一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第929回 東京~バンコク間の便数が増加

 昨日は朝から青空が広がり、いつも家にいてコンピューターとにらめっこばかりしていると体に良くないと思い、一昨日に続いてドライブをしてきました。

 向かったのが江の島で、島内をぐるっと1周。富士山もよく見え、海もきれいで気持ちが良かったです。島中央付近の展望台近辺で食事をしましたが、あたりにはトンビが飛び回り、餌を求めて3mぐらいの距離まで近づいてくることもあり、結構スリルがありました。

 それよりも驚いたのが、駐車場から展望台への道で出会う観光客の半分以上が外国人だったこと。大半が中国、韓国、台湾系かなと感じましたが、なんだかバンコクのスクンビット通りやナナ、パッポンを歩いているときの雰囲気と似ているなと感じました。

 アップダウンの多い島の中を歩き回って、かなり疲れましたが、まあそれでも爽やかな疲労感ですね。やはり富士山と海は似合うなあと思いつつ駐車場に戻り、そこから小田原へ。

 早川港で干物を見て、さらにかまぼこの「鈴廣」本店でお土産購入。我が家はここで販売されている「揚げカマセット」の大ファンです。

newsclip.beより

 ここのところ、日本~バンコク間の飛行機が増便され、どの航空会社を選ぶかという選択肢が増えています。逆に情報が五月雨式に出てくるので、一体全体バンコク便で使いやすい時間帯の飛行機を運行しているのはどの航空会社なんだろうと疑問に思っていました。

 そんな中、アジアトラベルノートいうサイトで、各社の運行時間をまとめてくれました。私自身は行きも帰りも午前に出発して夕方に到着するという飛行機が良いなと思っています。

 ところが行きか帰りに深夜便となる飛行機が意外に多くあり、いつも予約しにくいなと思え、結局台北乗り継ぎがあり、所要時間も直行便に比べて長くなってしまうチャイナを選ぶことが多いです。

 というわけで改めて上記リンク先を見ると、ANAとJALは毎日4便運航で、その中で午前便は1本だけのようです。タイ国際航空は1日6便あり、行きは使いやすい便がありますが、帰りがちょっと面倒。

 以前利用したこともありますが、スワンナプーム空港を早朝7:35という便がまあギリギリ使えるかなという気もするのですが、これに乗るためには空港に5時半ぐらいに到着する必要があり、だとすればホテルをどんなに遅くても5時に出なくてはならず、前の日の夜がのんびりできないです。

 一方、タイ・エアアジアXは意外に良い時間帯に運行しているようで、直行便のLCCですから料金も安いはずです。その意味では利用価値も大きいなと感じます。

 スクートは行きが理想的な時間ですが、帰りが深夜便となり、私の好みには合いません。ただLCCですから思い切ってビジネスシートを選択して寝て帰るという方法もありそうです。

 またこれ以外にノック・スクート、タイ・ライオンエアも新たに運行を始めるみたいなので、利用者としては選択肢も増えありがたいなと思っています。


関連記事

 

Depende de que você qᥙer dizer com grátis”.

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/895-861c6493