一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1019回 ボーベー市場が面白そうですが場所がちょっと・・・

 今日は朝から小雨模様で、気温も急低下。再び長袖シャツを引っ張り出して着こんでいます。次回バンコク旅行の出発まで一か月を切り、梅雨空で気分はいまいちなものの、一方で旅行が楽しみになってきています。

 すでにチケットと宿泊先は決まっていますので、今日はこの後成田空港の駐車場を予約しようかなと思っています。駐車場はここのところ「シャトルパーキング」を利用する機会が増えています。

 空港までの送迎は迅速丁寧で、一度駐車した車は移動されることもないことが気にいっています。

ニコニコニュースより

 チャオプラヤ川沿いに新しいショッピングモール「LHONG1919」が2017年11月にオープンしたという記事を発見。川沿いなら、行きかう船の景色を見ながらのんびりできそうだなと思い早速チェックです。

 するとタイ人の間ではフォトスポットとして人気があるそうで、掲載された画像を見ると、確かにレトロな建物の壁に何やら様々な絵画が描かれ、独特な雰囲気のようです。

 しかももともとは中国との交易で栄えた場所だった様で、中国文化の影響もあって不思議な雰囲気の建物が多いみたいです。「こりゃあ確かに面白そうだな」と思ったのですが、問題は場所です。

 常に持ち歩いている「歩くバンコク」を見ると、ちょうど地図の境目あたりで場所が良く分かりません。ただ説明によればチャオプラヤエクスプレスの桟橋の前ということのようです。

 桟橋の名前は「WANGLEE PIER」(ワンリーピア?)と書かれているように思えますが、バンコク市街の対岸に位置するため、この桟橋に停泊するボートは通常のエクスプレスボートではなく、各駅停車?のボートかなという気もします。

 さて久しぶりに「バンコク15の今昔 お散歩ルートマップ」を見ています。今日はボーベー市場近辺。途中は少し抜かしました。あまり面白そうな場所がなかったからです。

 ちなみにこのルートマップに掲載されている手書きのような地図は、どうも場所が分かりにくいです。鉄道の駅等の場所が明確ではないので、常に手持ちの「歩くバンコク」という雑誌の地図を見ながら確認しています。

 今日のボーベー市場も名前は聞いたことがありますが、バンコクのどの辺にあるのかと考えるとちっとも思いつきませんでした。というわけで、悪戦苦闘して辿り着いた地図ですが、国立競技場から伊勢丹あたりにかけての地区の北側、センセーブ運河周辺ということです。

 というわけで「ボーベー市場」ですが、説明にはバンコクで最大の市場で最も安く衣料品が手に入ると書かれています。朝7時からやっているそうで、行ってみたいなと思ったのですが、歩くバンコクの市街図からは外れているので、グーグルマップで確認。

 しかしやはり場所が不明というかそれらしいところは分かったのですがセンセーブ運河との位置関係が、イラストと違っているように見えます。 

 それはそれとして、アクセス方法をネットで調べてみたらセンセーブ運河のボートで行けばよいということが分かりました。ちなみにいくつかのページには激安の商品価格も掲載されていて、バンコク市街で安売りされている衣料品はこの辺りの価格に儲けを上乗せして販売されているのではと感じました。

 しかし旅行客は少ないようで、難度が高そうなマーケットであることは間違いなさそう。ウイークエンドマーケットあたりで修業を積んでから訪れた方が良さそうです。 

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/985-7455c749