fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1980回 次回のタイ旅行は中期滞在?

 母親が亡くなってほぼ2週間。最初の1週間は喪失感を覚えつつ、市役所で国民健康保険等の手続きで終了。次の1週間は遺産分割に関して妹と協議。

 と言っても母親の意向もあり、すべての遺産を2分割するということで、協議はあっさり終了。今後は各種銀行口座の名義変更や年金に関する手続き、お墓の名義変更や納骨ということもあり、ともかくやることが多いですね。

 まあそういった手続きに邁進していれば気が紛れるという側面もあるようです。時を同じくして、息子が、3月以降は今付き合っている彼女と一緒に住みたいということで、すでに一足先にマンション暮らしに移行。

 その結果、私は今の住居に一人暮らしとなり、気が付くと1日中ほとんど誰ともしゃべる必要がなくなり、「こりゃちょっとまずいぞ」と思っています。

 というわけで、今は様々な諸手続きに忙殺されていますが、それが一段落したら、今度は自由に旅行に行けそう。旅先で人とかかわることが出来れば会話不足の解消にも繋がります。

 パタヤあたりに長期滞在している欧米人も多いようですが、多くの人が昼からカフェやバーでおしゃべりに興じている姿を見ると、彼らもやはり会話を必要としているんだろうなという気がしてきました。
 
タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は15日付の値で14373名。曜日の関係なのかもしれませんが、一時期16330名に達していたことを考えるとちょっと朗報です。

 先日我が家にもようやく3回目の接種券が送付されてきました。私が2回目を接種したのは昨年の8月ですから、2月下旬には6か月経過ということになります。

 当初、3回目は8か月経過しないと接種できないということでしたが、接種券に記載された内容を見ると、いつのまにか「6か月」という数値に変更されていました。

 3回目接種が思うように進んでいない影響もあるのかなと思いますが、現状は6次の感染拡大にも終息傾向が出ています。そんな中、これまでとは種類の違うアストラゼネカのワクチン接種というのは、ちょっとだけですが勇気がいります。

 逆に言えばそれだけ予約枠が空いているということなのかなとは思っていますが、接種の決断にはもう少し時間が必要だなと思っています。

 ちなみに、次にタイに行ける時は、家族のしがらみがなくなりましたから、これまでよりちょっと長い期間の旅行を楽しめるのではと期待しています。

 ただ今タイに行っても、ナイトライフは楽しめなさそうもなさそうなので、勢いホテルライフ、寺院巡り、タイ料理を楽しむという旅行パターンになりそう。

 しかも地方の方が人も少ないはずなので、チェンマイやチェンライあたりの高級ホテルの宿泊もいいなあと、いろいろ楽しく悩んでいます。
   
 

第1970回 test&goプログラムが2月から再開

 埼玉は今日も寒い朝です。起きがけのリビングの室温は3℃でした。その昔というか50年ほど前に父親の仕事の関係で仙台に住んでいたことがあるのですが、その時の住居が木造の借家。

 今の家屋に比べると断熱効果も低く、冬場の寒さも連日マイナスだったようで、窓に凍り付いた水分が花のように広がっていたことを今でも思い出します。

 それに比べれば、今の住居環境は良いんだろうなと思っていますが、加齢によって体力そのものがなくなり、寒さに弱くなったなと感じることも多いです。

 その意味では、20年ぐらい前から考え続けている、冬場だけでも暖かい地方で過ごせたらいいなという気持ちが切実になっています。

 候補となるのは、私の場合国内なら南伊豆や沖縄、海外ならやはりバンコクやパタヤかなという気持ちがあります。かつてはハワイがいいなと思っていましたが、このところの物価高を見ると、とても暮らせる場所ではないなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイ入国の「テスト&ゴー」プログラムが2月から再開されることになったようです。このプログラムでは、初日と5日目に提携病院があるホテルに宿泊してPCR検査を受ける必要があり、検査費用を含む費用は宿泊料金は前払いだそうです。

 また5万ドル以上の医療保険の加入が必要なようで、保険費用も大きな金額になりそう。とはいえ、それでも行きたいという人は大勢いるんだろうなとも思っています。

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、20日付の発表で8129名。残念ながらというか、再び8000名台になってしました。

 地域別ではバンコクが1168名、チョンブリ445名とのことでバンコクの増加が目立ちます。ただ1/9に発表された最高値8511名からは少し減少していますから、その辺の推移を見て、当局はtest&go再開に踏み切ったのかもしれません。

 利用頻度の高い20B紙幣が、ポリマー紙幣になるようです。記事を読むとかつて50B紙幣でも流通したことがあるようですが、私は遭遇した記憶がありません。

 ポリマーで作られた紙幣の手ざわりや柔らかさというのはどういうものなのか?タイに旅行に行くと、20B紙幣があっという間に財布を占領するということが良くあります。

 ポリマーになって、ちょっと厚めの紙幣になったら取り扱いが面倒そうにも感じられるのですが、実際のところどうなんでしょうか?速くお目にかかりたいものです。
 
 

第1969回 「テスト&ゴー」再開の兆し?

 今日の埼玉の朝はかなり冷え込みました。外気温はたぶんマイナスだったと思われます。起きて階下のリビングに降りてファンヒーターのスイッチを入れたら、室温は3℃でした。

 冷え込んだ分外は快晴。きれいな青空が広がっていますが、空気がともかく冷たい。風が吹いていないのがせめてもの幸いでしょうか。

 ヤフーのニュースを見ていたら、今日の夕方5時41分ごろ、日本上空をISSが通過するという記事を発見。南西から北東に向かうそうで、我が家の2階のベランダから見ることが出来そうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、18日付の発表で6397名とのことで、曜日の関係もあるのか、かなり大きく減少。

 地域別ではバンコクが753名、チョンブリ556名とのことでした。明日以降は再び増加するとは思いますが、ほぼピークに達したという見方も出来そうな気がします。

 隔離なし入国プログラムの「テスト&ゴー」は、コロナの感染拡大を受けて停止処置がとられていますが、どうやらこれの再開を提案する動きが出てきたみたい。

 保健大臣からの提案だそうですが、オミクロン株の症状がかなり軽いので、タイは対処できるという判断だということです。ある意味、それは良かったと思うところですが、これによって再度海外からの観光客が増え、その中にマナー違反をする旅行者が多ければ、再び再拡大ということにもなりそうで、地元の人も複雑な思いなのではと想像しています。

バンコクポストより
 
 インドネシアが首都移転を決断したという記事が出ています。現在の首都はジャカルタですが、人口密集による大気汚染や温暖化による洪水等の被害を避けるため、ボルネオ島のカリマンタンに移転するそうです。

 「これはすごい決断だな」と思ったのですが、地理的な場所が良く分からず、とりあえずグーグルマップでボルネオ島のカリマンタンを検索。

 すると、場所はジャカルタの北東1500kmぐらいの所のようで、間にジャワ海という海があります。記事にはカリマンタンのジャングルエリアという記載もあり、相当大きな再開発になりそうです。

 実際の移転までには少なくとも数年はかかると思われますが、ジャカルタ市の沿岸を見ると、かなり海面が迫ってきているようにも見えます。

 当然ながらいずれバンコクも水没すると言われていますから、今市街地で発展を続けている地下鉄網も、いずれ大きな打撃を受けることになるのかもしれません。

 

第1847回 タイ国際航空が「サイバーマンデーセール」

 今日も冷え込んでいる埼玉です。北海道や日本海側では大雪なんて言うニュースもあったようですから、それに比べれば昼間は17℃ぐらいまで上昇するみたいなので過ごしやすいと言えそうです。

 しかし加齢に伴って筋肉量が年々減り、なおかつ血圧コントロールを厳格におこなっているせいか、体が冷えるなあというのが実感です。

 今日はこの後いつもの診療所に行って、2週間前に行った血液検査の結果を聞いて、ついでにインフルエンザの予防接種を受ける予定。

 もしコロナに対する感染対策が徹底出来れば、インフルエンザの患者数はそれほど増えないような気もするのですが、どういうわけかマスコミの論調は、今年のインフルエンザ患者数は増加すると言っていますので、やはり心配になります。

 幸いに65歳以上の高齢者は接種料金が無料になるみたいなので、「まあそれならばいいかな」という心境ですが、日ごろから服薬している薬もあり、コロナのワクチンも接種し、さらにインフルエンザの予防接種となって、体内は薬だらけだなあと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、25日付けのものですが、予想通り6000名を越えて6335名。昨日の24日付けの発表では5857名となっています。

 明日あたりも6000名を越してしまうかもしれませんが、来週前半は4000名前後になるような気もします。

アジアトラベルノートより

 タイ国際航空がサイバーマンデーセールを開催するそうです。販売期間は11/22~11/30。搭乗期間は11/22~来年3/26まで。運賃が諸費用込みで46000円。

 3月ぐらいには感染も落ち着きを見せているかもと期待したいところですが、先行きは全く不明。航空会社側としては一人でも多くの予約客から現金を得たいと思っているのではと想像しています。

 ページ内にあったリンクを辿ってタイ国際航空のページを見てみました。気になっていたのがビジネスクラスの料金。2月中旬の日程を仮に入力してみたところ、ビジネスクラスは155900円でした。
 
 諸費用は含まれていませんから、実際には18万前後かなという気はしますが、これまでは20万円以上だったと思うので、多少お得感があるなとは感じます。


 

第1844回 HISのツアーを調べてみると

 今日の埼玉は朝から結構冷え込んでいます。朝の外気温はたぶん7℃前後。6時ぐらいに起きたのですが、ベッドを出る気にならず、先ずは部屋のエアコン暖房をオン。

 15分ほど待って室温が暖かくなってからなんとか起き上がり着替えを持って階下のリビングヘ。しかし1階も寒かったです。エアコン暖房とファンヒーターを入れて洗面所へ。

 戻って少しだけ暖かくなったリビングで着替えましたが、室温は11℃でした。昼にかけては気温も上昇するみたいですが、冬の気配がじわりじわりと近づいている感じです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、18日付けで6901名。昨日の発表は6524名だったみたいですから若干増加。

 しかし明日以降はまた減少して、週明けには5000名前後になるのではと期待しています。

   前回の記事で書いたように、現在タイ旅行をするには規制が緩くなっとはいえ様々な書類を揃えるのがかなり面倒だなという印象があります。

 その意味では、今ならそういった面倒な手続きも含めて旅行会社がツアーを計画していてもおかしくないなと思ったので、ちょっとタイツアーについて検索。

 検索結果からHISのツアーを選んで5日間という日程で絞り込んでみると200件以上のツアーが出てきました。さらに1名1室という条件を加えてみたら、件数が一気に減少。11件となりました。

 その中で内容を見たのがAQホテル手配代行サービス付ランドパックプランを言うもので、宿泊はセンターポイントターミナル21。価格は12/1出発で69000円。
 
 それ以外の日は69000~84000円。意外に安いじゃないかという印象です。というわけで12/7出発が69000円だったので、仮に確定して先に進んでみると、このツアーのアピールポイントが出ていました。

 そのポイントは、往路の空港からホテルへの移動が専用車、到着後PCR検査、到着日の夕食+翌日の朝食付き、さらにキャンセルサポートやSHAホテルがセット。

 というもので、どうやらターミナル21に宿泊するのは1泊だけ。その後はソフィテルバンコクスクンビットに移動になるみたい。

 しかしここまで進んでようやくわかったことですが、行き帰りの航空運賃は含まれていないみたい。客の方で別途購入と最後の方に書いてあって、要するにこのプランはツアーではなくて、単に使い勝手が良い宿泊プランであるということが分かりました。

 ということはこれに航空運賃(5~10万ぐらい?)を加える必要があるということで、ちょっと価格の安さに目がくらんだ感じです。

 ちなみにリンク先ページにはエアアジアXを利用したツアーも掲載されているようです。