一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第543回 絶品カオマンガイのお店がソイ19にあるみたいです

 タイに行ってタイ料理を食べ始めると、多くの人がカオマンガイを好むようになるようです。実は私はまだ食べたことがありません。調べてみると、蒸した鶏肉に甘いたれをかけて食べる鶏丼というイメージの食べ物です。

 これがうまい、と思っている人が多いらしく、タイ旅行記ブログを読むと必ずと言ってよいほど屋台で食べたカオマンガイという記載があります。

 そう考えると、いつも健康のため?に野菜炒めばかり食べているのでたまには食べてみようかという気になります。そんな中アソーク駅近くにおいしいカオマンガイの屋台があるという記事を発見。

 屋台飯ですから私のポリシー(屋台は非衛生的?)に若干反する部分もあるのですが、アソーク駅なら良く利用するので、知識として知っておいても良かろうと思い、調べてみることにしました。

 場所ですが、知る人ぞ知る「夢路」という居酒屋の真ん前ですね。ソイ19をぶらぶら歩いていくと、右側に「エルガウチョ」というステーキ屋さんがあります。

 ここも一度は入ってみたいと思い、何回か店先まで行っているのですが、メニューの値段を見て、ひとりではもったいないと考え、すぐに退散します。

 しかし値段が高い割にお店は欧米人で大混雑していますので、たぶん味は良いのだと思います。ただ一人で300gとか400gの肉は食いきれないと思ってしまいます。150gぐらいのステーキがあると良いのですが・・・。

 それそれとして、この道をさらに進むと左に曲がる路地があります。この路地を入って30mぐらいに左側に居酒屋「花子」があります。バンコクに初めて行ったときお世話になった居酒屋です。
 
 カウンター席があるので、そこに座って「バンコクの居酒屋はこんな感じかあ」と思ってビールを飲んでいました。後々分かってきたことですが、このお店は地元の日本人サラリーマンがよく利用する店のようで、通常の居酒屋さんより少し格が上でした。

 お店の対応に特に問題があったわけではありませんンが、地元と観光の客の扱いがさりげなく区別されているようで、3回ほど利用して足が遠のいてしまいました。

 代わって利用を始めたのが、その先にあるファミリーマートの2階あたりに位置する「居酒屋夢路」です。ドアを開けると目の前に階段があるという特殊な構造の店ですが、マスターはひじょうに気さくで初めての利用でも客のわけ隔てをしません。

 7人ぐらい座れるカウンターに座って焼き鳥なんぞを食べていると(テーブル席もああります)、「ここは本当にバンコクか?」という錯覚に陥ります。すぐ近くに多数の漫画があり、それを読みながらアルコールを楽しめ、合間にマスターと情報交換ができる貴重なお店です。

 ここは日本の居酒屋好きにはお勧めの店です。定食類もあるので、酒を飲まない人でも利用価値は大きいと思います。

 で話を戻してカオマンガイ屋さんですが、なんとこの夢路やファミリーマートのある歩道に屋台が出ていて、どうやらそれが記事に出ている絶品カオマンガイ屋さんのようです。

 何はともあれ食べてみない事には話にならないわけですが、次回このあたりを彷徨ったとき候補に入れもいいなと思える店です。ちなみにこの屋台周辺はいつも混雑していますので、記事の通り人気があるのだと思います。
 

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/577-5aa0d73e