FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1567回 タイよりも日本が心配

 埼玉は朝から久しぶりの青空。気温も上昇しそう。折角の青空で、起きたときは大磯あたりに行って白キスの投げ釣りでもしてこようかと思っていましたが、天気予報を見たら南風が吹くという事で、海は荒れそう。

 大磯の場合、南風だと向かい風になるので投げ釣りには不向き。というわけで、今日は時間が確保出来たら古墳巡りかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は2名。両名共にクウェートからの帰国者ということで、国内の感染者数増0名が37日連続。これまでの累積感染者数は3173人ですが、回復した方は3059人だそうですから、回復率は96.4%。驚異的な数値です。

 15年ほど前に、タイに行こうと決めたとき、一番心配だったのが治安。ぼったくり等の例が頻繁に報告されていましたから、かなり不安でした。

 実際に行ってみたら、タイ旅行初心者だという事が態度や仕草に出てしまうのか、タクシーで倍以上の料金をふっかけられました。何とか交渉して2倍程度の金額で妥協しました。

 また王宮周辺で道案内をしましょうと親切に声をかけられて、いつの間にかトゥクトゥクが近づいていたことが数回。これは断りました。

 さらにBTSの高架で、いきなり美しい女性からきれいな英語で道を尋ねられ、返答に四苦八苦していると、ちょっとその辺でお茶でもと誘われたことが1回。

 私のようなおじさんがこんな美女に、こんな簡単に誘われるはずがないと警戒心を抱き、お断り。他にもいろいろな経験をしているうちに、丁寧な言葉できちんと断ることが出来れば、それほど大げさな事態にはならないんだと分かってきました。

 その後バンコク行きを重ねるうちに、逆にこういった出来事から疎遠になったので、やはり行動様式が初心者旅行者から通い慣れた旅行者に変わったのかなと思っています。

 二つ目の心配が健康。タイは日本よりも医療技術が遅れているのではという偏見?というか先入観がありました。一方で、食べ物の腐敗も早いということを聞いていて、最初の頃は冷たい飲み物に入っている氷についても心配していました。

 確かにタイに行き始めて5回ぐらいまでは、おなかが緩くなる時も多くあり、胃腸薬持参は必須条件でしたが、その後腸内細菌がタイの飲み物や食べ物に慣れたのか、そういった症状は、飲みすぎたときを除いてなくなりました。

 他にも、タイで気管支炎らしきものを発症してバムルンラード病院を受診したこともありますが、ホテルに宿泊するような設備、対応で、医療技術の遅れという先入観は見事に打ち砕かれました。

 というわけで、そもそもタイは日ごろから熱帯特有の様々な感染症に遭遇することも多いはずで、今回のコロナに対しても、迅速な対応が出来たのではないかと思っています。

 むしろ最近の東京や私が住んでいる埼玉県の方が新型コロナの感染確率は高くなっています。その現状を見ると、折角タイが海外旅行客に対して門戸を開きつつあるのに、日本の方が規制再開という事になりそうだなと感じています。


 

第1561回 パタヤビーチがきれいになった!

 今日も埼玉は朝から梅雨空。とはいえ、今のところ雨は降っていないし、若干湿度が高い以外気温も低めなので過ごしやすい。昨日は古墳巡りに行く予定でしたが、結局雨が降ってきたので断念。

 今日はどうかな?と思っているのですが、空を見るといつ降ってきてもおかしくない。いっそこと雨が降りそうもない地域に1泊旅行でも行こうかという気になっています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は5名増加のようですが、すべて海外から帰国したタイ人。今回はエジプトとカタールからだそうです。

 新型コロナの感染拡大で、いつも人が大勢ひしめき、屋台が立ち並んでいたパタヤビーチが本来の美しいビーチに変化したようです。

 私も何回か海辺を歩いていますが、繁華街の中心地であるセントラルフェスティバルのあたりのビーチロードは、朝から深夜まで多数の乗用車やソンテウ、大型観光バスが行きかい、ビーチ側の歩道も何をするでもなく多数の人が行きかっていました。

 さらにビーチに出ると、ひたすらビーチチェアが並んでいて、そこで日がな海を眺めながらのんびりできる態勢が準備され、そこでグダグダと時間をつぶす旅行者も多数。

 しかし波打ち際まで行くと、遠くから多少美しく見えるビーチでも、水は薄い茶褐色となり、あえて水に入ろうという気は起きません。

 「こりやとてもじゃないけどビーチリゾートじゃないぞ」と、行くたびに毎回がっくりします。そのビーチの美しさが復活したという事は、そこで人間が活動するだけで海は汚れるという証拠なのだと思います。

 ただパタヤはどこのビーチも汚れているのかと言うと、中心部を離れると意外に水がきれいだということも少しわかってきました。

 もう少し南に下がったジョムティエンビーチに行くと分かりますが、結構泳げそうな水でした。また5年ほど前に、パタヤの北にある「サンクチュアリオブトゥルース」に行き、寺院内から見た海の青さにびっくり。

 「パタヤの海って、こんなにきれいだったんだ」と感激しました。多分あの時の青さに近い状態にパタヤビーチも近づいているのかなという印象です。以下はその時の画像です・

サンクチュアリオブトゥルースから見たパタヤビーチ

 
 さて次回のバンコク旅行に備えてBTSやMRT駅近くのホテルを調べています。今日からはアソーク駅至近のホテルですが、200m以内のホテルをグーグルマップで見ると多数あることが分かります。

 というわけで先ずは駅に直結しているホテルと言えば「グランデセンターポイントターミナル21」ですね。トリップアドバイザーで情報を検索して、9月で最安値と表示された日の宿泊価格を見たら1.1~1.2万ぐらい?

 実際の価格は税金やサービス料を含めて1.4万程度になると思われますが、想像しているより安い感じ。このホテルの特徴はなんと言っても利便性。

 アソーク駅に直結している上、ターミナル21というショッピングモールも併設されているので、食事や買い物も便利。まあだからこそアソーク駅周辺にホテルが多いという事になります。

 この金額なら数泊してみてもいいかなと思えます。


 

第1559回 7/1からナイトスポットが解禁?

 土日は曇り空でしたが、雨は降らなかったので市民農園でジャガイモを掘ったり除草をしたり。しかし今日の埼玉は朝から雨。気温も下がっているようでTシャツだと涼しい感じ。

 テレビのニュースでは、県をまたぐ移動が解除されて初の土日となり、行楽地に賑わいが戻ってきたというニュースが多い。しかしこれでもかとばかり行楽地の賑わいを見せつけられると、なんか逆に反発心が湧きます。

 首都圏では相変わらず2桁台の感染者が見つかっていて、特に東京都が顕著。都は、感染者数が増えているのは積極的に検査を行っているからだと説明していますが、なんか意図的に誤魔化されているような気もします。

 てなわけで、私はちょっと都内の楽器店に行ってみたいなとも思っているのですが、まだ電車に乗る勇気が出ません。かといって車で行くのも、埼玉からはかなり時間がかかりそうで、ガソリン代や高速代も馬鹿になりません。

 なんか都内に出るより、ここ数年は海外旅行に行くことが増えているので、バスや自家用車で成田や羽田に行く回数の方が多くなっているような気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されたタイの新型コロナ新規感染者数は1名ですが、やはりこれまでと同じ海外からの帰国者だそうで、今回は南アフリカ。

 昨日は1名増で、バーレーンからの帰国者。一昨日は5名増加で、これはサウジアラビヤからの帰国者だそうですから、国内で感染者の拡大は0名が続いているようです。

 そんな中、7/1からはナイトスポットでの営業が再開される可能性が出てきたようです。現在は全く営業できていない実態が続いていますから、たぶん関係者たちの懐具合は絶望的な状況になっているのではという気もします。

 ただし再開にはCCSAという管理センターの承認が必要となるようで、今週中に動きがあるものと思われます。

 子供の靴の中に小さなコブラを発見という記事も出ています。添付された動画を見ると、ちゃんとコブラの威嚇行動をとっています。

 子供用の小さな靴で、コブラの体長は20cmぐらい?靴が小さかったのですぐに分かったと思われますが、例えば長靴なんかで奥の方に潜んでいたらどうなのか?と考えるとかなり不安。

 さて次回バンコクに行ったら泊まってみたいホテルを調べています。今日はプロムポン駅からソイ24を南に下った左側にある、ヒルトン・スクンビット・バンコクというホテル。

 名前からして、まあ私には無縁のホテルだなという気がしますが、一応調査。グーグルマップで場所を調べると、左側宿泊料金が表示されることが多いのですが、1泊が1.3万前後。

 試しにHotels.comというサイトで詳細を調べると最安値が1.1万ぐらい。税金やサービス料を含めるともっと高くなるはずですが、思ったより安い感じ。

 ただし朝食なしプランのようで、朝食をつけると1.46万円ぐらい。朝食代が3500円に相当すると考えるとちょっと暴利?部屋の広さは36m2と書いてあって、当然バスタブもあり。

 トリップアドバイザーで評判も見てみましたが、とても悪いという評価の中に、「確かにこれじゃあ不愉快だろうな」と思えるコメントもいくつかあり、宿泊料金をと見合わないかもと、ちょっと印象が悪くなりました。