FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1543回 パタヤで無料の食事を求めて2000人が行列

 今日の埼玉は朝からちょっと涼しく爽やか。ただ日中は30℃近くまで気温が上昇するようです。朝方朝刊を取りに行ってポストを覗いたら、国からの2枚のマスクが投函されていました。

 安倍総理が「マスクを2枚配布します」と宣言したのが4月1日。5月になって配布が開始されたようですが、不良品が見つかり回収。そしてようやく再配達となったようです。

 配布されたマスクを見ると、安倍総理が国会答弁で着用しているものと同じで、今どきの不織布マスクに比べるとかなり小さい。そういえば小学校時代風邪をひいた時や、給食当番だった時に使ったなと、昔の記憶がよみがえりました。

 使用を始めれば、自分自身の咳やくしゃみの飛沫飛散は防止できそうですが、大きさが小さいので脇から侵入してくる飛沫には効果が薄いような気もします。

 しかしこれが費用400億円以上ということのようですから、早い話国民一人が400円出して、2枚のマスクを買ったという事になりそうで、1枚200円と考えると、ちょっと釈然としません。

 しかも巷ではドラッグストアやその他の商店で1枚30~70円ぐらいの不織布マスクが山積みになっているのを目にすることが多くなっています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は11人増加で3065人だそうで、昨日は9人増加だったので、ちょっと心配。しかし内訳を見ると、昨日同様全員が海外から帰国したタイ人とのことで、国内では感染拡大は起きていないみたい。

 11人中10人は中東、1人がインドと書かれていますので、この方面に結構多くのタイ人が出かけているんですね。

 パタヤで、無料で配布される朝食を求めて早朝から2000人が行列という記事が出ています。本来なら外出禁止の時間帯みたいですが、あまりの多さに警察も逮捕できなかったみたい。

 しかしそれだけ生活に窮している人も多いという証拠でしょうか。ただ未明とはいえ、気温も25℃前後あると思われ、寒さに震えながら食料を待つという雰囲気でもなさそうです。

 一方緊急事態宣言は6/30まで延長されていますが、7/1からはすべて解除かもといううれしいニュースも出ています。とはいえ、入国の際の14日間の自主隔離がどうなるのかは不明。健康証明書なるものの扱いも不明です。

アジアトラベルノートより

 破綻したタイ国際航空ですが、7/1以降の日本便も含めた32路線を再開予定だそうで、チケットの販売を開始したとか。ただし今後の感染状況で就航が延期される場合もあるとのことで、予約には注意が必要です。
 
 

第1542回 タイの新しい生活様式の動画がユーチューブに配信

 今日は湿度も高くないようで、暑くなるとのことですが、朝から爽やか。 新型コロナもどうやら埼玉は危機を脱しつつあるようで新規感染者数は0名。

 累計感染者数は999名ですが退院者は865名となり回復率は86.5%となり、タイと同様の水準になってきたように感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 と思ってタイランドハイパーリンクスの記事を見たら、タイはなんと一気に9名増加だそうでちょっとびっくり。10日間ぐらい0~3名という状態か続いていました。

 記事内容を読んで納得。9名全員が海外からの帰国者だそうで、タイ国内で二次感染が起きたわけではなさそうです。

タイ国政府観光庁より

 タイの新しい生活様式を日本語で分かりやすく説明した動画がユーチューブに出ています。内容は 

・ 入り口でQRコード
・ 入り口で消毒
・ エレベーター、エスカレーターの乗り方
・ スーパー入り口にビニール手袋
・ レジ前の整列
・ 退出時のチェックアウト
・ レストランでの座り方やマナー

等で、結構分かりやすい。視聴時間は4分半ぐらい。見ておいて損はないし、日本でも応用できそうなヒントもあると思います。

TBS NEWSより
 
 日本でも給付金の支給の遅れが話題になっていますが、タイでもやはり同様の問題が起きているようで、特に貧困層への支給が問題になっているようです。

 タイの支給額は5000B(約1.65万円)だそうですが、どうやら支給対象の基準が不明確。貧困層の場合は住民登録も十分でないのではと思えるので、そうなると身元の確認が難しい。

 結果的に支給が遅れてしまうという事なのだと思いますが、記事を読むとタクシードライバーの収入の実情も書かれていて、これではぼったくりドライバーが出現するのもやむを得ないかもしれないなと感じます。

 記事には通常の1日の売り上げは1500~2000Bと書かれていて、日本円なら5000~7000円ぐらい。6000円として休みなしで一か月働いて18万円。

 割と良いじゃないかと感じましたが、記事を読んでわかったことは、ガソリン代も1日400Bぐらいかかり、さらに車のローンも支払わなくてはいけないと書かれています。

 この窮状に、心優しいタイ人が選ぶ最終的な選択は自分の命を絶つという事のようで、次回タイに行けたら、通常の運賃にもう少し支払いを上乗せしてもいいのかなと思うようになりました。
 

 

第1541回 今後のLCCの運航はどうなる?

 今日も埼玉は朝から薄曇り。雨は降っていないのですが、いつ降ってきてもおかしくない雲行きです。と思っていたら少し晴れてきました。昨日は宣言解除に従って、久しぶりに近所のショッピングモールを訪問。

 驚いたのは通路でこれまで全く見かけなかったスプレー式の消毒用アルコールが大量に販売されていたこと。たぶんどこかに保管されて、高値で少しずつ販売しようと思っていたではと想像しています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス新規感染者数は3名増加で3045人。減ったなあとは思いますが、残念ながらなかなか0名が継続という事にはならないみたいです。 

 しかし3名とも海外からの帰国者ということで、海外から持ち帰る人をどうするのかが、今後は日本でも話題になりそう。こういった人たちがいなくなるまで、観光等での国際便の復活は望めそうもないなと感じます。

ヤフーニュースより

 タイ国際航空が破綻しましたが、その他の航空会社はどうなんだ?と気にになるところです。しかし当然ながら、どうやらどこも経営状態は厳しいみたい。

 タイには、LCCと称される航空会社が8つもあって、これらが日々しのぎを削ってきたわけですから、当然その財政状況はきびしいはず。

 ましてや新型コロナの影響で、ソーシャルディタンスが叫ばれるようになると、座席数をなるべく多くして乗客を密に詰め込むLCCの経営は厳しくなる一方なのかも。

 3席並びで真ん中を必ず空けるという事になると一便あたりの乗客数も必然的に3分の2に落ち込むわけで、採算割れ?それを避けるためには運賃値上げ?そうなるとLCCではない?

 乗客にとっては横の空間が広がり、ゆったりした搭乗を体験できそうですが、この先バタバタとLCCが倒産ということも起こりそうです。

 それを避けるために、体力のある航空会社が座席の改装等を行えば、当然その費用は運賃に反映され、早い話が超格安旅行は今後難しいということになりそう。

 私が気にしているのはいつも利用しているチャイナエアラインの現状。台湾は新型コロナウイルスの感染拡大については見事な対応を見せて、感染者数、死亡者数とも信じられないぐらい少ない状態を保っています。

 とはいえ航空機がほとんど飛ばない状況が続いているわけですから、経営が厳しいことは間違いなさそうです。というわけで財務状況をネットで調べたのですが良く分かりませんでした。

 その代わり 別の記事を発見。どうやらチャイナエアラインは、中国の航空会社との差別化を図るためにブランド名の変更を検討しているようです。

 現在候補になっている名前は「Formosa Airlines」「Yushsan Airlines」「Taiwan Airlines」の三つだそうですが、個人的には三つ目がシンプルで分かりやすい。ただこ名前だと中国が不愉快に思うのかもしれません。