FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1257回 イサーン料理はスパイシー

 今日の埼玉、朝方は少し冷え込みましたが、日中は穏やかに良い天気になりそう。西から大きな高気圧が近づいているそうなので、ここ数日は良い天気になりそうです。

 バンコクの大気汚染はパタヤも含めて全く問題なし。ただチェンマイ方面は相変わらず150~200という数字になっています。それでも200を越す数字はほとんど見られなくなっています。

タイランドハイパーリンクすより

 バンコクの天気予報を見ると今日は曇り時々雨となっているようですが、最高気温はなんと41℃の予想。まさに暑気真っただ中です。

 それに比べてパタヤは32℃となっていて、バンコクよりは過ごしやすそう。チェンマイは37℃で、意外に高いです。山沿いなので、もう少し低くなるのかなと思っていました。

 26日から30日にかけて、戴冠式を前に各地で不良外国人の一斉取り締まりが行われたようで、478人が逮捕という記事が出ています。

 それにしても毎回毎回多数の外国人が逮捕されているみたいですが、いったい何人ぐらい不法滞在者がいるのか?いずれ日本もこういった問題がクローズアップされる時期が来るようにも思います。

DIAMOND onlineより

 我々は、一般的にタイ料理はおいしいと思っていますが、どうやらそのルーツはイサーン料理にあるらしいとのことで、その料理が紹介されています。
 
 ちなみにイサーンと聞いて、私が最初に思い浮かべたのはゴーゴーで働いている女性たち。この地方は農業しか産業がないようで、収入が限られ、都会に出てくる若い女性が多数。

 しかし働く場所は限られていて、結局ゴーゴーに落ち着くというパターンが多いようで、実際私がお店で会話をした女性の多くが、この地方から来ていました。

 一方バンコク旅行に慣れるにしたがって、タイ料理を味わう機会も増え、「これはうまいかも」と思う料理の中に、どうやらイサーン地方をルーツとする料理が多数含まれていることも分かってきました。

 という程度の予備知識でこの記事を読んでみて、「なるほど」と思えることが多数。ただ私がはっきりとイサーン料理として意識しているのはソムタム、ガイヤーン、ラープ、そして各種の昆虫食?ぐらい。

 ただしソムタムは、腐敗が早いようで、そういった風評?に恐れをなして私はまだ食べたことがありません。またイサーン料理は一般的に辛いとされているものが多く、レストランのメニューには唐辛子マークが二つとか三つくっついているものも多いです。

 バンコク旅行初心者だったころは、そういったマークにも無頓着で、写真を見て「旨そう」と思ったものを注文。出てきた料理が激辛で「とても食べられたもんじゃないな」と思ったことが数回。

 それ以降、食べたことがない料理を注文するときは、たとえ唐辛子マークがついていなくても、「スパイシー?」と確認してから注文するようになりました。
 

 

第1228回 最終日は飲み物と食べ物で満足です

  今日は帰国日。昨晩はアルコール販売停止とのことだったので、夕食後はすぐに部屋に戻って荷物整理。早めに寝たら5時半に目が覚めました。本来は6時半の予定でした。

 ついでなので、この後朝食を食べに行こうと思っています。朝食を食べて部屋に戻って出発準備です。

 昨日は7時起床。センターポイントの朝食は割と充実。中華系のおかずもありました。そのせいかそういった国からのお客さんも多いようでしたが、わりに皆さん物静かでマナーは良好です。

 朝食後部屋に戻ってこのブログを更新。10時に、ここから行きやすい場所はどこだろうと考え思いついたのがMBK。こまごまとした店を見学して、映画館のあるフロアにあるブラックキャニヨンコーヒーでチョコフラッペ。

 日本では絶対に食べないようなスイーツ系の飲み物ですが、おいしかったです。ついでに映画でも見ようかなと思ったのですが、想像以上に館内が寒かったので断念。

 「まあ日本で見ればいいや」と思って再びサパーンタークシン駅へ。昼食をこの辺で食べようと思って、おかゆの有名店を探したのですが、店名が読めえずにウロウロ。

 すると麺料理のお店のおじさんが声をかけてきて、写真付きのメニューを渡してくれました。そのメニュー以外、店内には英語表記もなく、旅行者には全く不向きな店でしたが、「まあいいか」と思って入店。

 チキンのエッグヌードルと書かれたような料理を注文。数分待って出てきたものを食べてみると想像以上にうまい!量が少ないのが気になりましたが、値段が50Bぐらい。

 あとから分かったことですが、どうやらお粥の有名店「ジョークプリンス」はすぐ隣だったようです。しかし今回の旅行ではフードコートの利用も増え、食に関する費用はこれまでで最低だったような気がします。

 その後は部屋で昼寝。3時ごろ起きて、船で「アイコンサイアム」へ。店内をあちこちぐるぐる回って、上階の「HOBS」という見晴らしの良い店でコールドラテを飲みながら読書。

 途中中東系のおじさんが目の前に立って電話で大声でしゃべり始め、ちょっと不愉快になりましたが、こちらの方は見ようともしない。

 ほかに空いている席がいっぱいあるのに、わざわざ読書をしている人のそばに来て大声で話すのはマナー違反だろうと思ったのですが、相手はやたら体がでかいおじさん二人組で、ちょっと声をかけずらい。

 しかしその雰囲気を察したのか、ウェイトレスさんが近くに来て、「違う場所に移動して食事の注文をどうぞ」と声をかけてくれ、おじさんはしぶしぶ移動。助かりました。

 その後さらに店内を見て、最後はグランドフロアにあるモールを見て終了。再び無料の船で戻ってロビンソンデパートの地下、topsでちょっとお土産を購入。

 部屋にこれを置いて、ついでに夕食場所の探索。グーグルマップで近くにある評判の良さそうな店を探し「MAZZARO」という店へ。ここで最後の野菜炒めと鶏肉の焼きそばを食べて終了。

 ライムジュースを飲んで520B。今回の最高額の夕食となりましたが、味も良く雰囲気もグッド。ウェイトレスのお姉さんの対応も好印象で、人気のある理由が分かりました。

 次回機会があったら肉料理も食べてみたいなと思える店でした。あとは夜遊びもできないので、早めに就寝です。