一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第746回 バンジャーク駅近くのクイッティアオ屋さん

 いつも利用しているテンプレートの動作がおかしくなっていたようなので、緊急避難的に形式を変更しました。見にくいとは思いますがご了承ください。

newclip.beより

 サマセット・エカマイ・バンコクが15日に全面開業だそうです。駅から6分程度の場所にあるサービスアパートですが、場所が書いてありません。

 ネットで検索すると、ソイ63を北上し300mぐらいで右折。ソイエカマイ2に入り200mぐらいの右側。歩くバンコクの地図を見ると、「ピーターマンション」となっています。

 サマセットというのはバンコクのホテルでよく聞く名前ですが、アスコットグループなんですね。知りませんでした。このグループのホテルは、「アスコット」、「サマセット」、「シタディン」の三つがあるそうで、いずれも中級以上のホテルだと把握しています。

 エカマイは駅直結のゲートウェイエカマイに行ったことがあるのですが、タイでブームになっている和食の店を集めたレストラン街がありました。食べてみましたが、どうやら当たりはずれもあるようで、私が入った店は和食もどきの店でした。

 また駅の2番出口を出てちょっと歩くと東バスターミナルがあって、ここからシラチャーやパタヤ方面のバスが多数出ていました。しかしチケットを販売しているカウンターが多数あり、方面別に分かれているようでしたが、慣れないと分かりにくいなと感じました。

 しかしここからシラチャーまでバスで行って、日帰り旅行を楽しむことも出来そうです。今後の課題になりそうです。もちろんパタヤにも日帰りで行けると思いますが、片道3時間だと思いますので、現地で遊ぶ時間もなくなりそうです。(パタヤの場合バスターミナルから市街まで、さらにソンテウ等で移動しないといけないので面倒です)

 さて昨日からの続きです。バンジャーク駅ですが、ジムトンプソンアウトレットのお店以外に有名若しくは話題の店や場所があるのか?調べてみると駅前の「テン・タイ・チャイ・フワット」という店が有名みたいです。

 歩くバンコクにも記事が出ていて、自家製の中華麺、ワンタン、ツミレがウリだそうですが、ネットではクイッティアオの話題が多いです。

 しかしクイッティアオと言われても、私にはどんな食べ物なのかさっぱり見当がつきません。改めて調べてみると何のことはないタイの代表的な麺料理だそうです。

 なんだじゃあどこかで似たような料理を食べたころがあるなと思ったのですが、麺は三種類。これまで何回も食べている米でできた太くて平たい麺をセンヤイ、中間ぐらいがセンレック、極細麺がセンミーと呼ばれているそうです。なるほどそうだったのか、という感じで今さらながら知識が増えました。ちなみに小麦でできた面はバミーと呼ぶそうです。

 ちなみにお店には写真入りのメニューが出ているそうなので注文もそれを見て指させばOKになりそうです。ここは次回ぜひ行っていたい店ですね。

 もう1店。ネットで検索していたら「Noomsensingha」という、やはり麺のお店を発見。2番か5番出口を出てソイ60/1に入って50mぐらい?の左側。

 店内はエアコンが効いていて清潔そう。紹介記事ではメニューは5種類と書かれています。単純明快、これなら迷う事もなさそう。しかも値段が60B。バンコクもエカマイを過ぎるとローカル色が強くなり、物価もぐ~んと下がるような気がします。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/704-68aa7773