一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第528回 タイ旅行初心者のための両替所

 もしかしたらあと少しで退院できるかもと分かってきたら、休止中だったこのブログの更新に関心が戻ってきました。昨日も書いたように年末年始にタイ旅行を計画している人が大勢いるようなので、私の知っている範囲で旅行の注意点をまとめてみようかなと思っています。

 過去の記事と重なる部分もあると思いますがご容赦。さてタイ旅行を目指す人がツアーで行くのか個人手配で行くのかは好みによると思いますが、基本的にはツアーが無難です。ただし冒険的要素は少なくなり、当たり前の観光旅行をしてくるだけです。

 個人手配の場合は自分で考えて行動を判断する要素が大きくなるので、ちょっとしたハプニングに巻き込まれる要素がツアーよりも大きくなります。

 そういったことを楽しみたいとか楽しむ余裕をもって旅行をしたいとか、団体として動かなくてはならず時間的制約や行動の制約が多いことを嫌う人は個人手配を選ぶのだと思います。

 もちろんツアーに比べると価格の幅は個人手配の方が広がると思います。つまり10万円のツアー代金に比べて、全く同じ行程の旅行を個人手配で行うと、その値段は8~10数万円になる可能性があるということです。

 また個人手配の場合は、自分たちが選んだ観光地やホテルに宿泊することができるのに対して、ツアーの場合は行く場所やホテルにある程度制約が出てしまうということになります。

 さて何はともあれ出発が近づいて来ると、心配なのは持ち物と現金。現金は初めてのタイ旅行の場合バーツという単位のお金を使いますが、手元にバーツ紙幣や硬貨はないと思います。

 そこで焦って銀行等に行って両替をするととんもない量の手数料をふんだくられます。これは一度やってみると分かりますが、ともかくお金を大事にする人は絶対にやってはいけません。

 では現地の空港からホテルまでの移動手段で現金が必要な場合はどうするか?こういうところが日本と違うなあと感心するのですが、飛行機を降りて入国審査に向かっている途中にやたら両替所があります。

 これらの両替所の基本的なレートは空港内でほぼと統一柄されていますが、日本で両替するよりはるかに有利な率です。うれしくなってつい大金を両替したくなりますが、基本的には1万円程度で充分です。

 なぜなら街中に点在している両替所のレートは、空港よりさらに良くなるからです。くれぐれも焦って両替しないように。ともかく空港や街中で100mも歩けば両替所がありますのでご安心を。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/562-2947334f