一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第915回 レストラン店員のなりすまし詐欺に注意

 朝7時過ぎに起きてカーテンを開けたら一面の霧。春先にはよく見られる現象ですが、「こりゃ今日は暖かくなるぞ」と思いました。昨日バンコク~クアラルンプール間の飛行機をエアアジアで予約しようと思ったのですが、なぜか予約途中でとまってしまいます。

 夜間にもう一度トライしてみましたが、やはり同様で予約完了になりません。今日もう一度やってみますが、私のコンピューターの影響なのか、エアアジア側の問題なのかが不明。

 まあどうしてもだめなら電話で予約とか、場合によってはタイ国際航空とかマレーシア航空でもいいかと思っていますが、マレーシア航空は過去の行方不明事件がいまだに解決されていないのでちょっと気になります。

newsclip.beより

 日本人と同行する店員のふりをして一緒にレストランに入り、注文受付時に「先払いになっている」と告げ、お金を受け取ってそのまま店を出るという、要するに詐欺の手口が増えているそうです。

 タイのレストランの場合、入り口でテーブルに案内される場合と、自分で勝手にずんずん店の中に入っていくシステムがありますが、料理の先払いというのはまずありえません。

 普段と違うことが起きたら、ちょっと慎重に周りを見回す余裕が必要なようです。ただこの手の人たちは、旅慣れている人かそうでないかを見分ける能力にも長けているようです。

 パリパリの新品の、いかにもよそゆきという服装ではなく、現地に溶け込むような服装がベストですね。また無暗にキョロキョロするという態度も旅行初心者に見えると思います。

 3月の旅行は途中でバンコクからクアラルンプール行きを予定していますが、バンコクで和食レストランを展開する「やよい軒」がクアラルンプールに第1号店を出店だそうです。

 場所は「ロット10」というショッピングモールのようですが、調べてみたら私が宿泊予定のホテルからも近いようで、昼食等で利用価値があるなと思っています。

 初めての場所では食事をどうするかが問題。初めてバンコクに行ったときは、なんだかごみごみしたレストランのたたずまいに恐れをなして、最初の食事はフワランポーン駅近くの売店でパンを買って食べました。

 小心者故、最初の1歩を踏み出すのに勇気が必要なのですが、買ったパンを持って、駅近くの公園まで行き、ベンチに座って食べましたが、周りを徘徊していたのはいかにも貧しそうな人々で若干身の危険も感じました。

 バンコクデビューの情けない体験ですが、だからこそ妙に印象に残っています。今回クアラルンプールも初めての場所で、最初はレストラン入店も勇気が必要だなと思っていますが、そんな中バンコクでよくみかける「やよい軒」があったら、迷わず入店しそうです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/880-e2cb36c4