一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第695回 エアホが人気、貴重品の管理

 今日はこの後大学病院に行って主治医の先生と会い、飛行機旅行が可能なのか、さらに行けるとしたら英語の診断書を書いてもらえるかどうかを聞いて来ようと思っています。

 ここで、「手術後1年は念のため見合わせたほうが・・・」と言われれば、夏の旅行は断念せざるを得ません。果たしてどんな話になるのか?

 さてLOOK JTBがエアホという、飛行機とホテルを組み合わせた格安のツアーを売り出して大人気のようです。その中のバンコクツアーについて今見ています。

 すると2名で6万、1名で4.3万という値段で確かに安い。しかし条件が厳しい。日程は5/18~21の2泊4日。最終日は機内泊です。飛行機はスク-トで、ホテルは「ウェルホテルバンコク」と書いてあります。

 全然名前を知らないホテルなので詳細情報を見てみると、BTSアソーク駅とプロムポン駅の間ソイ20にあって、部屋の広さが26m2。バンコクとしては少し狭い部屋ですが、日本のシティホテルぐらいの広さです。

 というわけ一人なら十分の広さで、真新しいホテルに宿泊できるという事です。掲載されている地図の情報が正しければ、アソーク駅まで徒歩10分弱でしょうか。たぶん700mぐらいの距離だと思います。

 ともあく安いツアーでバンコクに行きたくてしょうがないという人向きでしょうか。ちなみにホテルは朝食付き。飛行機の手荷物預かりは20kgまで無料。気軽にパッと言って帰ってくるツアーです。

newsclip.beより

 日本を出発するとき、空港のチェックインカウンターで受付のお姉さんがにこやかな笑みを受けべて、「スーツケース内に危険物や貴重品は入れていませんか」と問いかけてきます。

 当然入れていないので、毎回「ハイ大丈夫です」と答えて通過していますが、どうやらこの手荷物の中の貴重品を狙うケースもあるみたいで、具体的な手口は不明ですが手荷物の中から10万B相当の金品を盗んだ空港職員が逮捕されたとのことです。

 スーツケースに鍵をかけるのは当然ですが、基本的には貴重品は身に着けるというのが原則です。

 ちなみに機内持ち込み手荷物に貴重品を入れて、天井の棚に入れることも多いと思いますが、これも過去に自分の手荷物をチェックする振りをして盗みをはたらいた乗客が逮捕されています。

 こうなるとどこにしまっておくべきか悩みますが、足元や膝の上が無難かもしれません。そういう意味も含めて、私はショルダーバッグに入れて足元に置くようにしています。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/651-a13c6281