FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1563回 チャオプラヤースカイパークがオープン

 今日の埼玉は梅雨時らしい曇り空。ちょっと蒸し暑い感じ。しかし今のところ雨は降っていません。昨日の未明、トイレに起きて、再びベッドでまどろんでいたら、何やら体が異変を感じました。

 「もしかすると地震かも」と思った数秒後、ゆっくりした小さな揺れを感じ、さらにその後少し大きな揺れが来たので、距離的には近いけど、規模は大きな地震かもと思いながら、幸い物が落ちるような揺れではなかったので、そのまま眠りへ。

 6時半に起きてスマホの地震情報を見たら、震源は千葉県東方で最大震度は5弱と書かれていて、「やっぱり大きめの地震だったんだ」と確認。

 幸い大きな被害はなかったようですが、新型コロナに加えて地震ではたまったもんじゃないなと感じます。さらに今の時期は梅雨明けの豪雨被害が起きやすい時期。無事に梅雨が明けることを祈っています。

 今日の朝のテレビのニュースでは、ビジネス客等に許可されたベトナム便の搭乗の様子が報告されていましたが、全員が防護服着用で乗り込む雰囲気は、やはり異様ですね。

 最初の国際便になるようですから、感染防御には気を使わざるを得ないという事なのだと思いますが、ある意味人体実験のようにも見えました。

 タイ便も再開されたら最初はビジネス関連客になるようですが、同じような格好で乗り込むことになるのでしょうか?諸民感情として最初に気になったのは、トイレはどうするのかな?という素朴な疑問です。

 また着るときは問題ないと思いますが、防護服の感染は脱ぐ時に表面を触って感染という事になるようですから、到着時、いつどこで脱ぐことになるのか?疑問は尽きません。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者数は1名増で、エジプトから帰国した人だそうです。国内感染は31日連続で0名。日本も早くこうなることを願っていますが、現実は今のところ厳しい感じです。

 チャオプラヤ川を渡るラマ7世橋として並行されて建設されたものの、そのまま30年間放置されていた橋が改装され公園になったという記事が出ています。

 公園の名称は「チャオプラヤースカイパーク」というようで、公園からの景観はかなり良さそう。早速手持ちの「歩くバンコク」の地図を確認すると、中華街から王宮方面に向かうMRTのサムヨット駅南側1kmほどのところにある橋ですね。

 橋に向かう道沿いにはいくつかお寺もあるみたい。お寺を見ながら橋に向かい、公園から見下ろすチャオプラヤ川の景観を楽しんで、帰りは橋のたもとにある桟橋から、チャオプラヤエクスプレスでサパーンタークシン駅まで戻るという散策ルートが楽しめそうです。

 公園だけを楽しむなら、往復チャオプラヤエクスプレスを使えばいいだけ。橋を渡った対岸にもいくつかお寺がありそう。さらにそのまま頑張って3kmほど歩き続ければウォンウェイヤイ駅に到着。

 国鉄のウォンウェイヤイ駅は、駅そのものが路面電車の駅みたいな感じで、日本の田舎の駅そのもの。一見の価値ありです。
 
 

第1554回 パタヤのバリハイ桟橋改修計画

 土日の埼玉はひたすら雨模様で、私は二日間とも家にこもっていました。今日はすでに暑くなりつつありますが、午後には35℃ぐらいになるという予報が出ています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は、土曜日の発表で4名増加。4名全員がインドからの帰国者。ちなみにインドは昨日時点で累計感染者数が30万人を越し、世界第4位の感染大国になっています。

 もともと人口が多い国ですから、感染拡大が始まると簡単には終息しないだろうなという気もします。JohnsHopkins大学が日々発表している累積感染者数をグラフにすると以下の通り。横軸は3/5からの経過日数。縦軸は人数です。
インドの新型コロナ累積感染者数の推移
 昨日日曜日に発表されたタイの新規感染者数は5名。全員がサウジアラビヤからの帰国者。そして今日は1名。アメリカから帰国したタイ女性だそうです。

 サウジアラビヤも累計感染者数はすでに12万名を越していて、世界で16番目に感染者が多い国になっています。しかし世界第1位のアメリカの累計感染者数は6/12の金曜日に200万名をこしていますから、桁違いで、なおかつ今も毎日25000名ぐらいずつ増加しています。

 そういった世界情勢を考えると、一般人が自由にタイに行けるようになるのはまだかなり先になりそう。とはいえ、日本で2次感染拡大が起きなければ、日本~タイ間だけでも飛行機が飛ぶ可能性が少し出てきたようにも思えます。

 ただ今日の日本の新規感染者の動向を見ると、東京都で再び拡大に転じたようにも見えます。5/25に日本全体で規制が解除されてちょうど3週間。

 気持ちの緩みが出て、感染が拡大する時期に入ったと思われる兆候なのかも。ちょっと心配です。

 パタヤのウォーキングストリートからバリハイ桟橋辺りまでの景観が今後大きく変わるかも。今日の記事で紹介されているのはバリハイ桟橋。

 ウォーキングストリートをひたすら奥に歩いていくと到着します。時々桟橋に向かうソンテウが傍らを通過していきますが、乗っている人はどうやって行き先を確認しているのか、私には良く分かりません。

 桟橋には、ラン島に向かう船の乗船券を販売する建物があり、その周辺に若干魚介類を販売している店もあったりして、付近を散策するのも面白いです。

 ただタイ特有の薄汚れた雰囲気(庶民的ともいえると思いますが)が付きまといます。というわけでどうやらパタヤ当局がこの桟橋を明るく健全な観光地区に作り替えようと計画しているみたい。

 大観覧車やモノレール建設の計画もあるようで、もしこの通りにこんな街が作られれば、パタヤの猥雑なイメージは一変するような気もします。

 添付された画像を見ると、今の桟橋近辺の状況からは想像もできないような街になっています。完成予定は2025年と書かれていますが、果たして予定通りに進むのか?関心大です。 


 

第1553回 ワットパクナムに新しく巨大仏像が完成するみたいです

 昨日はとんでもない暑さを感じた埼玉ですが、午後になって雨が降り、一気に湿度も気温も下がりました。今日も天気予報を見ると昨日同様の天気になるみたいで、すでに気温も上昇中みたい。

 なんか暑期のバンコクを思わせるような天候だなと感じています。ちなみに関東は昨日梅雨入りとなったようで、梅雨明けの予想は7/21頃みたい。

 私はこの梅雨明けの時期にハワイに行くことが多く、成田空港までの高速を車で走っているとき、梅雨明け特有の土砂降りに襲われた経験が何回もあります。

 今年は梅雨明け前後の雨で、水害が起きなければいいなと思っていますが、新型コロナで家にいたら土砂崩れに遭遇なんてことも起きるかも。幸い我が家は平地なので、近くを流れている川の増水だけに注意していれば良さそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ新規感染者は0名。時々発表される新たな感染者は、ここのところ全員が海外から帰国しているタイ人だそうですから、タイはニュージーランドに次いで抑え込みに成功したと言えそうです。

 持ち帰り弁当を日本国内で展開している「ほっともっと」ですが、6/25から税込み560円で「ガパオライス」を発売するそうです。ソースはタイ直輸入だそうで、添付された画像を見ると割とおいしそう。

 ちなみに私はあまり食べたことがないです。理由はハーブの香りがどうも好みに合わないからですが、最近はスーパーでもレトルト食品コーナーで「ガパオ」の文字を良く目にするようになりましたので、ファンも多いのかもしれません。

NNA ASIAより

 日本でも話題になっているバンコク西部にある美しい天井で有名な「ワットパクナム」。一時はインスタ映えすると騒がれ、お寺の習慣を無視して、周辺で騒ぐ日本人観光客がいたという記事も出ました。

 私も過去2回行きましたが、確かに天井は見ごたえがありました。周辺の壁際に座って、この緑の天井を静かに見つめていると、確かに心も穏やかになりそうです。

ワットパクナム

 ただ窓は開けられて風が入ってくるものの、かなり蒸し暑いので、のんびりできるのは私には30分ぐらいが限度です。2回目に行ったとき、この建物入り口左手に大きな仏像らしきものが建設されていましたが、どうやらそれが完成まじかみたい。

 記事には高さ69mの大仏坐像と書かれていますので、これまた迫力がありそう。なおここから歩いて5分ほどのところにあるワット・クンチャンも面白いお寺で、ユニークな姿の仏像が多数あります。

 途中川を渡るのですが、この川にはナマズ君が多数生息しているようで、ときどき地元の人が餌を上げています。まるで日本の鯉みたいに水面でバシャバシャやっている姿は壮観です。

 以前は交通機関は最寄駅からタクシーと限られていましたが、最近北西1kmぐらいのところに地下鉄の駅が出来ましたから、ここから歩いていくこともできます。

 次回のバンコク旅行の目的地の一つになるのではないでしょうか。