FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1447回 タニヤプラザが改装

 朝方「結構冷え込んだな」と思いながら起床。カーテンを開けると東の空にオレンジ色の朝焼けが見えて、天気は良さそうです。

  今日のタイの大気汚染は昨日と変わらない雰囲気。一時期よりは若干改善傾向にあるなと思っています。ただ数値自体は90~150ぐらいですから、良好とは言えません。

 ヤフーニュースを見ていたら、中国武漢で発生した原因不明の肺炎症状を示すコロナウイルスが原因らしい病気を発症した人が日本でも見つかったという記事を発見。

 どうやら武漢への渡航歴がある方のようですが、利用した飛行機や空港の情報が書かれていません。中国ではご主人が発症し、その後奥さんが同様の症状を示したという症例もあったようで、人から人への感染がないとは言い切れないという評価に変わったようです。

 だとすれば上記の日本人の問題も他人ごとではない。なるべく早く詳細を明らかにしてもらいたいものです。

 ちなみに中国は1/24から春節を迎え、とんでもない数の旅行者が各地に向かう予定。当然タイや日本という旅行先にも多数の人が来るはずで、それが契機になって病気が一気に拡散なんてこともあり得そうです。

newsclip.beより

 シーロム駅に直結している「タニヤプラザ」が4月から大規模改装を行うみたいです。以前は私もこの中にある「大戸や」さんを利用したりしていましたが、最近は駅反対側のシーロムコンプレックス内ばかり利用するようになっていました。

 タニヤプラザ自体も、何やらきらびやかな名前とは対照的に、建物内がちょっと薄暗く、動いているはずのエスカレーターが単なる階段となっていたり、ちょっと老朽化が目立つなと感じていました。

 来年前半に改装完了とのことなので、1年後どのように生まれ変わるかちょっと楽しみです。

バンコクポストより

 バンコクの大気汚染状況を見ても分かることですが、今年のタイは水不足になりそう。12月の旅行時にはチャオプラヤ川を見てきましたが、それほど極端に水位は下がっていませんでした。

 ただ例年だと4月から10月の雨季の時期に大量の雨が降り、チャオプラヤ川の水位はもっと高くなっていてもいい時期だなとは感じていました。

 というわけで、今は1月ですから、これから3月まではほとんど雨が降らないわけで、水不足が深刻になりそう。その意味では、バンコクに行って、ちょっと高級なホテルに宿泊し、バスタブにたっぷりお湯をはって、外の景色を見ながら優雅に入浴なんてのはかなりの贅沢?

 バンコク関連ニュースにも記載されていましたが、今後旅行中のシャワー使用も5分以内に制限するようなホテルが出てくるかもしれません。

 

第1446回 次回の旅行は3月を予定

  今日のタイの大気汚染状況は、バンコク市街が60~100ぐらいでちょっと改善。シラチャーやパタヤ、チェンマイ方面も同様。これなら旅行に行けるなという感じ。

 改善の理由は不明。このところタイ関連のニュースで、当局が大気汚染について関心を寄せているというニュースがありましたので、何らかの対策があったのか、タイの人たちが汚染を意識して車等の利用を少し控えたのかなという気もします。

タイランドハイパーリンクスより

 ピーチ航空が1/17までセールを開催中。(リンク先はピーチ航空のページです)沖縄~スワンナプーム空港間の運賃が5000円前後ですから破格の安さ。沖縄にも格安のピーチで行って、そこからタイに行けば、沖縄とタイの両方の旅行を楽しめそう。

 48時間限定のセールだそうですから、旅行計画がある人は一見の価値があるかも。搭乗期間は1/24~6/30までとなっています。

 さて今日は1月15日。改めてカレンダーを見ると、次回のタイ旅行は3月と決めていたので、あと二ヵ月しかない。という事はそろそろ旅行プランを考えないといけない時期。

 ただここのところ毎日のように書いているタイの大気汚染の今後の状況がさっぱり予測できません。昨年の3月旅行は5泊6日。

 このときも日程と行き先をさんざん悩んで、結局総選挙の影響を受けないように、また少しでも大気汚染の悪化を避けられそうなパタヤ3泊、バンコク2泊に決定。

 しかし5泊でパタヤまで移動すると結構忙しい。初日にAKGというタクシーの手配会社でスワンナプーム空港から一気にパタヤへ。

 インティメイトホテルに3泊し、4日目にベルトラベルでバンコクに戻りセンターポイントシーロムで2泊。かなり忙しい思いをしました。

 今回は、昨年12月旅行の流れを引き継いで、7泊8日にするつもり。この7泊をどう活用するかですが、昨年12月の旅行と同様にすべてバンコク滞在というのもアリです。

 ただ12月の旅行で、とりあえず行きたいと思っていた場所はだいたい制覇できたので、次回はやはり昨年一番印象に残ったチェンマイかなと思っています。

 とはいえ、チェンマイはこの頃は野焼きの影響で大気汚染が進行しそう。本当はチェンマイの隣のチェンライに行きたいなと思っているのですが、ここもたぶん大気の状況はチェンマイと変わらないはず。

 だとすると、山の方はどこも厳しい。ならパタヤか。という気もしますが、パタヤの場合夜遊び以外の観光地が少ない。それなら思い切ってプーケットかという気もしますが、ビーチリゾートの一人旅ではいまいち興味が湧きません。

 というわけで昨年のこのブログの記述をいま改めて少し見ているのですが、昨年の場合、チケットを確保したのはマイレージの特典航空券で宿泊先の決定が2月の終わり。実際の出発日が3/19だったようです。

 今年は3月中旬の出発を考えているので、出来れば1月中にチケットを確保するつもり。その後大気汚染の状況を見て行き先というか宿泊場所を検討という流れになりそうです。
 

 

第1445回 サパーンタークシン駅近くにパイナップル専門店がオープン

 今日は未明の5時頃の地震にびっくり。昨日フィリピンで火山が噴火し、日本でも火山や地震の可能性がありそうだなと思っていただけに、あらためて地震の怖さを実感。

 我が家の地盤自体の問題なのかもしれませんが、ちょうど明け方眠りが浅くなっていたころ、今回の地震でも初期微動というか地鳴りが聞こえました。

 音の感じは、ちょっと遠くの方で大型トラックが道路上を走っているような音です。これまでも何回か経験があるので、夢うつつに「もしかしたら大きめの地震かも」と思った瞬間、ガツンと言う衝撃が来て、その後10秒ほどの揺れ。

 しかし結局ベッドの中でなすすべもなく、ただ単に「大きな揺れだったな」と感じただけで、飛び起きて避難しようという考えには至りませんでした。

 結果的には特に被害はなかったわけですが、枕元に置いてあるスマホで震度を確認すると埼玉県は4という表示。震源地は茨城県南部という事で、地震の多い地域でした。

 タイの大気汚染状況ですが、バンコク近郊は少し改善。80~120ぐらいの数値が並んでいます。シラチャーやラヨーン方面も同様。チェンマイ方面は焼き畑の影響か、場所によって極端に高い場所もあるみたいです。

タイランドハイパーリンクスより

 中国の武漢で発生した謎の感染症ですが、タイに来た中国人観光客が発症し隔離されていたという情報が先日ありました。その後この患者は新しい感染症であることが確かめられたようですが、幸いなことに快方に向かっているみたいです。

 またこの女性と接触した可能性のある16名も感染はなかったようで、今のところ人から人への感染はなさそう。ちょっと一安心です。

FUDGE.jpより

 パイナップル専門店がオープンという記事を発見。バンコクのホテルに滞在しているときは、朝食のデザートのフルーツとしてスイカやパイナップルを食べることが多いので、ちょっと関心があって記事を一読。

 店名が「CASA SAPPAROD」だそうで、意味はスペイン語で「パイナップルの家」だそうです。掲載されている画像を見ると確かにパイナップルだらけ。

 店全体も料理もパイナップルという感じ。お店のホームページで場所を見たらサパーンタークシン駅のすぐ近く。ロビンソンデパートの北側ブロックの一角にあるみたいです。 

 最近、アイコンサイアムやアジアティーク、さらには王宮方面に行くときサパーンタークシン駅を使うことも多いので、この店でちょっと休憩という事も出来そう。

 メニューの詳細がちょっと不明なのが残念。とはいえタイですから、日本のフレッシュジュースのお店よりは価格的にも安いはず。行ってみてもいいかなと思っていますが、女性の利用が多そうな気もします。