一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第597回 タイでのトラブルあれこれ

 季節は少しずつ春に向かっているようで、ここ数日朝の冷え込みがめっきり弱くなり寝起きが快適です。ただこの天気は続かないようで、再び寒さがやってくるようです。

 プミポン前タイ国王の葬儀のために、王宮前広場に建設する建物の設計が完了したそうです。大きなものが大好きなタイの人たちが作る建物は、高さが50mを越え、基部は60m四方となるそうです。

 現代版のピラミッドみたいだなという感想を持ちましたが、高さが50mなら10階を超えるマンションの高さです。基部が60mなら、横に部屋が5~8軒並ぶ大きさですから、早い話が大型マンション1棟分の大きさになりそうです。

 着工は2月後半、完成は9月だそうですから、夏ごろにはその外観が出来ているのではないでしょうか。ちなみにこの建物は須弥山(しゅみせん)をイメージしているそうです。

newsclip.be より

 10~12月の邦人犯罪被害届は47件。スリ、置き引き、ひったくりが多発だそうです。スリは市場等の混雑している場所。飲み屋さんのトイレ等が多いように感じます。

 財布を尻ポケットに入れるのは厳禁。さらにウエストバッグ等に入れていると、ここに貴重品がありますと教えているようなもんだと聞いたことがあります。

 やはりショルダーバッグに入れて、肩からたすき掛けにするのが一番だと思います。置き引きについては、これは旅行者にも責任があります。

 日本なら放置してある荷物があれば、親切に届けてくれる人が多いと思いますが、海外では放置若しくは単においてある荷物は誰のものでもない、という価値観が徹底しているように思えます。

 さらにいえば、例え足元に置いてあっても本人があまり意識していなければ、それは放置してある荷物と勝手に認識されるということです。

 まあ人を見たら泥棒と思えというのは言い過ぎで、そんな警戒心ばかり抱いていると旅行を楽しめません。要は貴重品を無暗に持ち歩かないということでしょうか。

 なおイミグレで日本人が空港職員に対して声を荒げる場面があったということですが、これは私も目撃したことがあります。ただ原因は空港職員側の、ひじょうにお粗末な対応です。

 イミグレが混んでいるのでこちらに並べと偉そうに指示し、その後端末を動かしたら全然反応しないらしく、また元の列に戻れと言われた人がいました。

 当然元の列はすでに人が並んでいますから、また一番後ろに並ぶことになります。1回だけならまだしも、これが数回続くとさすがに腹が立ちます。

 しかも、こんなことは日常茶飯事だと言わんばかりの態度で係員はのんびりと業務を続けようとしますので、ますますイライラが募ります。

 日本なら「お客様は神様」という意識なのか係員は平謝りになると思うのですが、タイでは淡々と業務が続きます。日本とタイは違うということを強く意識していれば、あまり感情的にはならないと思うのですがそれでも我慢の限界がありますね。

 イミグレ職員も、もう少しにこやかに対応できないのかなと思えます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/631-94edae15