FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1144回 お寺巡り、パッポン

 おはようございます。バンコク三日目の朝9時です。先ほど朝食を終えて、今日はエータスルンピへの移動日なので、スーツケースへの詰め込みを行い、一段落したところです。

 しかしシトラススクンビット6の朝食は、4つ星ホテルとは思えないほど貧弱です。レストランで働いている従業員さんの雰囲気も三ツ星ホテルのようなタイ特有の緩い雰囲気です。

 今回はあえて少し値段の高いバスタブのある1ベッドルームを選択しましたが、これならシャワーのみの安い部屋で十分だなという印象です。
 
 昨日は7時起床。朝起きてテレビのニュースを見ても、日本語放送がないので、日本で何が起きているのかはネットで知るのみで、この点もちょっと不満。

 7時半に朝食に行き、食後はブログの更新。9時半にホテルをでて目指したのがプラカノン駅。東側にある市場を見てきました。ここは野菜、花、魚、肉といった生鮮市場ですね。

 地元の方が利用する店が多いようで、観光客はあまり見かけませんでした。真ん中編の通路を歩いていくと終点が運河。ここには桟橋があり、運河ボートが運航しているようです。

 そこから戻ってBTSでアソークへ。ターミナル21の「コード」という店でコーヒーブレーク。次に向かったのがMRTのフワランポーン。

 3番出口のすぐ前にある「ラーブパーク」という店で昼食。蒸したシーフードにライスとライムジュースをつけて合計が265B。おいしかったです。

 続いてタクシーでサオシーチャン(大ブランコ)へ。ここは見て写真を撮るだけ。さらにすぐ傍らにある「ワットスタット」を見学。想像以上に大きくて立派なお寺でしたが観光客はほとんどいません。本堂内の仏像は大きくて立派。周りの壁画も素晴らしいもので、ここでしばし休憩。

 続いて近くにある「ワットラチャボビット」へ。こちらはやたら観光客が多くてびっくり。何だか人が多すぎて落ち着きませんでした。ただご本尊の顔つきは穏やかでした。

 さらに隣にある「ワット・ラチャブラディット」に行こうと思ったら、道を見失って「サランローム公園」に入ってしまいました。でもこの公園は良かったです。

 池があって、周辺にランニング道路?が整備されていました。ふらりふらりと歩いていたら野生のリスを発見。何だか得したような気分です。

 しかしこのあたりでかなり疲労を感じたので、それ以上の見学は断念。シャルンクルン通りに出てタクシーに乗ってフワランポーン駅に戻り、そこから列車を乗り継いでホテルに戻り休憩。

 6時半に夕食を求めて、初めてソイ8を歩いてみると、欧米人が多く、雰囲気はソイ11に似ていました。「in Vite」という店に入り、ビーフシチューとオレンジジュースで夕食。

 540Bでしたが、おいしいシチューでした。お店のお姉さんも明るくて話がしやすく好印象。混雑している理由が良く分かりました。

 次に向かったのが、ナナプラザは昨日の印象が悪かったので、いつものパッポンへ。キングキャッスル1に行くと、前回顔見知りになった子がいたので、ちょっとお話。

 大変かわいらしい子です。飲み物を奢って1時間ほど楽しんで隣のキングキャッスル2へ。こちらはやはりキングキャッスル1より庶民的な顔立ちの子が多いようです。

 30分ほどで退店し、最後にピンクパンサー。お客さんは結構いましたが、以前よりダンスのうまい子が減ったような気がします。ここでも30分ほど過ごし、スラウォン通りを横断し、向かい側で流しのタクシー。

 1台目は「ナーナー ソイ4」と告げたら「250B]と返され、「じゃあいい」とドアを閉めようとしたら、慌てて「200B」と値下げ。それでも高いと思ったので、「さようなら」と告げて、つぎを待ちます。

 2台目はドアを開けたらいかついおじさん運転手でちょっとビビりつつ同じように目的地を告げると「OK」。ただ乗り込んでから、ソイ2からソイ4に入れば近道なのでそれを使いたいけど20B追加になると説明。

 この説明が分かりにくい英語で、解読に苦労しました。しかしこのルートは早いですね。新しい抜け道を覚えることができました。ちなみにソイ4とソイ6の角まで乗って料金は61Bでした。

 なおこの日の歩数は16300歩。たぶんバンコク旅行では新記録だと思います。


 

第1143回 レインボー4で異常会計?

  おはようございます。昨日無事バンコク入りを果たし、今はソイ4とソイ6の交差点あたりに新しくできた「シトラス・スクンビット6」というホテルにいます。

 昨日は記事を書いた後、すぐに搭乗。自分のエコノミー席に座ってみると、確かに以前のエコノミー席より前後の長さが若干長くなっているようです。デレ~っと座り込んで、膝小僧がようやく全席にぶつかるぐらい。

 しかも座席の下には空間があるので、足を延ばす余裕も少しあります。まあ広さを宣伝するだけのことはあるなと思いました。食事はチキンの卵とじのようなものを選択。味はまあまあ。

 デザートにハーゲンダッツが出たのでちょっと驚きました。バンコク到着前に軽食としてパンも配られました。液晶は小さめですが、すべて画面タッチで操作ができ、画面切り替わりの速さも早いようで使いやすかったです。

 これならバンコク便でも割と居心地が良いなと感じましたが、やはり7時間半近い飛行は疲れます。事前のアナウンスほど揺れませんでしたが、この座席で夜行便はつらいだろうなと思います。

 スワンナプーム空港にはほぼ定刻通り到着。今回はタクシーを使わずARLとBTSを乗り継いで、ナナ駅から徒歩です。ソイ6の歩道が以前よりは歩きやすくなっていました。

 ホテルはパチャラスイーツのちょうど前あたり。最初入り口に気が付かず通り過ぎてしまい、角に新しくできたノボテルまで行って、ホテルの名前を見てUターンです。

 チェックインはスムース。案内された部屋はなんと2階。予約をホテルのウエブページで行い、バスタブ付きの最安値の部屋を選んだからではと思っていますが、部屋からすぐ下にソイ6が見えます。

 部屋は妙にだだっ広い部屋で、一人では使いにくいです。たぶん50m2ぐらいあると思います。とりあえず部屋は新しくきれいなのですが、あちこちに不満が残ります。これについては帰国後にまとめます。

 部屋でちょっと休憩して早速夜の街へ。ソイ4に出て懐かしい雰囲気を味わいながら歩いていくと、左側に「ZAAB」というタイとインド料理の店を発見。ここで夕食。

 米粉麺のグレイビーソースという、最近好んで食べるようになったヌードルを注文。ちょっと甘い感じもしましたが、まあまあですね。

 食後は当然ナナプラザ。中央のビアバーが復活し、ナナプラザ全体が大きな屋根に覆われるようになっていました。向かったのがまずは定番レインボー4.

 日本語を少し話せる子が寄ってきて少し話をしましたが、割と感じの良い子でした。ただ飲み物を1杯奢って会計になってびっくり。500Bを越していました。

 私と彼女の飲み物1本ずつで明らかに高すぎる!「これはおかしい」と抗議すると、「レディースドリンク代が上がった」と言います。

 しかし単純計算でドリンク代1本が300Bを越すので、ちょっと不可解。レインボー4について、初めて不愉快な印象を持ちました。

 その後レインボー2にも行きましたが、さして面白いこともなく、まあ疲れたからいいやと思って早めにホテルに戻って就寝です。