FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1025回 バンコク郊外の巨大ナマズ釣り、バンコク旧市街とは?

 6時半に起きましたが、カーテンを開けたら梅雨明けを思わせるような青空で、しかもこれからどんどん気温が上昇しそうな予感。天気予報を見ると予想通り今日の埼玉は猛暑になるみたいで、少し焦り気味に朝食後洗濯や掃除をやっていました。

newsclip.beより

 スラウォン通り他83か所で「不良外国人」取り締まりという記事が出ていて、なんと107人逮捕だそうです。逮捕の理由は不法滞在や不法入国だそうで、半数以上がミャンマー人と書かれています。

 見分ける方法はやはりパスポートが基本になると思われるので、常に携帯する必要を強く感じます。しかし一方で落としたり取られたりという確率もわずかながらあるので面倒だなと感じます。

 私は両替用にいつもコピーを持ち歩いているのですが、これだと入国した日付は不明ですから、不法ではないという証明にはならなさそうです。

デイリーより

 バンコク郊外の巨大ナマズ釣りについて紹介されています。名前が「ニューサムランフィッシングパーク」という名前だそうですが、記事には場所等の記載がありません。タクシーで2時間だそうです。

 私はかつて湘南の遊漁船で月に1回程度海釣りを楽しんでいました。他にも伊豆半島や新潟の堤防や砂浜で各種の釣りを楽しんでいた経験があるので、巨大ナマズ釣りには少しだけ関心があります。

 場所を調べるためにネットの情報を見ていたら、釣れる魚の巨大さが良く分かりました。もちろん常にでかい魚が釣れるわけではないとは思いますが、掲載された写真には1~2mの巨大魚が多数出ています。

タイランドハイパーリンクスより

 先日紹介したBTSやMRTで自由に乗り降りできる「メンムムカード」ですが、なんと今のところ販売はタイ人に限られると書かれています。7月の旅行で買おうかなと思っていたのでがっくりです。
 
 さて旅行が近づいてきていろいろお散歩コースを調べているうちに、「バンコク旧市街」という語句をよく見かけるようになり、いったいこの旧市街とはどの辺なんだと関心を持つようになりました。

 調べてみると、王宮周辺のことで東側は民主記念塔の東を南北に流れている運河となり、西側はチャオプラヤ川になる、縦3.5km、横2.5kmぐらいの楕円形の地区のようです。

 面白そうな場所だなと思っているのですが、問題は行き方。この地区の西側はチャオプラヤエクスプレスが便利そうですが、民主記念塔や「ワットスタット」あたりまで歩くのは大変そう。

 というわけでセンセーブ運河を利用した船で行くというのが定番のようですが、これまた適当な桟橋まで歩いて、乗り込んでと考えると結構面倒。

 「やはりタクシーで最初にワットスタットや民主記念塔まで行くのが無難かな」と思っていますが、どうなるか?他にも動物園とかエラワン博物館とか行きたい場所もあるので、次回以降かな?

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/991-329b3d84