FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第928回 初めてのバンコクはカルチャーショックの連続でした

 今日は朝起きてなんだかブログの更新が面倒になって、午前中からちょっとドライブに行ってきました。向かったのは、埼玉県川島町にある白鳥の飛来地です。

 今は白鳥が飛来する時期なので、臨時の駐車場も整備されていて、そこから歩いて100mぐらいの河川敷に出ると、30羽ぐらいの白鳥がいました。

 普段よりはかなり少ないようですが、白鳥を見たのは本当に久しぶりだったような気がします。15分ほど見て、続いて向かったのが映画の撮影も行われた行田にある「忍城」。

 街の真ん中に城跡があるので、なんか不思議な気がしましたが、いわゆる難攻不落の城として有名です。博物館も併設されていて一通り見て来ましたが、結構面白かったです。

 自宅近くでも、結構小旅行の雰囲気は味わえるもんだなと思いつつ帰ってきました。そう考えたら、やはり旅の面白さは、まだ見たことがない景色や施設を見に行くというのが、原点かなという気がしてきました。

 思い起こせば10年以上前の2005年に、それまで個人手配で家族とともにハワイに行っていた知識を利用して、一人で海外に行こうと決断し、旅費の安さに惹かれてバンコク旅行を決定。

 バンコクでは日本語はおろか英語もほとんど通じないということも覚悟して、ならばと思い飛行機はJALを選択。ドンムアン空港に深夜の11時ごろ到着し、良く分からないままにイミグレの列に並びましたが、前の方に並んでいる人が係員に聞きながら入国書類を書いていて、「これがバンコクの実態かあ」とがっくり。

 ようやくイミグレを抜けて、スーツケースを持って税関を通過して外に出たら、出迎え場所に浅黒い肌で、大きな目玉の人たちが多数群がっていてびっくり。

 いきなり身ぐるみはがされてどこかへ連れていかれるのではという恐怖を感じて、結局すぐそばのカウンターでリムジンを選択。しかしリムジンに乗っても、「もしかしたら暗がりに連れ込まれて・・・」と余計な心配をして、地図を取り出したりしていたので、運転手さんの方も「この客は大丈夫か?」と心配していたかもしれません。

 ホテルに到着するとドアマンがタクシーのドアをさっと開けてくれ、スーツケースも運んでくれ、日本のビジネスホテルの経験しかなかった私は、ともかくカルチャーショックの連続。

 ホテルのレセプションでは、美女2名が満面の笑みで「サワディーカー」なんて挨拶をしてくれ、なんだか自分が少し偉くなったような気がしました。

 同時に「これこそ海外旅行だ」と思ったことも事実です。翌日から、道を歩くとバイクとぶつかりそうになったり、交差点でいくら待っても青にならない信号に腹を立てて、無理やり横断したりして、道路法規を無視するのは結構気持ちが良いもんだなと納得したり、まあとにかくやることなすことが日本の生活とは違っているので、「はあ?」とか「へえ~、そうなのか」と独り言を言いながら街歩きを楽しみました。

 そんなおどおどした様子はバンコク旅行初心者であることが見え見えだった様で、王宮周辺では「どこに行くのか?案内するよ」と声をかけられたりもしましたが、ここ5~6年は、どうやら所作がバンコクに溶け込めるようになったらしく、声をかけてくるのはタニヤ通りで変な写真を持った得体のしれないおっさんや、日本語が達者なママさんだけとなっています。

 それでもそういった体験は日本の池袋や新宿あたりの繁華街では味わえないので、貴重な経験だなと感じます。

 てなことを考えながらドライブを楽しんできましたが、帰ってきてニュースを見たら株が大暴落。2014年から株式投資を再開して、ここのところちょっと調子が良かっただけに、逃げるタイミングが遅れました。3月旅行の旅費にもちょっと影響が出そうです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/893-bed350d8