不快。そんな中室温もじわじわ上昇中で、今は28.5℃。いつもは30℃でエアコンを入れるのですが、今日はそろそろエアコンの必要性を感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイ内閣が非常事態宣言を9/30まで延長する案を承認したみたい。記事には数字が記載されていませんが、多分タイに戻ってくる帰国者の中に、毎日何人かの陽性者が検出される状態を憂えているのではと推測しています。

 しかし経済的に困窮する人は続出しているようですから、そういった人たちを何らかの形で援助する体勢を整えないと、今後ますます反政府デモが激しくなるような気もします。

 さらにデモが激しくなれば、今度は取り締まりも徐々に強化され、やがてはかつての対立劇みたいなものが勃発?そうなるとコロナが終息しても、旅行は難しいということにもなりそうです。

 無印良品が、「ごはんにかける」シリーズというタイ料理を販売しているんですね。知りませんでした。我が家の近くにも無印良品の店が確か1軒あったような気がするので、機会があったら確かめてみようと思います。

 料理の種類は全部で13種類。価格が290~350円ぐらい。ちょっと高いレトルトカレーと同じような値段設定でしょうか。掲載された料理の画像を見ると、「ちょっと食べてみてもいいかも」と思えるものもいくつかあります。

 ただ私がバンコク市街を彷徨っているとき、この手のいわゆるぶっかけ飯を食べることは滅多にないです。地元の人は屋台等の片隅で商売の傍らこういった食事をしているように思えますが、日本の立ち食いソバの感覚でしょうか。

 かつてターミナル21内の有名レストランで、上品なぶっかけ飯を食べたこともあるのですが、ハーブの匂いがきつくて、「あんまりうまくないんだな」という先入観もあります。

 結局私がタイのレストランで一番よく食べるタイ料理?は、各種野菜のオイスターソース炒めや酢豚の類が多いみたい。この料理はどの店に入ってもそれほどはずれはないような気もします。
 
 しかしこれだけ長くタイに行きたくても行けないという期間が続くと、タイ料理が恋しくなることも事実。日本のタイ料理レストランに行けばいいような気もしますが、タイで100~150B(500円前後?)で食べられる料理が、日本だと1000円を軽く超えてしまうことが多いみたい。

 てなわけで、我が家の近くにもタイ料理レストランがあるみたいですが、利用経験はありません。でもたまには行ってみてもいいのではという気がしてきました。