一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第943回 チョンノンシー駅近くのレストラン

newsclip.beより

 ソイカウボーイを始めとする110か所で、27日夜に外国人の取り締まりが行われたようで、麻薬摂取、密入国、不法滞在、不法就労で90人弱が逮捕されたそうです。

 逮捕されたのは、インド人、ミャンマー人、ウガンダ人、カナダ人だそうで、幸いにも日本人は含まれていないようです。ただカウボーイ等は私も含めて夜になると日本人男性が多数ウロウロしている場所ですから、現場を見た人は大勢いるかもしれません。

 サイアムパラゴン内の回転寿司店でネタケースの下にネズミが潜んでいる様子が撮影され、ネット上にその動画が出ているようです。(私は動画そのものは確認していません)

 店側は臨時休業して清掃活動を行うそうですが、あんな近代的なビルの一部にもネズミが入り込んでいるんですね。これまでもパッポンの路上で、通りを素早く横切る大きなドブネズミの姿は何回か目撃していますので、それを意識するとレストランの衛生管理も心配になります。

 同様にゴキブリ君の目撃情報や、食品内に一部が混入してる事件もいくつか散見されますので、食事をする際は内容物に注意が必要なのかもしれません。

 3月に入りましたが、例年のバンコクに比べると幾分涼しかったバンコクも、今日の予想気温は35℃、最低気温が25℃と表示されているので、いつものバンコクが戻ってきた感じです。

 さて今回の3月12日からの旅行では、最初の2泊がチョンノンシー駅に近い「イエローリボンヒルズ」というホテルに宿泊します。地図で確認すると駅から南に500mほど進んで「ソイ・ナラティワート」と書かれた路地を左折して100mぐらいの右側にあるようです。

 というわけで、初日の夕食はチョンノンシー駅周辺のレストランで食べてみようかなと思って、今「歩くバンコク」というガイドブックを見ながら、周辺のレストランをチェックしています。
 
 先ず見つかったのが「ローカルカンティーン」という店。ホリデーインの真向かいにある、間口は小さな店のようです。実は以前このソイの奥にあるフラマというホテルに宿泊したことがあり、この路地は何回か歩いているのですが、全く記憶にない店です。

 次がこの路地と、路地入り口のアイレジデンスというホテルの間にあるらしい「ファンナラー」というタイ料理レストラン。ここも目の前を歩いているはずなのに、全然覚えていません。

 続いて、すぐ近くのビル、「サートーンタニビル」という建物の奥の方に「ザ・ジャパン」という店があるそうで、ここは和食ですが値段がかなり安いようです。歩くバンコクの地図にも、さりげなく店名が掲載されていました。

 さらにチョンノンシー駅3番出口を出て50mほどのところにある「永和豆奬」は台湾料理のお店。バンコクナビにも詳しく紹介されているので、ここは是非行ってみたいです。
 

 

第915回 レストラン店員のなりすまし詐欺に注意

 朝7時過ぎに起きてカーテンを開けたら一面の霧。春先にはよく見られる現象ですが、「こりゃ今日は暖かくなるぞ」と思いました。昨日バンコク~クアラルンプール間の飛行機をエアアジアで予約しようと思ったのですが、なぜか予約途中でとまってしまいます。

 夜間にもう一度トライしてみましたが、やはり同様で予約完了になりません。今日もう一度やってみますが、私のコンピューターの影響なのか、エアアジア側の問題なのかが不明。

 まあどうしてもだめなら電話で予約とか、場合によってはタイ国際航空とかマレーシア航空でもいいかと思っていますが、マレーシア航空は過去の行方不明事件がいまだに解決されていないのでちょっと気になります。

newsclip.beより

 日本人と同行する店員のふりをして一緒にレストランに入り、注文受付時に「先払いになっている」と告げ、お金を受け取ってそのまま店を出るという、要するに詐欺の手口が増えているそうです。

 タイのレストランの場合、入り口でテーブルに案内される場合と、自分で勝手にずんずん店の中に入っていくシステムがありますが、料理の先払いというのはまずありえません。

 普段と違うことが起きたら、ちょっと慎重に周りを見回す余裕が必要なようです。ただこの手の人たちは、旅慣れている人かそうでないかを見分ける能力にも長けているようです。

 パリパリの新品の、いかにもよそゆきという服装ではなく、現地に溶け込むような服装がベストですね。また無暗にキョロキョロするという態度も旅行初心者に見えると思います。

 3月の旅行は途中でバンコクからクアラルンプール行きを予定していますが、バンコクで和食レストランを展開する「やよい軒」がクアラルンプールに第1号店を出店だそうです。

 場所は「ロット10」というショッピングモールのようですが、調べてみたら私が宿泊予定のホテルからも近いようで、昼食等で利用価値があるなと思っています。

 初めての場所では食事をどうするかが問題。初めてバンコクに行ったときは、なんだかごみごみしたレストランのたたずまいに恐れをなして、最初の食事はフワランポーン駅近くの売店でパンを買って食べました。

 小心者故、最初の1歩を踏み出すのに勇気が必要なのですが、買ったパンを持って、駅近くの公園まで行き、ベンチに座って食べましたが、周りを徘徊していたのはいかにも貧しそうな人々で若干身の危険も感じました。

 バンコクデビューの情けない体験ですが、だからこそ妙に印象に残っています。今回クアラルンプールも初めての場所で、最初はレストラン入店も勇気が必要だなと思っていますが、そんな中バンコクでよくみかける「やよい軒」があったら、迷わず入店しそうです。