FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1361回 12/2~12/10までのチケット代金を調査

 9月に入って2度目の三連休が近づいてきましたが、同時に沖縄方面に台風が発生。21日土曜から22日の日曜にかけて沖縄あたりを通過の予定ですから 、この時期の台湾方面の飛行機が影響を受けそう。

 国際線の場合は台風の淵を回るような航路で飛ぶこともあるようで、運航停止はないと思いますが、遅延等の影響が出るかもしれません。

 昨日次回の旅行の理想の日程は12/2(月)~12/10(火)であることが分かったので、ちょっとグーグルフライトでエコノミーの運賃を調べてみました。

 出発に午前便(直行便)を選んだ結果はスクートが21790円、ノックスクートが32571円、タイ・エアアジアXが33620円、タイ国際航空が54060円、JAL81540円、タイ・ライオン・エアが88960円、ANAが107140円。

 到着まで10時間前後の午前の経由便を選ぶとベトナム航空が32520円、キャセイパシフィックが50420円、チャイナエアが54680円、フィリピン航空が57380円という感じ。

 他にも多数の便があり、選択肢は多数。ついでなので、座席クラスをビジネスにしてみると、やはりチャイナエアラインが安くて115680円、キャセイパシフィックが152920円、ベトナム航空が155520円、フィリピン航空が183980円、タイ国際航空が238120円、JALが245590円、シンガポール航空が251920円、ANAはなんと334640円。

 その他の便を見ていくと、往復で100万を越すようなチケットもあるみたいで、ともかく多種多彩。当然ながら庶民は価格の安さと居心地の良さや安全性、航空会社のイメージを天秤にかけて選択するわけですが、こうやって見ていくと私の場合はやはりチャイナのビジネスが第一候補になりそう。

 第二がJALのエコノミー、そしてチャイナのエコノミー。帰りの便によってはという条件付きでスクートのプレミアムエコノミー83152円も良さそう。

 ちなみにプレミアムエコノミーだとJALは163540円、ANAは190140円。いずれも午前便です。というわけで概要を把握。もちろんまだ予約はしません。

 10月からはサーチャージが値下げになります(タイ方面は4000円ぐらい安くなります)ので、早ければ10月上旬。様子見が必要なら11月ぐらいに予約かなと思っています。

 一方10月から消費増税が本格実施となります。しかし国際線なら適用にならないのではと思っていましたが、基本的にそれは正しいようです。

 ただし諸費用の計算では、国内航空の使用料等に税金が課されることも考えられ、その場合は若干値上げになりそう。とはいえ増税分は2%程度ですから、せいぜいが100円ぐらい?

 これだとチャージの値下げ分の方が大きいということになり、やはり10月以降の予約が良いということになりそうです。ただし国内の最寄り空港までの交通費等には消費増税の影響があります。


 

第1358回 機内免税品はお得なのか?

  三連休明けですが、天気は良さそう。とはいえ千葉県では災害の復旧が思うように進んでいないようで、被災された方の心情を思うと心が痛みます。

タイランドハイパーリンクスより

 サムイ島を案内する日本語情報サイトができたという記事が出ています。出かける予定のある人はブックマークしておくと良いかも。

 サイトの名称は「GO!GO!SAMUI」というもので、早速ジャンプ。しかし情報量はまだ少ないみたい。逆に情報提供を呼び掛けているようです。充実したサイトになれば利用する人も増えると思われますが、もう少し時間が必要かも。

newsclip.beより

 前回ボランティアツアーに参加して、新しくいろいろな知識を吸収できたバンコクの国立博物館ですが、9/18~12/15まで中国の秦王朝時代の文物を紹介する特別展示が行われます。

 一般公開は毎週水曜から日曜日の9時から16時まで。入場料は観光客の場合200B。次回また機会があったらもう一度行こうと思っている博物館なので、もしバンコクに行けるようならぜひ訪問したいです。

 問題はここへ行く交通機関が見当たらないこと。私は前回面倒になってホテルからタクシーで行きましたが、今調べてみたらその前もタクシーを使っていました。

 地図を見るとチャオプラヤエクスプレスを使って王宮前の次の桟橋(マハラート桟橋)で下船して歩いて500~600m。距離的には近いのですが、気温が高いときの徒歩での移動は結構厳しい。しかし道は割とわかりやすいはずです。

 博物館入り口の横にはカフェもありますから、歩き疲れたら最初に休憩というのもあり。このカフェは出来たばかりのようで、まだきれいです。

アジアトラベルノートより

 タイ国の観光庁が「秋・冬先取りタイ旅行キャンペーン」というのを実施中。アンケートに答えた人の中から40名に商品がプレゼント。

 商品内容を見ると、結構良さそう。早速該当ページにジャンプ。応募は9/23まで。というわけで、今私もホテルコースで応募。当選は結果発表だけということで、結局うやむやになりそうですが、まあ応募する人は多そうです。

 さて最近買い物音痴の私がちょっとだけ気にするようになったのが機内免税品販売。あれって本当に得なのか?時々買っている人を見かけることも事実なので、機内でカタログを手に取ってみると、なかには「これは良さそうだな」と思えるものもいくつか。

 しかし、一般の店ではセール等が頻繁に行われていて、なおかつ商品の類も多いので、わざわざ機内で買う必要もないだろうとこれまで無視してきました。

 調べてみると、結構頻繁に機内販売でも割引セールが行われているようで、今後消費増税となれば、こういった機内販売の需要も増えるかも。

 ネットではJALやANAの話題が多数出ていますが、どうせなら、タイに行くときいつも利用するチャイナエアラインやタイ国際航空の免税品も、次回は少し入念にチェックしてみようかなと思っています。


 

第1347回 初めてチェンマイまで移動して感じたこと

 9月に入りましたね。しかし残暑が厳しい。8月のチェンマイ・バンコク旅行中に、借りている市民農園の畑では雑草が大繁殖。ここ数日悪戦苦闘して、ようやく3分の2ほどの除草が終了。

 しかし今日も昼間は暑くなるみたいなので、除草は無理かなあと思っています。一方太平洋では台風の卵が続々発生中なんてことも書かれていて、9月の西日本・台湾・東南アジア方面への旅行は影響を受けそうです。

 と思って天気図を見たら、今日は太平洋高気圧ががんばっているみたいで、台風ばかりか熱帯低気圧も消えてしまったみたいです。

タイランドハイパーリンクスより
 
 私が帰国後のチェンマイで、76歳の男性が自宅で孤独死をしているのを家政婦さんが発見というニュースが出ています。自宅と書かれていますから、チェンマイで第二の人生を送っていたのでしょうか。事件性はないとのことで、病気がちだったのかも。

 サイアム・パラゴンでは「バンコク日本博2019」が開催されたそうで、画像も多数出ていますが楽しそう。会場は大混雑で日本の人気ぶりがうかがえます。

 ざっと見た感じかなり大規模。バンコクに滞在していたら見に行っていたかも。そういえば日本でも同様の催し「世界旅行博」があったなと思ってちょっとネットを検索。

 すると今年は大阪で行われるみたいですね。期日は10/24~10/27。会場は「INTEX OSAKA」だそうですが、私には場所の見当が全くつきません。

 とはいえ例年は東京で行われていたイベントですから、関西圏の人は待ちに待ったという感じでしょうか。大混雑間違いなしですが、世界の旅行情報を集められますので旅好きは一度は行ってみた方が良いと思います。

 今回チェンマイに初めて行くためタイ国際航空を利用して感じたことをいくつか。

・ タイ国際航空国内線は座席指定が前日にならないとできない。チケット予約時に座席指定ができず、当初は中央4列席の中央側に指定されていました。前日のウエブチェックインで気が付いて修正しましたが、ちょっと面倒。

・ スワンナプーム空港のチェックインカウンターは左側奥で、国際線の出発ロビーと同じフロア。出発ロビーへの入り口はその奥に見えていて、これは近くて便利。

・ 出発ロビーのフードコートは割と利用価値が大きいが、値段は空港料金で高め

・ タイ国際航空機のチェンマイまでの飛行時間は1時間10分とのことですが、高空で巡航飛行をしている時間はたぶん40分前後。離陸後の上昇、着陸準備で下降に要する時間が両者合わせて30分ぐらいだと思われます。 

・ 機内食は往復ともに飲み物と軽食「ブリトー?が1個」のみでした。味は悪くはないものの、「うまい!」というほどの食べ物でもない。きちんと食べたい人には少ないです。ただゆっくり機内食を味わう時間はなさそう。

・ チェンマイ空港は想像通り小さな空港で、国内線の利用だったので、着陸後の手荷物検査もなし。スーツケースも早く出てきて助かりました。

・ 心配だったのは空港からホテルまでの交通手段でしたが、スーツケース受け取りのすぐ近くにタクシー受付所があって、ホテルのバウチャーを見せてあっという間に手続きが終了。かなり便利でした。