一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第542回 プロムポン駅近くに新しくホテルが2軒オープン

 バンコクのスクンビット、ソイ20に「ノボテルバンコク スクンビット20」がオープンしたそうです。場所はアソーク駅とプロムポン駅のちょうど中間ソイ20を入って300mぐらいの左側。

 26階建ての244室だそうで、そのうち140室はバスタブ付きツイン。屋上にはこれからオープン予定のルーフトップバー。こりゃいいや、と思わないでもないのですが、私がこだわりたいのは駅からの距離。

 アソーク駅、プロムポン駅からだいたい1kmちょっとあるので、バンコクの気温や交通を考えると歩くのはちょっと辛い。基本的にタクシー利用が多くなるのではないでしょうか。

 駅までのトゥクトゥクサービスがあるのかどうかは不明ですが、それがないと利用者は限られそうです。また部屋の広さも書かれていません。

 ノボテル系列のホテルはかつてプルンチット駅前の「ノボテル・バンコク・プルンチット」(リンク先は私のホームページです)に宿泊したことがあります。BTSの高架を降りた目の前にあるホテルで、これは交通が便利でした。

 サービスも良く、従業員さんの態度は良好。しかし部屋はバンコクのホテルとしては狭く、しかもバスタブがなし。敷地も狭いため、ロビーも手狭でした。

 機能的で洗練されたサービスを好む方に向いていると思いますが、気楽に遊び半分でリゾートホテルとして考えるとちょっと物足りない気がしました。

 新しくできたスクンビット20がどういうホテルなんか現時点では不明ですが、機能的で洗練されたというホテルの方針は変わらないような気がします。

 もう一つ、ソイ22のインペリアル・クイーンズパークの跡地に「バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク」が12月5日にオープンだそうです。

 最寄り駅はプロムポン駅ですが、裏道を抜けると7分ぐらいで到着します。まともにあスクンビット通りに出ると10分ぐらいかかると思われます。

 客室は7タイプあり、全部で1360室だそうで、かなり大きなホテルです。これだけ大きいといつでも空き室があるのではないでしょうか。

 前述のノボテル、そしてマリオットができることで、この界隈にある個性的なレストランやビアバーも少し活気が出ると思われます。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/576-d70e4e7e