FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1539回 9月以降なら旅行が可能かも

 埼玉は天気に恵まれた土日でした。懸念だった緊急事態宣言も、今日の夕方全面解除宣言が出るみたいで、本日深夜の0時から解除。という事は明日は朝から交通機関が混雑?。

 昨晩のテレビのニュースでは解除を察知した若者が、早くもレストランでビールを飲んで喜びの声を上げる映像が流れていましたが、放映対象となったレストランでの3密対策はほとんど感じられませんでした。

 その点、タイのレストランでの横並びを意識した同じ向きに座るシートや対面の場合のビニールシート、エレベーター乗車の際の外向きに立つ等の取り組みの方が進んでいるようにも感じられます。

タイランドハイパーリンクスより

 と思っていたら、今日のタイランドハイパーリンクスでは、こういった対策処置をしていない違反飲食店が増加という記事を発見。タイ全土で一律に小規模店も含めて対策をするという事は難しいんだなという印象です。

 タイの感染者数は金曜日の記事で3037人と書きましたが、三日後の今日は3名増加の3040人となっています。ただし昨日の増加数は0名で、すでに2916人が回復。5/9以降亡くなられた方は一人も増えておらず56名のまま。治療中の方は63名。

 日本でも規制が解除される方向となり、タイでも感染者減が続いていますから、当然タイに行けるのはいつか?という関心も高まりそう。

 5/23付の読売新聞の記事によれば、日本国政府は6月中は入国制限継続、夏以降は企業関係者に対象を絞るという事のようで、一般旅行者は夏場でも入国できないみたい。

 一方出国の方はこの記事では触れられていないので、要するに出国で向かう国の事情によると判断できそう。

 タイの方でも現在は6月いっぱいまで飛行禁止が延長されています。その後徐々に緩和されるのだと思いますが、日本と同様な判断をすると考えると、最初にタイ入国を認められるのは、やはりビジネス関係者?

 その後、タイ国内での2次感染が起きるかどうかの確認を経て8月以降に判断?という事はどんなに早くても9月以降?それまでは自身が感染しないことを第一目標にして、せっせと貯蓄に励んで旅行資金の確保が無難そうです。

 てなわけで、現状から考えると、個人的な考えですが9月ぐらいには個人旅行が可能になるかも。そう思って改めてカレンダーを見たら9月下旬に4連休がある。

 当然解除が進んでいればこの時期は大混雑になりそうですが、狙っている人は多いのかも。この連休を逃すと次の連休は11月。この頃には限りなく通常運行に近づいているのではという気もします。

 というわけで、このところもし行けるようになったら、どこに宿泊しようかと考える時間も増えています。旅行はこの計画段階も楽しみの一つ。

 ツアーもいいのですが、ツアーの場合は生んで決める楽しみが奪われてしまうなと考えています。


 

第1538回 パタヤからウタパオ空港方面の高速道路が開通

 二日間降り続いた雨もようやく上がったようで、今日の埼玉は曇り空ですが久しぶりに薄日が差しました。

 昨日の記事の最後に書いたスーパーサイクロン「Amphan」ですが、どうやらインドに上陸したようです。朝のテレビのニュースで現地の様子が少しだけ放映されていましたが、やはり相当な強風だったようで、屋根が吹き飛ばされたり、バスが横倒しになっていました。

 避難所は過密状態のようで、新型コロナウイルスの感染拡大も心配されます。もう少し現地の様子が分かるニュースがないかなとネットを検索していたらAFP BBNEWSというサイトを発見。

 見出しは「インドに大型サイクロン上陸、8人死亡 エベレストでも強風被害」となっていて、添付された画像を見るとかなり悲惨な状況。

 上陸地点はプリーという街のようで、海岸沿いに400kmほど北東に進むとバングラデシュになります。ちなみに私が持っている世界地図には、プリーの隣町コナラクの近くに「太陽神宮殿」というのがあるみたい。

 ネットで調べてみると、どうやらヒンズー教の太陽神を祀ったお寺のようで、13世紀ごろの建造物だとか。建物の写真も見つかりましたが、昨年のチェンマイ旅行で見た数々のレンガ造りの仏塔と似たような貫禄があります。

 ただその建築様式はやはりチェンマイの寺院とは違う感じ。高さは33mと書かれていますからかなりでかい。10階建てマンションぐらい。チェンマイの代表的寺院「ワット・チェディルアン」に匹敵する大きさのようです。

 今回のサイクロンでこの遺跡がどの程度被害を受けたのか気になるところですが、現地では遺跡どころではない被害も出ているようです。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナウイルス感染者は3人増加で3037人。なかなか0名が連続という事態にはならないようで、終息の難しさを感じます。

 経営破綻したタイ国際航空ですが、破綻後も事業を続けながら経営再建を進めることになったようで、予約していたチケットが突然紙切れになるという事態は避けられたみたいです。

 ただ再建にあたっては運航便の再編とかサービスの制限等の制約が出ることは間違いないと思われます。

 別件ですが、私はまだパタヤの先はカオシーチャンにある巨大壁画までしか行ったことがありません。しかし、さらにその先にあるウタパオ空港や海辺に突き出た半島の先にある「タイの島と海 自然史博物館」というのにも行ってみたいと思っています。

 ただこの方面に行くためには、今のところタクシーをチャーターするしかなさそう。チャーターそのものはホテルで頼めば、割高かもしれませんが運転に安心できることはこれまでの経験で分かっています。

 問題はルート。今までは海沿いのルートを40kmほど(1時間弱?)走る必要があったみたい。ところがどうやらバンコクからパタヤ方面に向かっていた高速道路がウタパオ空港の近くまで延伸されたみたいです。

 全長32kmと書かれていますので、20分ぐらいの行程?これでパタヤからウタパオ空港への利便性が向上。さらにその先のビーチに行くまでパタヤからなら30分ちょっとで行けそうです。
  
 

第1537回 タイの規制解除と生活様式の変更

 昨日に引き続いて今日も埼玉は雨模様で薄ら寒い。3月ごろに着ていた衣類を慌てて引っ張り出しました。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの新型コロナ感染者数の新規増加は1名のみで合計3034人。回復された方は2888名で95.2%。驚異の回復率のようにも思えます。

 日本は一部の県で規制解除を行うためにいろいろな指標を組み合わせて、毎日その数字がどうなったこうなったというニュースばかり。

 背景には中小零細企業の破綻懸念や解雇問題が絡んでいるようで、ともかく数字をいじくって一刻も早く規制緩和に踏み切りたいと国は考えているようです。
 
 それからするとタイの場合は新規感染者数が連日一桁ですから、もっともっと規制を緩くしてもいいような気もしますが、当局は意外に慎重だなという印象です。

 以下は2/10以降のタイの新型コロナウイルス累積感染者数の推移です。現在日本の感染者数のグラフもこの形に近づいています。
タイの新型コロナウイルス累積感染者数の推移  
 再開したショッピングモールに足ふみ式のエレベーターが登場という記事が出ています。写真も出ているので一目瞭然ですが、エレベーターを呼ぶのにも、中で目的階を指定するのも足で行うことができるみたい。

 新型コロナの感染拡大で、エレベーターのボタンに触らない工夫という事のようですが、これまでは使い捨ての爪楊枝で目的階のボタンを押すなんて言う話がありました。どうやらタイはその先に1歩進んだようです。

 タイでは早い時期からこういったソーシャルディスタンスを確保するための様々な工夫が行われているような気がします。

 最近私は買い物に出かけたとき、たまに利用することもあるエスカレーターのベルトに触りたくないという気持ちも出てきました。その意味では商品を入れるプラスチック製のカゴも、出来れば自分専用のものを持ち歩きたいなと思うようになっています。

 しかしこういったことを推し進めていくと、ボタンやベルト、電車のつり革等に触りたくないという人も増え、人と人との距離がいやおうなしに広がりそう。

 それはそれで、人との親密度が失われ、これまでより孤独感を覚える人が増えるような気もします。

 別件でここ数日話題になっているのが、ベンガル湾を北上中のスーパーサイクロン「Amphan」。現在の位置は北緯18.3度、東経87.0度と書いてありますので、インドの東海岸沖合300kmぐらい。

 現在時速16kmで北上中とのことで、400㎞ぐらい北にはバングラデシュがあるため、今日明日中に上陸と書かれています。バングラデシュの東にはミャンマーがあって、タイは更にその東。

 そのためタイではここ数日悪天候になるとか。そんなにすごいサイクロンなのかと思って調べてみると、昨日時点で中心気圧が930hpa、中心付近の最大風速は55mと書かれています。

 バングラデシュは、ここのところ新型コロナウイルスの新規感染者が激増していますから、サイクロンとのダブルパンチで大きな被害が出るかもしれません。