一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第768回 定宿エータスルンピニの弱点

 昨晩の雨で気温が急激に低下。今日の朝はいつも通り半そでポロシャツと短パンに着替えて朝食を食べていましたが、途中で妙に寒いことに気が付いて、長そでシャツ、長ズボンに着替えました。

 テレビをつけたら4月下旬の気温ですというアナウンスがあり、こりゃ出かけるとき上着も必要かもしれないなと思っています。

トラベルボイスより

 タイ国際航空とバンコクエアウェイズがコードシェア提携で合意。これによってバンコクを経由してチェンライ、チェンマイ、プーケット、クラビ、サムイ島へのコードシャエア運賃の設定と乗り換えがスムースに行えるようになりました。

FLy Teamより

 LCCのピーチ航空が、那覇~バンコク線で「2人で行きタイ!SALE」を開催中。搭乗期間は6/8~9/28までで、片道運賃がなんと二人で8000円。支払手数料、空港使用料等は別だそうですが、それにしても安い。

 これなら国内旅行で沖縄を楽しんで、さらにバンコク旅行を楽しむということもできそうです。時間的にも沖縄~バンコク間は4時間ぐらいでしょうか。成田からバンコクまでの時間を考えると実に便利です。

newsclip.beより

 タイ当局はタイ南部のアンダマン海側リゾート地(プーケット等)で、テロが起きる可能性があるとして、空港や商店街で警戒を強化しているそうです。

 ただし政府はテロ警戒を指示した事実はないそうで、いたずらにおびえる必要はありません。とはいうものの、現地で警戒しているということですから、この方面への旅行を計画している人は、少し注意したほうがよさそうです。

 さてホテル探しですが、駅に直結しているようなめぼしいホテルは他にはなさそうです。そうなると次は駅の出口から100m以内を目安にして探すことになります。

 しかしこの範囲の知っている範囲では基本的に定宿である「エータスルンピニ」駅が一番だと思っています。ただこのホテルの弱点は、立地にありますね。

 要するにシーロム方面からタクシーで帰ってくると、ホテルは右側になり、ラマ4世通りは中央分離帯があるので右折できません。その結果いったんホテルを通り越してその先の適当な場所でUターンするか裏道を通るしか方法がありません。

 しかしこの裏道の説明が面倒。シーロム駅方面からラマ4世通りを走り、地下鉄のルンピニ駅手前の大きな交差点を右折。50mぐらいで細い路地を左折。

 道なりにまっすぐ進んで突き当りを左折すると、再びラマ4世通りに出ますので、ここを左折して100mぐらいの左側ということになるのですが、この説明が実に厄介ですし、距離的にも不合理です。

 道の説明に関してはシーロム通りに待機している交渉性のタクシーやトゥクトゥクを使うと話が早いのですが(運転手はだいたい周辺のホテルへの地理を把握しています)、その分40Bぐらいで行ける距離なのに「200B」と言ってきます。

 まあそのぐらいならと思わないこともないのですが、違法なタクシーであることは間違いないので、できれば利用したくないと思っています。まあその意味では地下鉄を使えばいいわけで、そのために駅に近いという条件でホテルを選んでいるわけです。


 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/728-12d1122b