一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第989回 バンコク旅行の目的の変遷

 明日からの4連休は、荒れ模様になる可能性が高そうですね。レジャーの予定を入れていた多くの人はがっかりしていると思います。ただ海外に出かける人は空港までの交通で苦労する以外、現地では楽しめるはずで羨ましい限りです。

 私は4連休とは言え、いつもの日常生活が続きそうで、逆に早くゴールデンウイークが終わってくれないかなと、ちょっと勤労者諸氏には怒られそうな印象を持っています。

 というわけで、明日からの4連休もいつも通りの生活となりそうですが、折角の4連休なのでブログの方の更新はちょっと休んで、夏の旅行の計画でも考えようかなと思っています。

 さて私自身のタイ旅行の変遷を辿ってみると、少しずつ旅行目的が変遷しているように感じられます。最初はともかくカルチャーショック。見るもの聞きものすべてが面白い。

 そして夜のゴーゴーの世界。とんでもなく若くて美しい子が夜の街で多数働いていて、日本ではスナックを飲み歩き、カラオケを歌う程度の遊びしか知らなかった私はともかくびっくり。

 最初はステージを見上げて開いた口がふさがらず、一方で相手の視線を感じると恥ずかしくなってステージをまともに見ることも出来ず、それでいて男の本能として徘徊を重ね、いつの間にかママさんとも顔なじみになるというところまで到達。

 ところが、ここ数年ふと周りのお客さんの年齢層を見たら、皆さん明らかに私より若い。それでも愛想を振りまいてくれる子がいるので、相変わらず惰性で通っていますが、「こりゃもう卒業だ」というのが率直な感想です。

 しかし卒業して今度はバンコクで夜は何をして遊ぶのかという部分でちょっと困惑。だとすると、旅行の原点に返って、観光だろうと考えて、3月にはクアラルンプールへ。

 バンコクでももちろんあちこち行って、基本的な観光地は行きつくしたという印象も持っていますが、やはり行ったことがなかったクアラルンプールはそれなりに面白かったです。

 であるなら、やはり次は、日程に余裕があるときはバンコクを拠点にして、北のチェンマイや、南のプーケット方面、さらにクアラルンプールからさらに東のボルネオあたりも面白いかなと思っています。

 また興味の対象がどんどん変わっているなと思う中で、ホテル宿泊そのものの重要性も増してきました。以前は日本のこぎれいなビジネスホテルクラスぐらいのグレードでなるべく安いものを探すのが常でした。

 しかし、様々なホテルに宿泊したことにより注目点が部屋の広さ、ベッドの寝やすさ、交通の利便性、スタッフの対応、窓からの眺望、朝食のおいしさ等にも関心を持つようになり、そういった点で満足できるホテルの中で安いものを探すようになってきました。

 そんな中、目下のところ私の基準で一番コストパフォーマンスに優れているなと思っているのが、ここのところバンコクに行くたびに宿泊している「エータス・ルンピニ」です。

 ところがこのホテル、多くの人が利便性が良いと判断したのか、最近は混雑気味かつ宿泊費がどんどん値上がりしています。その意味では、ここに代わる居心地の良いホテルを探したいなという気持ちもあります。

 一方買い物ですが、一時は物価の安いバンコクで大量の雑貨を買って日本に持ち帰り、それをヤフオクやアマゾン、そして今でいえばメルカリ等で販売すれば旅費が浮くのではと考えたこともあります。

 そこでバンコクに通い始めたころ試しに気にいった雑貨をいくつか買って、ヤフオクで販売したこともありますが、当然売れるものは簡単に売れましたが、売れないものはいくら値を下げても売れず、やはり目利きと労力が必要だなと感じました。

 まあ昔から買い物にはほとんど関心がなかったので、そんな人間が「こりや良さそうだ」と思って選んだ品では売れないのが当たり前ですね。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/955-a353945d