一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第720回 食べない、飲まない、観光地は飽きた、では何をする?

産経ニュースより

 シーロム駅のすぐ前にあったデュシタニ・バンコクが来年6月いっぱいで休業。その後は取り壊されることが決まったそうです。解体後はホテルやオフイスビル、ショッピングモールができるとのことですが、なんと開業は25年。だいぶ先の話です。

JIJI.comより

 タイという国にほれ込んで、どうせならいっそのこと不動産が欲しい、若しくは不動産で何とか資産を増やせないかと考えている人は多いと思います。

 そんな方のために新宿にある不動産会社が1000万円台から購入可能な物件の視察ツアーを6月に行うみたいです。3泊4日のツアーでツアー料金は9万円から。1回のツアーの最大人数は10名。

 ただし私はこれを推薦しているわけではありません。会社名も初めて聞く名前ですので、参加申し込み、更に購入等は自己判断でお願いします。個人的には参加するだけならしてみたいなという気もしますが・・・。

 さてだいぶ暖かくなってきて、近辺の桜は満開に近い状態になってきました。こうなると旅行の虫が体の中で「行きたい行きたい、タイに行きたい」と騒ぎ立てます。

 もちろんタイではなくハワイでもいいわけですが、5月から9月にかけての4か月の間に、なんとか一度ぐらいでかけたい。ただ5月の28日には最近目覚めて勉強しているファイナンシャルプランナー3級の試験があります。

 早期退職したシニアとして知っておいた方が良いと思われる知識が満載のファイナンシャルプランナーの試験ですが、用語や数値を覚えるのにてこずっています。

 まあ1回で合格は無理かなと思っていますが、それでもやらないよりはやったほうが良いだろうと思ったので、先日受験を申し込みました。というわけで、この試験を終えた6月上旬には、それなりに体力もついて旅行に行けるのではと思っています。

 ただタイに行く場合先日も書いたように現地で何をするかというのが問題。バンコク市街の観光地はほぼ行きつくした感じです。まあまだ降りたことがないBTSやMRTの駅に行って周辺をぶらつくのがいいのかなと思っています。

 あとは面倒ですがパタヤまで行く。しかしパタヤに行っても、昼間は昼寝かマッサージが主になりそうです。ジョムティエンビーチあたりでのんびりするのもいいと思いますが、それだけのためにわざわざ行く気にもなれません。

 結局夜の過ごし方が問題で、アルコールは断酒中で、女の子たちの会話を楽しむ気力も年々減っていますので、いよいよバンコクは卒業かという気にもなります。

 残っているのは良いホテルに宿泊してホテルライフを楽しみ、おいしいものを食べるという欲求ですが、これも病気になってから若干の味覚異常を感じるようになり、これまでと同じような食への欲求が減ってしまいました。

 なんとも情けない話で、これではどこに旅行に行っても楽しめないなあと思っているのですが、それでも旅行そのものの過程(飛行機に乗ってちょっと洒落たホテルに宿泊するというような)を楽しみたいという欲求はあるので、そこに注力する旅行になるかなと思っています。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/677-74cd76fb