一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第598回 名称変更「ロハスレジデンス」、鉄道チケットをクレジットカードで

トラベルビジョンより

 私もかつて数回利用したことがある、スクンビットソイ2の一番奥に近い左側にある「ロハス・スイート」のマネージメントが変更になり、これに伴って名称も「ロハスレジデンス」に変わったようです。

 もともとは日本資本のスーパーホテルの名称で、日本式のサービスを売りにしていました。チェックイン等の手続きもすべて日本語で行うことができ、部屋も清潔でした。

 ただ場所がソイ2の一番奥となり、その先は行き止まりです。従って空港からこのホテルに行こうとすると、高速を降りてから裏道を走り、更にホテル前をいったん通過してスクンビット通り近くまで戻り、、マジェスティックグランデ当たりのホテル内敷地を通過しソイ2にでることになります。

 初めて行くと、いったいどこに連れて行かれるんだろうと不安になりますね。走行距離もホテル近くを行ったり来たりすることになるので、時間的にも料金的にも無駄です。

 それが嫌ならソイ4のオムニタワー前で降て道を横断すると、そこがロハスの裏口となります。ソイ4の混雑やタクシーを降りてから50mほど歩くことが気にならければこちらの方が便利ですね。夜市街からタクシーで帰ってくるときは、ソイ4側に停めてもらうことが多かったと思います。

 ちなみにこの裏口からソイ4の有名な夜遊びスポットのナナプラザまで400mぐらいです。その意味ではナナプラザでの夜遊び派には便利なホテルです。

 部屋もきれいでバスタブもついています。また日中はトゥクトゥクでスクンビット通り近くまで送ってもらうことができるので、出かけるときの不便はあまりありません。

 鉄道ファンに朗報です。2月1日からネットで鉄道チケットの購入が可能になるそうです。クレジットカードで買えるそうですが、手数料が20~40B必要。これだとクレジットの両替手数料も必要になり、二重に損することになりそうです。

 ただ手数料は100円程度ですから、利用する人も多いかもしれません。記事によれば、バンコク~チェンマイ線の売れ行きが良いみたいです。

 しかしアユタヤやカムチャナプリのローカル鉄道に何回か乗りましたが、タイの鉄道は実にのんびりした走りです。昔の日本でもこんな感じの旅行だったなとノスタルジックな思いに浸ることができましたが、駅が来るたびに数分間停車するのでは、現代人の気質に合わないような気もします。 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/632-6793300a