FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第921回 美少女コンテスト、大気汚染が悪化

 またしても寒い朝で、ファンヒーターの温度表示は0℃。昨日は、新聞を取るついでに、屋根の雪がどのくらい溶けたのかなと見上げたら、なんと30cmぐらいのつららが何本も出来ていてびっくり。

 こんなつららはこの家を建てて20数年で初めてのような気がします。ということは屋根は0℃以下になっているわけで、私はその下の2階で寝ていますから寒いわけです。

newsclip.beより

 タイの大手銀行のひとつであるSCBが今後3年間で1161店ある支店を400に減らすそうです。当然ながら従業員も27000人から15000人に減らされるということで、こりゃすさまじいなと感じました。

 その理由ですが、フィンテックの導入加速だそうで、業務の効率化をはかるということのようです。先日1月20日に楽天証券が主催する新春セミナーなるものに初めて参加したのですが、似たようなことを講師の竹中平蔵さんが講演でしゃべっていました。

 今後日本の銀行で、AIやロボットがどんどん導入され、ロボットができるような業務はどんどん自動化され、人件費を減らす動きが顕著になるだろうということでしたが、すでにタイではそういった動きが出ているようです。

 バンコク市街では、繁華街を100mも歩くといたるところに銀行と両替所があるなという印象を持っています。さらにBTSやMRTの改札近くには、いわゆるATMが何台も並んでいますので、ちょっと異様だなと感じています。

 しかしその分街中の銀行は日本に比べて空いているようにも思えます。実際の使い勝手は、私はタイの銀行口座を持っていないので良く分かりませんが、今後は日本でもタイでも人のいない銀行がどんどんできるのかもしれません。

 すでにコンビニ業界でも無人店舗が試験的に導入されたようですから、未来社会では従業員のいない商店やレストラン、銀行がどんどん生まれるのかもしれません。

 タイで行われた美少女コンテストの優勝者の写真が出ています。優勝者はプーケット出身の15歳だそうですが、写真を見るととても15歳には見えません。それにしても美しい。というか日本人好みの顔立ち?私には17~18歳に見えます。

バンコクポストより

 最近バンコクに行くたびに空気がきれいになっているなと感じていたのですが、このところどうやら大気汚染が少し悪化しているようです。

 掲載されている写真を見ると、遠くのビルがかすんで見え、10年ぐらい前のバンコクに戻ってしまったように見えます。先週は大気汚染の指標となるPM2.5の割合が基準値を超えたようですが、今は基準値を下回っています。

 しかし汚染度は天候によっても左右され、2月に入るとまた上昇する可能性があるとのことです。私はぜんそく持ちなので、10年前に初めてバンコクに行ったときは、喘息症状が出るか出ないかかなり心配をしていました。

 結果的には特に問題ありませんでしたが、あの頃の大気汚染はPM2.5というより自動車の排気ガスだったような気がします。というわけで、3月の旅行はちょっと心配だなと思っていますが、2月にタイに行かれる方はインフルエンザの予防も兼ねて、顔にフィットしたマスクを持参した方が良いと思います。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/886-87e50a70