FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1052回 タイ国際航空サーチャージ値上げ、スカイバーのドレスコード等

 昨晩からほんのわずかですが気温が下がりました。ただ寝ている間はエアコンかけっぱなしで、朝6時半に起きて窓を開けたら、いつもよりすこし涼しい風が入ってきてほっと一息。

 久しぶりにエアコンなしで朝食を食べましたが、湿気は高いようで蒸しています。それでも気温は30℃前後だと思われたので、チャンスと思って今年から始めた市民農園に行き除草をして今帰ってきたところです。

newsclip.beより

 日系航空会社は8月からのチケット販のサーチャージを値上げすると決まっているようですが、タイ国際航空も8月発券分から、エコノミークラスを20から40ドル、ビジネスクラスを28から63ドルに値上げだそうです。

 片道ですから、往復ならエコノミーは80ドル、ビジネスは126ドルとなり、12月にまた行きたいなと考えている私は近日中に航空会社を決断しないといけないなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 バンコクには何か所かアルコールを飲みながら夜景を楽しめるスカイバーと呼ばれるバーがあります。大半はホテルの屋上に作られたもので、私も何回か利用しましたが、景色も良く、ほんのひと時ですがのんびりできました。

 そんなスカイバーの中で有名なサパーンタークシン駅近くのルブアにあるスカイバーですが、記事によればくるぶしが見えるような、ちょっと短めのズボンは男性であってもNGという記事が出ています。

 最近はほんの少し短めのズボンを着用する若い人も多いと思いますが、確かに言われてみると、この場所の雰囲気にはそぐわないかなという気もします。
 
 1階のエレベーター前で並んでいる人の多くはかなりめかしこんでいます。景色が良いので、要するにカップルで行って雰囲気を楽しむということに主眼が置かれているのだと思います。

 ただし私は1回行って、余りの飲み物の高さに愕然。景色と雰囲気は抜群だったものの、一人で行くのではコストパフォーマンスが悪すぎるという印象です。

 今回の記事では、カクテルやビールが700B以上と書かれていますので、私にはもう行く機会がなさそうです。

アジアトラベルノートより

 バンコクのスワンナプーム空港と市街を結ぶエアポートレイルリンク(ARL)の全駅でフリーwifiの提供が開始されたそうです。ただし利用するためには空港やパヤタイ駅での手続きが必要です。

 また手続きにはパスポートの提示が必要とのことで、ちょっと面倒に感じられます。空港からパヤタイ駅までは正味30分程度ですから、無理にwifiを利用しなくてもいいのではという気もします。


 

第1051回 TOEICの国別スコアを見て

 昨日はとんでもない暑さでした。今日はほんのわずかですが気温が下がりました。先ほどまでエアコンのない部屋で旅行記をまとめていましたが、室温が32度になったのでリビングに避難。旅行用のノートパソコンでこれを書いています。

newsclip.beより 

 日常会話の到達度が分かるTOEICの国別スコアが発表されています。第一位は「カナダ」845点、第二位「ドイツ」800点、第三位「ベルギー」772点だそうで、カナダが高いのは当然だろうなという気もします。

 しかし「韓国」は676点、「中華人民共和国」600点、「台湾」544点、「香港」527点となり、「日本」はなんと517点。さらに「タイ」は482点と聞くと、やはり日本は・・・・とちょっと複雑な感じです。

 ちなみに私も一時期海外旅行に行くなら英語の力をつけないとと思い、フルタイム勤務の傍ら英語を少し勉強しなおしてTOEICを受験。第1回目の受験はほとんど勉強せずに受けて400点ちょっと。

 その後たぶん5~6回受けたと思いますが、最終的になんとか650点までたどり着いたので、それ以来受験はしていません。要するに600点ぐらいが日常英会話の最低ランクという感じだからです。

 今のところ、これまでハワイやバンコク、マレーシア、オーストラリアに行っていますが、つっかえつっかえですがまあ何とか英語での旅行が成立しています。

 というわけで受験会場に行くと私のようなおじさんは一つの教室に数名。ということは若い人たちがもっと英語を使うようにならないと、この点数の格差は埋まらないということになりそうです。

 さてとんでもない猛暑の日本を脱出してこの週末にタイに向かう人もいると思いますが、なんとタイは仏教関連行事で官公庁は4連休になるそうです。

 特に27日と28日は酒類の販売が禁止となるため、夜遊びは壊滅状態になるかも。通常販売停止となっても、一部のゴーゴーではビールを紙コップに入れて提供することもあるのですが、今回は28日がワチラロンコン国王の誕生日とも重なっているので制限はかなり厳しそう。

 そうなると当然夜の街で働いている女性たちも、大挙して実家に帰る可能性もありますね。まあこの時期の旅行は運が悪かったと諦めるしかないです。ただホテル等にあらかじめビール等を持ち込んで静かに飲むのは大丈夫です。

 さて来年3月にバンコクに行くことを決めました。また今年9月はハワイ旅行を予定していますので、その間の12月の三連休前後でもう1回ぐらいバンコクに行っておきたいなと考えています。

 今回の旅行で、今までほとんど関心のなかった寺院巡りが意外に面白いかもと思うようになりました。以前は仏像や建築物には全く関心がなかったのですが、バンコク通いをしているうちに、なんとなく仏像の落ち着いたたたずまいや、どっしりとして意匠をこらした建築物にも興味が出てきました。

 まあ年齢とともに興味の対象も少しずつ変わっていくようですね。というわけで、これから少しずつ12月の旅行について考えていこうかなと思っています。