一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第536回 スワンナプーム空港からタクシーを利用する場合

 スワンナプーム空港からタクシー利用をする際、知っておいた方が良い豆知識をまとめています。

 昨日書いた地図ですが、できれば道に一方通行の表示もあるとよいと思います。なぜならタクシーは目的のホテルの真ん前もしくはロータリーの中に入ろうとして、ホテルが左側に来る方向で運転するからです。

 もしホテルが道路の右側にある場合はどうするか?小さな道路なら右折してロータリー入るはずですが、道路が広いと中央に分離帯があって右折で入れません。

 この場合はホテル前をいったん通過して、その先でUターンするとか、もっと手前で右折して裏道をごちゃごちゃ走って元の幹線道路に左折して戻るという離れ業?をやります。

 過去に走り出していきなりホテルとは反対方向に向かうということが何回かありましたが、このうちの半分はホテルの向きが悪いので運転手さんが気を利かしてくれた場合です。

 しかし残りの半分は、運転手さんが間違えていた場合であり、タクシーだからと安心していると、まったく違う場所に連れていかれることがあります。

 この場合のトラブルの元凶はホテル名が伝わっていない、通り名の発音が分かりにくい等であって、運転手さんだけに問題があるわけではなさそうです。

 ただ余計に走ると料金もアップしますし疲れます。そのために通り名とホテル名をしっかり伝え、地図を持参した方が良いということです。

 ちなみにホテルが近づいたら「右」「左」「まっすぐ」「ストップ」という指示が必要なことも多いので、語学が好きな人はタイ語を勉強しておくとよいと思います。

 私はつい英語が口を出てしまうので、タイ語はあきらめました。ただ運転手さんによっては上記の英語も分からない人がいます。そこで最近は運転席に身を乗り出して、指先で右左を示すようにしています。

 ストップはさすがに通じることが多いですが、止まる場所を指さしてストップと叫んだ方が効果的です。

 なおスワンナプーム空港から市街へはほとんどの場合高速道路を使います。この高速料金はナナあたりに行く場合50Bと25Bの2回支払う必要があります。

 当然この料金は客が払うのですが、車内で運転手さんにお金を渡す場合と、降りるときに運賃に加算して払う場合があります。このあたりのやり取りもトラブルの原因になるのではと思っています。

 さらに言えば空港からタクシーを利用すると、空港利用料金50Bも発生しますので、通常の運賃以外に高速料金75B、空港使用料50Bが請求されることになります。これを知らないと降りるときにトラブルになる可能性が大きいです。

 なお当たり前ですが、空港で乗ったら運転席左側にあるメーターの表示が35Bになっていることを確かめます。これが動いていないとメーター料金ではないということで、トラブルの原因になります。

 まれに運転手さんが忘れている場合(わざと?)もありますから、その場合はメーターを指さして「メーターメーター」と叫べばスイッチを入れてくれると思います。

関連記事

 

No title

別ブログの記事を拝見していると、
ご無事に回復のようでなによりです。

スワンナプーム空港から一階のタクシーで、
バンコク中心部に行く時、
高速代が75バーツかかるのは、
小さいけれど、トラブル防止に役立つ知恵ですね。

ことし2月に、シリラート病院にある
博物館を訪ねたら、水頭症で亡くなられた子どもの展示があり、
たぶん看護学生と思われる若い女性が合掌していたことを思い起こしました。

  • 2016年11月13日日
  • URL
  • なまけもの #-
  • 編集

Re: No title

本日退院して先ほど無事自宅に帰ってきました。

これからは自宅でのんびりです。

シリラート病院には私も2回行きましたが、やはり敬虔な気持ちになります。

月半ばでポケットwifiの容量がオーバーとなり、接続できずご返事が

遅くなりました。申し訳ないです


 

  • 2016年11月14日月
  • URL
  • hoku-thai #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/570-a93f5966