一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第574回 プロムポン駅近くのソイ26は居酒屋多数。面白そうです

 タイランドハイパーリンクスというサイトで、日本風の居酒屋「伊藤家」が紹介されていますね。今私は断酒中なので全く縁のない店ですが、元気だったらすぐに向かったのではと思います。

 場所はプロムポン駅の4番出口を出て、更にトンロー、エカマイ方面に歩いていくと右側に日本人にはおなじみのキッチン新潟やさざえといった店があります。

 私はいつもこのあたりで食事をして引き返してしまうのでその先は行ったことがないのですが、もう少し(50mぐらい?)進むと右側に道があり、これがソイ26となります。

 このソイは今地図を見て面白そうだなと感じましたが、ともかく日本の居酒屋さんが多い通りのようです。ここを入って150mぐらい進むとさらに右に小さな路地があり、この路地の両側にお店が多数並んでいるようです。

 伊藤家さんはこの路地の一番奥に位置するそうです。「歩くバンコク」の地図を見ると「柏屋旅館」という建物のすぐ近くみたいですね。なんだかこのあたりを歩くと、新宿や池袋の飲み屋街を歩いている雰囲気に浸れるのではと思えます。

 記事ではメニューとともに値段も出ていますが、意外にリーズナブル。数名で行ってワイワイ楽しむのに良さそうな感じです。機会があったらこの界隈を是非フラフラと彷徨ってみたいなと思います。

 年末年始にバンコクに行かれる方も多いと思います。この時期の天気とお勧めスポットをまとめているページがありました。ガジェット通信というページですが、それによれば年末年始の気温は最高30~33℃、最低20~25℃位のようです。

 日本から行くと初夏や真夏の入りかけという感じで過ごしやすいと思います。寒い日本から行くと、最初の数日はやたら暑く感じられますから、体調の調節に神経を使う必要があります。

 ちなみに暑いだろうと予測して、Tシャツや短パンばかり持っていくと、現地ではちょっと浮いた服装になると思います。この時期はバンコクの人にとって涼しい季節ですから、必然的に長そでシャツや長ズボンを着用する人も多いです。

 特に今年は国王が逝去された年末ですから、地味な服装で過度な肌の露出は控える人が多いと思われます。ちなみに普通の時でもこの時期のバンコクの人たちの服装はシャツやポロシャツが多いです。

 さてバンコクとは直接関係ないですが、大韓航空のビジネスクラス機内で泥酔した韓国人(財閥の息子)が大暴れして、椅子に縛り付けられるという事件が発生。

 テレビでやっていましたが、まあ態度も言葉もひどいもんです。こういう客が搭乗している可能性は大きいんだなと思える大韓航空、私は利用したくないなと感じてしまいます。

  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/608-819beed3