一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第539回 ソイ4のレストラン

 私の場合は午前便でバンコクに行くので、ホテル到着時間は夕方6時過ぎが多くなります。従ってホテルに到着して荷物を整理して、部屋の写真を撮影して風呂に入って一息ついたら夕食場所を考えることになります。

 夕食場所はあらかじめ決めてある場合と、その時の気分で決めようと考えている場合があります。基本的にはレストランが多く、屋台やフードコートはほとんど利用しません。

 ただ最近屋台やフードコートとレストランの中間的存在である、いわゆるオープンエアの食堂といった雰囲気の店も利用機会が増えています。

 屋台については愛好家も多いのだと思いますが、食後の食器洗い等の雰囲気を見ていると、どうしても衛生状態が気になってしまいます。値段的には最も安いのですが、こればっかりはダメです。

 何を食べるかですが、バンコクの食事の値段は倍々メニューだなと感じています。すなわち屋台なら50B程度で食べられるものが、オープンエアの食堂になると100Bになります。

 入口にドアがあって中はエアコンが効いているレストランになると200B、高級レストランやホテル内のレストランになると400B。食材や味付け、見た目も値段ほど変化はないと思うのですが、食器やテーブル椅子、従業員さんの態度等は大きな変化があります。

 結局自分のステータスや好みによると思いますが、私の場合は庶民的レストランや食堂を選ぶことが多いです。ナナ方面に宿泊すると、必然的にソイ4沿いの店を利用する機会が増えます。

 洋食系なら一押しは「ハンラハンズ」。従業員さんの態度も好感が持て、量や味も良い店です。道沿いの椅子に座って外を眺めながら食べるもよし、店内に入って雰囲気を楽しみながら食べるのも良いと思います

 過去に食べておいしかったものhhビーフシチューやステーキですが、人気から考えるとどれもはずれはないと思います。ただし値段は周辺の店より少し高めです

 お隣のバスストップですが、最近(2016年)ちょっとお客さんが少ないように感じます。道沿いの背の高い椅子に座って通りを眺めながら飲むビールは最高だったのですが、もしかしたら料理の味が落ちたのかもしれません

 ハンラハンズの向かいあたりにある「チャーリーズキッチン」はタイ料理、中華、和食と何でもできる庶民的値段の店です。ただしこれは抜群にうまい、という料理に遭遇したことはありません。どれもそこそこおいしいという感じです。値段はそれなりに安いので重宝しています

 食後はナナプラザで遊ぼうと考えた場合、私はいつもこの3軒を比較して入店を決めています。逆に言えばソイ4では、この3軒以外に入れそうな店がないというこうことです

 最近ナナプラザの前にフーターズという有名な店ができましたが、ウェイトレスさんに愛想がなく、料理の値段がやたら高いのでびっくりしました。1回だけで充分と言いう感じです。(続きます)
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/573-470497d1