fc2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1969回 「テスト&ゴー」再開の兆し?

 今日の埼玉の朝はかなり冷え込みました。外気温はたぶんマイナスだったと思われます。起きて階下のリビングに降りてファンヒーターのスイッチを入れたら、室温は3℃でした。

 冷え込んだ分外は快晴。きれいな青空が広がっていますが、空気がともかく冷たい。風が吹いていないのがせめてもの幸いでしょうか。

 ヤフーのニュースを見ていたら、今日の夕方5時41分ごろ、日本上空をISSが通過するという記事を発見。南西から北東に向かうそうで、我が家の2階のベランダから見ることが出来そうです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、18日付の発表で6397名とのことで、曜日の関係もあるのか、かなり大きく減少。

 地域別ではバンコクが753名、チョンブリ556名とのことでした。明日以降は再び増加するとは思いますが、ほぼピークに達したという見方も出来そうな気がします。

 隔離なし入国プログラムの「テスト&ゴー」は、コロナの感染拡大を受けて停止処置がとられていますが、どうやらこれの再開を提案する動きが出てきたみたい。

 保健大臣からの提案だそうですが、オミクロン株の症状がかなり軽いので、タイは対処できるという判断だということです。ある意味、それは良かったと思うところですが、これによって再度海外からの観光客が増え、その中にマナー違反をする旅行者が多ければ、再び再拡大ということにもなりそうで、地元の人も複雑な思いなのではと想像しています。

バンコクポストより
 
 インドネシアが首都移転を決断したという記事が出ています。現在の首都はジャカルタですが、人口密集による大気汚染や温暖化による洪水等の被害を避けるため、ボルネオ島のカリマンタンに移転するそうです。

 「これはすごい決断だな」と思ったのですが、地理的な場所が良く分からず、とりあえずグーグルマップでボルネオ島のカリマンタンを検索。

 すると、場所はジャカルタの北東1500kmぐらいの所のようで、間にジャワ海という海があります。記事にはカリマンタンのジャングルエリアという記載もあり、相当大きな再開発になりそうです。

 実際の移転までには少なくとも数年はかかると思われますが、ジャカルタ市の沿岸を見ると、かなり海面が迫ってきているようにも見えます。

 当然ながらいずれバンコクも水没すると言われていますから、今市街地で発展を続けている地下鉄網も、いずれ大きな打撃を受けることになるのかもしれません。

 

第1968回 世界最高の20のスープ

 昨日は風もなく、久しぶりに穏やかな1日となりました。出かけたいなと思いましたが、繁華街では感染拡大が起きていますから、出歩けず。

 結局いつものように市民農園周辺を散歩。今日も似たような天気になるようで、ちょっとホッとしています。

 それにしてもトンガの火山噴火の影響が大きくてびっくり。噴火の音がアラスカでも聞こえたとか、激しい空振で津波が起きたとか、ちょっと予想外の出来事が続いています。

 日本付近もこのとこマグニチュード5クラスの地震が頻発していますから、「巨大地震が起きる」可能性はより高まっているような気がします。

 場合によっては富士山が…という考えもあるようで、非常に心配。しかしいつかは起きると言われても、いつ起きるかは分からないので、備えようという気持ちがなかなか起きません。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は16日付の発表で8077名。 8000名前後の値が継続中。地域別ではバンコクが789名、チョンブリが692名。

 今週末に向けてこの数値が再び上昇して1万名前後になるのか、8000名前後を維持するのか、減少に転じて6000名前後まで前下落するのか、今回の感染拡大は12月下旬に始まっているように見えるので、そろそろ分岐点なのではという気がします。

 CNNの旅行サイトが「世界最高の20のスープ」を発表。その中にタイの「トムヤムクン」が含まれたようです。かつてバンコクのレストランで何回か食べたことがありますが、私の口には合いませんでした。

 記事には選出されて20のスープ名が書かれていますが、私が食べた経験があるものはほとんどありません。一つ一つ確かめながら食べてみたい気はします。
 
 BTSの駅や、紀伊国屋で気軽に手に入れていたフリーペーパー「DACO」ですが、昨年の10月号で休刊になっていたようです。タイ旅行を目指そうにも行けない状況が続いていますから、発行するだけ赤字だったのかもしれません。

 一応説明では来年(つまり今年)前半にはリニューアルして戻ってくる予定と書かれていますが、現在の感染状況を考えると、春までにカムバックするとは思えません。

 各地の観光地を紹介したり、独自の記事が掲載されていて、私は過去に発行されたものもすべて保管。たぶん10冊ぐらいあり、暇な時間に読み直すことも多いのですが、次の旅行のヒントになる記事が多かったような気がしますので、非常に残念です。

 
 

第1967回 ワニ肉が安い

 埼玉は朝から快晴。今日は風も弱いようなので、少し散歩を楽しみたいなと思っています。先日私の父親が購入した50年ぐらい前の、昔の家具調大型スピーカーを処分。

 いわば父親の形見と思っていたスピーカーですが、近年音はソフトになったものの歯切れが悪くなったなと感じていました。新しいスピーカーはDALIという会社の製品ですが、新たに接続してその音を聞いてみると、50年間の違いは歴然。

 同じCDを聞いても、音が全く違うようで、単に電磁石でコーンを動かしているだけのスピーカーのテクノロジーも、この間どんどん進歩していたんだなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は8167名。一昨日の発表は7133名、そして昨日が7681とのことで、ふたたび8000名台に突入。

 地域別で目立つのがチョンブリで832名。次がバンコクで790名。この調子で拡大が続くと、来週は1万名を越えて12000名程度になりそうな気もします。

 日本も同様ですが、マスコミは毎日何名増と騒ぎ立てることが増えています。これまでの情報では、デルタ株に比べて重症化する例は少ないみたい。

 逆に無症状の人が感染を拡大している可能性もあるわけで、そういったウイルスの特性をもう少しマスコミが報道してくれればいいなと願っています。

 豚肉の価格が高騰しているタイで、ワニ肉の人気が上昇しているそうです。あの姿からすると、到底食用には向いていない気がしますが、私はケアンズ旅行に行ったとき、ワニ肉を食べる機会がありました。

 見た目は白っぽく鶏肉みたいな感じ。ワニの姿を想像しなければ問題なし。食べてみると記事にもある通り、鶏肉に近い感じ。ただちょっと固い。
 
 しかし「ワニです」と言われなけば分からない感じです。記事にはタイのワニ肉は1kgで105Bと書かれているので、100gなら40円弱。確かに安い!
 
 豚肉の高騰が続けば、豚は高級食材となり、鶏やワニが庶民の肉になるのかもしれません。
  
 

第1966回 センセーブ運河ボートの運賃が値上げ

 今日の埼玉は朝からきれいな青空が広がっています。ただし北風が強そう。青空の下で散歩をしたいなと思っていたのですが、「こりゃ今日も無理かな」と思っています。

 昨日は高血圧の処方箋をもらっているいつもの診療所に行って診察を受けてきましたが、「寒くて運動不足を意識しています」というと、「室内でNHKのラジオ体操がいいですよ」と教えてもらいました。

 かつては朝はそのラジオ体操をやっていたこともありますが、いつの間にか立ち消え。「継続が難しいですよね」と言うと、それをそばで聞いていた看護師さんも、うんうんその通りというように頷いていました。

 とはいえ、ラジオ体操の効果は結構あるなと思っていた時期もあるので、今日の朝は久しぶり実行。やってみたら体前屈が全くダメになっていてびっくり。やっぱり継続がカギのようです。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は、11日付の数値ですが7133名。一昨日の最高値8511名より少し減少。とはいえ1週間前は3091名でしたから、1週間で倍増以上。

 日本と同じような経過を辿っているような気もします。感染者数の増加が目立っているチョンブリ県の動向も記事になっています。

 昨日確認されたのは873名ですが、パタヤは400名、シラチャが279名となっています。パタヤの狭い地域で400名となると、迂闊に外を歩けないような気もするのですが、現地の人はどうしているのか?

 センセーブ運河のボートの運賃が値上げだそうです。一度は乗船してみたいなと思っているボートですが、これまで利用経験はありません。
 
 ボートそのものより、航路となっている運河の水の汚さに目が行ってしまい、そのしぶきがかかるのは嫌だなと思っています。ただ航路を見ると、乗りなれれば便利そうに見えます。

 運賃ですが、これまでは初乗り運賃が8バーツ(28円ぐらい?)でしたが、1バーツの値上げだそうで9バーツ。(32円ぐらい?)、日本人の感覚からすると「そんなもんか」という感じ。
 
 ただしょっちゅう利用している人たちにとっては大きな値上げなんだろうなという気はします。

タビリスタより
 
 今のパッポンがどんな状態なのか?多数の人が気にしていると思います。すでにほとんどの人が知っているとおりほとんどの店が営業停止に追い込まれているようですが、その現状の報告が記事になっていました。

 「やっぱりそうだよな」と確認するだけの記事ですが、添付された画像はやはり懐かしい。店が営業していなくても、やっぱり行ってみたいなと思えます。



 

第1965回 エラワンミュージアム

 今日の埼玉は、冷え込みはきつくないものの朝から曇り空。三連休最終日ということですが、新型コロナの感染拡大で人出は減っているような気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 今日発表されているタイの新型コロナ新規感染者数は8511名。前回の記事は5775名。その翌日が7526名、さらに8263名となり、今日が8511名ですから、今年に入ってから3倍に増えた感じです。

 地域別で最も多いのがチョンブリ県で921名。バンコクは598名ですから、シラチャーやパタヤ方面で増えているのかなと感じています。

朝日新聞より

 コロナの感染拡大で、タイ政府はワクチン接種済み旅行者向けの隔離なし入国プログラムについて、その停止期間を延長するそうです。

 すでに申請済みの方は15日まで隔離なしで入国できるようですが、春ごろには・・・と考えていたタイ旅行は大きな影響を受けそう。

 というか、日本自体も感染者数激増中ですから、どこへ行っても状況は変わらんということでしょうか。

地球の歩き方より

 バンコク近郊の「エラワン・ミュージアム」が紹介されています。以前はBTSからタクシーを使って行くのが定番でしたが、今はすぐ近くに駅が出来、歩いていくことが出来るようになりました。



 またBTSに乗っていると、巨大な象さんの像を車窓から眺めることも出来ます。園内に入ると、すぐに目に入るのが巨大な象さんですが、ともかくデカい。

 ちなみに私はこの像を背景にして、ミュージアム専属と思われる記念写真を撮影してもらい、後でそれを購入しましたが、結構良い思い出になっていて、今も室内の片隅に飾ってあります。
 
 像の周辺は庭園になっていて、そこにも様々な像が配置されています。館内に入ると、美しい曲線を描く階段があって、そこを登っていくと何やら意味深な天井の絵画が迫ってきます。

 その脇にさらに小さな通路があり、それを登ったところが本堂の天上界という場所になるみたい。ここまで来ると、ちょっと息の乱れを感じますが、その場所の静謐な雰囲気を堪能しているうちに息が整います。

 記事ではレストランの存在も記載されていますが、私は利用しませんでした。ワットパクナムの天井も「すごいな」と感じましたが、エラワンミュージアムも一度は行ってみて良い場所だと思います。