一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第984回 バンコクのスコール

 朝から雨で、農作物には恵みの雨ですが、やはり鬱陶しい。降るなら降るで、ドカッと降ってあとはさ~っと晴れてくれよ、と言いたくなりますが、よく考えたらタイの雨季はそういった天候が多いです。

 昼までは気温がどんどん上昇。地上の熱で温められた湿気を含んだた大気が膨張し、軽くなってどんどん上昇。いわゆる上昇気流だと思われますが、上昇するとともに気圧が低くなるのでさらに膨張。

 すると空気そのものの温度が低下し、細かな雨粒が発生。さらに上昇すると、最初は小さかった雨粒がさらに大きくなり、やがて重力に逆らえなくなり雨となって一気に地上に降り注ぐというのが夕立の原理かなと思っています。

 地上で体験することは、暑いなあと思って見上げていた空に徐々に雲が増えてきて、同時にどこからか風が吹いてきます。この風を感じると、次は雨が降ってくるサインなので、パッポンあたりで露店を営んでいる人たちは、雨除けのカバーを広げ始めます。

 雨除けカバーを装着し終わったころ、最初の雨粒がぽつんと降ってきたかと思うと、いきなりドバ~っと激しい雨が降ってきます。南国特有のスコールです。

 すると水はけの悪い路面にはすぐに水たまりができ始めます。場所によっては、あっという間に水深が10~20cmになりますので、もはや普通の靴では歩けません。

 しょうがないので先を急いでいる人はタクシーで移動しようとしますが、普段は柔和なメーター制タクシーも、この時は大多数が交渉性タクシーに変貌するようです。

 ただこのスコールの継続時間ですが、30分程度で晴れてくる場合も多いので、時間にゆとりがある旅行者は近くの店でコーヒーブレークをしてのんびりしていた方が良さそうです。

 とはいうものの、時にやたらと長く降り続くこともあります。私が経験した中では3時間ぐらい降り続いたこともあります。まあそれも含めて、旅のハプニングは面白いと思わないとタイ旅行は続けられないような気がします。

 ちなみに今日のnewsclip.beでは、ゴールデンウイーク直前の26、27日は、バンコクでも大荒れの天気になることが予想されています。一足早くバンコク入りをして楽しもうと思っている人は注意が必要かも。

 また今の時期は1年の中でもかなり暑い時期になりますので、帽子や日焼け止めは必須。移動中はこまめに飲み物補給が必須です。私はかつて気が付かないうちに熱中症もどきになっていたことがあります。

 さて、最近の私の事情ですが、3月下旬に帰国して一か月以上が経過。旅行記も書き終わり、日々こういったブログを書きながら現地に思いを馳せていると、すぐにでもまた行きたいという気持ちが芽生えます。

 各種のメルマガを読んでいると、ノックスクートが今日までキャンペーン中で、片道1万円程度の格安チケットを売り出しているみたいですね。(リンク先はタイランドハイパーリンクスというサイトです)

 ビジネスクラスでも、往復10万円しません。行きは割りと良い時間帯の午前便があり、帰りは夜行便になるようですが、この価格は魅力です。

 1年中暇な年金暮らしとしては、すぐにでもクリックしたくなりますが、ちょっとばかし家庭の事情もあります。しかしそうやって家庭の事情を優先していると、どんどん加齢が進み、今度は行ける暇があっても行ける体力がないという事態に陥るのではと、いささか焦りを感じています。
 

 

第978回 徴兵検査でニューハーフは「病気」と判定され兵役免除

 朝から曇り空でちょっと涼しいですね。とはいうものの、このぐらいの気温が本来の平年並みという気もします。最近朝食後は次回の旅行に備えて?1時間ほど近所の河川敷を歩いています。

 一時期より減ったように思いますが、まだちょっと花粉の影響が残っていて歩いている途中で時々鼻水が出てきますが、それ以外は歩きやすい気温です。

 ウグイスやその他の野鳥の声を聴いて、川のせせらぎを眺め、水がよどんでいる場所で魚の姿を確認したりしながら歩いています。途中の田んぼでは田植えの準備も始まっていました。

 私も来週からは、今年から新しく借りた市民農園に野菜の苗の植え付けをする予定で、目下借りた畑を毎日1時間ほど必死に耕しています。

newsclip.beより

 タイではソンクラーンも終了し、元の日常生活が戻っていると思われますが、そんな中、軍の徴兵検査が行われ、新たに10万4734人が2年間の兵役に就くことになったそうです。

 対象は21歳の男性だそうで、6万人はくじ引きで徴兵が決定。一方ニューハーフは「病気」という理由で徴兵を免除されるそうですが、徴兵会場には訪れる様で、記事によれば「殺伐とした会場に華を添えた」と書かれています。

 掲載されている写真を見ると確かに美しい。対応する軍関係者も目のやり場に困るのかなと思えます。しかし掲載された写真を見ても、この人が男性だとは到底思えません。

 ナナプラザの2階やパッポンの一部のゴーゴーでは、こういった屈強で美しい女性(男性?)の姿を多数目にすることができますが、多くの場合その姿は屈強系となよなよした女性系の二つに分かれるように感じます。

 かつてパッポンの「キングスコーナー」に間違って入店したことがありますが、ともかく美しい。ただその美しさに造られたものを感じました。ただ通常の女性もいたので、私が見た子の本当の性別はいまだに不明です。

 私と同年代と思われる日本人のおじさんが、こういった子を両脇に座らせ、喜色満面でビールを飲んでいた情景を今も思い出します。

 ナナプラザの2階ではこういった人たちからたまに声をかけられますが、私がそれほど興味を示さないせいか、余り強引な誘いを受けたことはありません。何となく微妙な感覚がそこに漂っているような気がします。

 ナナプラザのビアバーの女性によれば、こういった人たちの中には、男性の仕事がないため仕方なくこの仕事についている人もいるとのことでした。

 ちなみに一部のゴーゴーには、こういった女性(男性?)も紛れ込んでいる場合があるようで、時々判別に悩むこともあります。これまでの経験で「もしかしたら」と感じたのは、声の高さですね。

 以前は喉仏で分かるかなと思っていたのですが、通常喉仏を見ることはほとんど不可能。外見は普通の女性よりも美しいことが多いので、これまた判別は不可能。

 あとは骨格?とか筋肉の付き具合とか?しかし世の中には華奢な男性もいますので、これまた判別は難しいです。ナナプラザ入り口のビアバーのカウンター席に座って出勤してくる女性を見て、その性別をビアバーの女性に教えてもらったことがありますが、「えっ!この人が?」と目を丸くすることが多かったです。