FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第252回 オアシス・ラウンジは味の良い店でした

 おはようございます。タイ時間朝の8時過ぎです。朝自宅を出て、成田空港のラウンジで昨日分のブログを更新。今日からはいつものようにダイジェスト版の旅行記をここでまとめ、帰国後詳細版をメインサイトでまとめる予定です。

 飛行機は定刻の10分ほど前に動き出し、11時過ぎに離陸。と思ったら、いつもよりかなり激しく急上昇。やはり台風の風の影響があるんだろうなと思いましたが、かなり横揺れを感じました。

 ただ不思議と横揺れは怖い感じがしません。新幹線に乗っているような印象でしょうか。やはりストンと落ちる方が怖く感じます。

 しかし30分ほどかけて荒れた気流の上に出ると、あとは順調な飛行です。ちなみに搭乗時は通路側に座っていたのですが、乗ってしばらくしたら、なぜかフライトアテンダントさんから声をかけられ、「後ろの席が空いていますので移動しますか?」と言われ、了承。

 結局後ろの方ですが、3人掛け席の真ん中に一人で陣取って、広い空間を楽しみました。これだと機内で軽く寝るのにも都合が良いです。

 機内食はタイ風ポークカレーを選択。確かにタイ風の味付けでした。到着直前にアイスクリームも出ました。しかし見ようと思った映画に日本語字幕がないので、これは改善の余地ありです。

 スワンナプーム空港はイミグレ大混雑で通過に50分かかりました。もう一つのイミグレに行けばよかったと反省。ホテルへはエアポートレイルリンクと地下鉄を乗り継いで移動。運賃が両者で50Bぐらい。

 久しぶりに宿泊したフラマ・アソークですが、最初に案内された部屋は天井のエアコン部分から水漏れ。フロントに水が漏れてますと申し出て、部屋を交換。3階の部屋ですが、ビューはまったくなし。ただ静かです。

 夜は両替の都合もあり、先ずはタニヤの酒屋さんで両替し、その足で今回行ってみたかったお店の一つである、スラウォン通り沿いの「オアシス・ラウンジ」へ。

 ここ小さな店ですが、割と落ち着けます。良かったのは料理がおいしかったこと。豚肉の挽肉炒めとシーフードのお粥を食べましたが、堪能できました。

 食後はまず「バダヴィン」へ。以前、飲み物を奢った子がたまたま目の前にいて、ダンスが終わったらすぐ横に来て、また奢らされてしまいました。いい子なんですが、英語ができないらしく、会話が成立しません。

 ちなみに女の子は1ステージで30人ぐらいいたと思いますが、パッポンでは一番美しい子が多いのではないかと思います。次にいつものエレクトリックブルー。

 以前良く横に来た子がいませんでした。それ以外の子は・・・・・?という感じで、一部の客が盛り上がっていましたが、どうもその内容は下品なサービスみたいなので、興醒めで店を出ました。

 次がピンクパンサー。ビールを控えて水を飲みながらダンス鑑賞。でもステージが遠いので、目の悪い私には不向き。諦めてカウボーイに戻り、ライトハウスへ。しかし話そうという気になれる子がいない。

 というわけで、まあバダヴィンで少しダンスを楽しませてもらったので「今日はヨシ」と考えてホテルへ。11時就寝です。

 

第251回 成田のIASSで、ワクワク感に浸っています

 8月の旅行を爆弾騒ぎでキャンセルし、このときはマイレージで取得したチケットだったので、そのまま12月に移行。これで一安心と思っていたのですが、前回行ったのが6月ですから、結局待ちきれないと思い、今回の旅行となりました。

 今日は朝5時半に目が覚め、最後の荷物チェックをして6時40分ごろに、自宅を車で出発。今回は常磐道のつくばJCから圏央道に入り、さらに新しく開通した大栄JCから成田へという新しいルートで来ました。

 途中三郷JCが妙に混んでいましたが、そのほかはスムースに走ることができ、朝から高速ドライブを楽しむことができました。

 車を停めたのはここのところ常用しているシャトルパーキングさんですが、相変わらず手際が良いので助かります。ただ予約は今日から急に増えて明日からがピークだと言っていましたので、やはり三連休を利用して出かける方が多いんだなと感じました。

 空港内もかなり人が多いようでしたが、タイ国際航空のチェックインカウンターは7~8カ所開いていて、5分ほどで手続き終了。そのまま展望ラウンジに上がってしばらく飛行機の離陸風景を眺めていましたが、今日は台風の影響もあって北風が強く、結構寒いです。

 10分ほど見学して、建物内に入り、今はIASSというクレジットカードラウンジでこれを書いています。しかしここもかなり混雑していてびっくり。この後10時を過ぎたら手荷物検査に行き、出国審査を経てゲートに向かうことになります。
 
 ちなみに今回のチケットは格安のキャンペーンチケットだったらしく、マイレージは加算されませんとチェックインカウンターで言われ、ちょっとがっくり。安いので予約したのですが、思わぬところに落とし穴がありました。

 IASSのラウンジですが、入口にハワイの街頭に置いてあるフリーペーパーの「アロハストリート」の最新版が置いてありました。もらっていこうかなと思ったのですが、結構重たいので面倒になってやめました。

 ラウンジでは朝からビールを飲んでいる人が多数います。こういう様子を見ていると、もう旅行が始まっているなという楽しさを感じます。ただ私はバンコクの夜遊びでビールを飲むことになると思うので、今はウーロン茶。

 コーヒーでもいいのですが、最近利尿作用を強く感じるようになり、離陸待機時間がないとトイレが近くなりそうで控えています。

 というわけで、いよいよワクワクドキドキ、波乱万丈は大袈裟ですが、楽しい旅行の始まりです。

 

第206回 8月下旬の旅行はキャンセル、次回は12月

 ハワイから帰国しほぼ1週間が過ぎ、ようやく時差ぼけが治ってきました。今回は長かったです。理由は不明。加齢によるものと、日本の蒸し暑さで寝苦しいというような要因が重なったのかなと思っています。

 8月下旬のバンコク行きですが、すでにメインサイトの「バンコク ぶらり一人旅」でお知らせしたように、今回はキャンセルと決断しました。

 理由も書きましたが、爆弾事件の他に私が出発を予定していた24日の予想天気図で、二つの台風が台湾近辺と伊豆諸島近辺に近づく恐れがあり、すでにチャイナエアラインのホームページでも運行に支障が出る可能性があることが指摘されている事も考慮しました。

 さらに夏の猛暑の疲れか、母親がちょっと体調を崩していることもあり、そんなときに私がわざわざ台風をかいくぐって、厳戒態勢のバンコクに行ってしまっては、ますます心労が重なるとだろうと予想。

 親の心配をしながら、チャイナエアラインの運行状況を調べ、さらに現地での行動もある程度制限せざるを得ないとなると、充実した楽しい旅行は実現できないと判断しました。

 散々準備を重ねて頂上目前まで来た登山家が、天候急変で引き返すか、さらに強行するかの判断を迫られることがあると思いますが、それと同じ心境ですね。かなり悔しい思いをしています。

 しかしいつも言われることですが、「何かあってからでは遅い」「あのときこうしておけば・・・」という転ばぬ先の杖という判断は重要だと思っています。

 ましてや負の要因が三つも重なっているとなると、キャンセルはやむを得ないだろうということです。ちなみにキャンセル料はホテル代が1.7万ぐらい。ベルトラベルサービスが0.3万ぐらい。

 成田の駐車場は無料。航空券は特典航空券でサーチャージ等を1.5万支払っていますが、今回の旅行をキャンセルと同時に年末の旅行を予約しましたので、実質的に無料。

 ついでなので、年末はもう1泊増やし8泊9日にしました。予定としては2、2、4か2、3、3泊で間にパタヤを入れようと思っています。

 というわけで、これから四ヶ月ほどは旅行に行く機会がないので、ある意味少し落ち着いた生活になりそうです。ただし来年の4月以降は、パートの仕事も止め、本格的に全面リタイヤして旅行を楽しむ人生にしたいと思っています。
 
 また24以降の日程に余裕が出来たので、台風の動きを見ながら短期の国内旅行に行くかもしれません。