一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第843回 トゥクトゥクがEV化、葬儀日前後の観光、出入国カード

JIJI.COMより

 バンコク名物の三輪タクシーといえばトゥクトゥクですが、これが2022年度までに電気自動車EVに切り替わる計画が政府より発表されたそうです。

 ということは今後あの騒音をまき散らしながら軽快に走り回る乗り物は少しずつ消えていくということなのかもしれません。トゥクトゥクという乗り物そのものの管理形態はどうなっているのかよく分かりませんが、タクシーと同じなら所有者がいてそれを運転手が借りて営業しているということになりそうです。

 今後EVに切り替えることができない業者または所有者は自然に淘汰されるということかもしれません。しかし何回か利用した経験がありますが、あのバババババという音と、細い路地を吹っ飛ばす感覚は、なかなか爽快です。

 ただ安心しきって乗っていると、隣の座席に置いた荷物をバイク等にひったくられるという事件も発生しているようです。また乗るときにいちいち料金を交渉しないといけないのが面倒ですね。

 シャイな日本人には利用しにくい乗り物だと思います。同じ区間のタクシー料金を知っていれば、それプラスアルファの料金で交渉が可能だなと思っていますが、普通はほんの近距離で使うことが多いので、せいぜい100Bかなという気もします。

 しかしタニヤ近辺で路上駐車をして客を待っているトゥクトゥクは、どんなに近くても最初は200~300Bと言ってきますね。交渉によって100Bになったこともありますが、やはり面倒です。

毎日新聞より

 26日に前国王の葬儀が予定されていますが、これに伴って「観光はどうなるんだ?」と心配している人も多いと思います。 国葬の儀式は25~29日ですが、観光庁の発表によれば観光への規制はないということのようです。

 ただし王宮やエメラルド寺院は10月の大半は閉鎖ということになっているようです。ちなみに一観光客として気になるのが夜のアルコール規制ですが、これについての記載はありませんので、店側の自主的判断ということになるのかもしれません。

newsclip.beより

 10月1日から、出入国カードの大きさが変更になったようです。今までより一回り小さくなったということですが、内容には変更なし。評判の悪かった職業や収入等の欄も残っているようです。

 私のような年金暮らしの場合はどう書くのかなといつも悩むのですが、職業は「retire」、収入はだいたいの年金額をそのまま書いています。

 記事によれば統計上必要だということですから、内容によって出入国を規制されるということではなさそうです。ただ収入をゼロと書くと、タイで働くのではないかと邪推されるかもしれません。



関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017年10月06日金
  • #
  • 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2017年10月09日月
  • #
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/807-d53bef61